介護職での転職を考えたとき、転職サイトや求人サイト、転職エージェントなど仕事を探す手段が多くて悩まれる方もいます。

ですが、介護職で仕事をすると決めたのであれば、まずは介護職に力を入れているところで仕事を探すのがおすすめです。

ここでは、介護職におすすめの転職サイト・転職エージェントを10社の特徴ごとに比較しているので、自分に合うところを探しの参考にしてください。

ほかにも、転職サイトや転職エージェントの選び方や、仕事選びのコツなども紹介しているので、転職活動に役立てられますよ。

転職をするなら介護職に強い転職サイト・転職エージェントがおすすめ

介護職で転職をしたいと決めている方は、介護職に力を入れている転職サイトや転職エージェントに相談をすることがおすすめです。

介護ワークでは、エージェントが仕事内容や細かい勤務条件などをうかがい、条件にマッチしそうな求人を紹介しています。ほかにも、必要なスキルや将来を見据えた働き方に関するアドバイス、履歴書の添削、面接のアドバイスなどもあります。入職後もサポートしているので、いつでも相談ができますよ。

おすすめ転職サイト・求人サイト10社

では、介護職で転職を考えている方におすすめの転職サイトや求人サイト、転職エージェントを紹介します。

いずれも無料で転職サポートを受けられるので、自分がどこに相談をすれば希望する働き方に近づけるか特徴を比較し、仕事を探すサイトやエージェントを選んでいきましょう。

資格取得支援制度がある!介護ワーク

介護ワーク

求人数 39,038件(2022/5/9時点)
職種 介護士、看護師、ケアマネージャー、生活相談員、管理栄養士、送迎ドライバー、介護事務、看護助手など
特徴 ・働きながら資格取得が目指せる
・紹介予定派遣制度を導入
・未経験からのスタートもサポート
運営会社 株式会社ウィルオブ・ワーク
公式サイト https://kaigo-work.jp/

派遣会社ウィルオブ・ワークが運営している介護職に特化した転職サイトで、担当エージェントがくわしくヒアリングを行って希望条件に合う求人を提案しています。

経験がある方や資格保有者だけでなく、未経験からでも続けられるよう入職後のサポートも充実です。

また、取得したい資格がある場合は資格取得支援制度もあるので、働きながらの資格取得も目指せますよ。

職場の雰囲気もわかる!きらケア介護求人

きらケア介護求人

求人数 49,070件(2022/5/9時点)
職種 介護職、ケアマネージャー、生活相談員、サービス提供責任者、管理職など
特徴 ・職場の雰囲気や人間関係なども事前にわかる
・面接対策や入職先施設への交渉もしてもらえる
・未経験・無資格からも始められる
運営会社 レバレジーズメディカルケア株式会社
公式サイト https://job.kiracare.jp/

介護の求人を探していて、職場の雰囲気も気になることがあれば、専門アドバイザーからくわしい情報を聞けます。

離職率やネガティブな情報も伝えてもらえるので、入職後にイメージと違うといったミスマッチを最小限に抑えて働くことができるのです。

また、求人数も多いので業務内容や希望条件だけでなく、施設の雰囲気からも仕事を探せますよ。

医療・介護分野に特化!ベネッセMCM介護士

ベネッセMCM介護士

求人数 6,695件(2022/5/9時点)
職種 介護職・ヘルパー、介護福祉士、ケアマネージャー、サービス提供責任者、生活相談員、看護助手など
特徴 ・じっくり仕事を探したい方におすすめ
・福利厚生や研修制度などが充実
・高収入を目指せる大手法人の求人も保有
運営会社 株式会社ベネッセMCM
公式サイト https://kaigo.benesse-mcm.jp/

医療・介護業界で18年以上の実績活動があり、関東・東海・関西などのエリアの転職・求人を紹介しています。

次の職場をじっくり選びたい方にもおすすめで、1人ひとりに合わせた採用や選考を行っているため無理のない転職ができるのです。

ブランクがある、扶養内で働くことができるかなどの悩みがある方も、コンサルタントに相談をすることで希望条件に近い仕事の紹介や施設への交渉を行ってもらえます。

業界最大級の求人数!ミラクス介護

ミラクス介護

求人数 123,651件(2022/5/9時点)
職種 介護職・ヘルパー、ケアマネージャー、サービス提供責任者、生活相談員、機能訓練、看護助手、栄養士など
特徴 ・求人サイトではこだわり条件から探せる
・全国エリアでの対応が可能
・資格取得を目指しながら働ける
運営会社 株式会社ミラクス
公式サイト https://kaigo.miraxs.co.jp/

介護業界で最大級の求人数があり、経験豊富な人材コンサルタントがサポートを行っています。

正社員以外にも派遣や契約社員など幅広い雇用形態から選べるので、自分に合う働き方の仕事を探すことが可能です。

生活が厳しくて給料を早くにほしい方は、給料日前に支払われる前給制度の導入もしています。

転職・介護職未経験でも安心!介護ワーカー

介護ワーカー

求人数 88,043件(2022/5/9時点)
職種 介護職、ケアマネージャー、相談員、サービス提供責任者、管理職など
特徴 ・求人は毎日更新していて新しい情報が豊富
・職場の働いている方の声や雰囲気も教えてもらえる
・在職中でも利用が可能
運営会社 株式会社トライトキャリア
公式サイト https://kaigoworker.jp/

介護職に特化していて、数万件の求人情報を毎日更新しています。

介護ワーカーで紹介する求人は上限がないので、自分が希望する条件で納得するまでじっくりと検討しながら仕事を探せます。

介護職専門のキャリアアドバイザーが転職のサポートを行っているため、仕事や施設などで疑問に思う部分があればいつでも質問をすることができるのです。

介護・医療・保育の求人が豊富!ジョブメドレー

ジョブメドレー

求人数 76,694件(2022/5/9時点)※介護職/ヘルパーのみ
職種 介護職、ヘルパー、生活相談員、サービス提供責任者、ケアマネージャー、管理職、介護タクシー、介護事務など
特徴 ・医療・介護業界での従事経験者が運営
・直接事業所とのやり取りも可能
・LINEでの問い合わせにも対応
運営会社 株式会社メドレー
公式サイト https://job-medley.com/

医療や介護業界の求人の幅が広く、時短勤務や子育て支援を取り入れている事業所を希望するなどの細かい条件から仕事を探せます。

また、事業所からスカウトが来たり希望に合った求人情報を受け取ったりすることができるので、スピーディーに転職活動ができます。

ジョブメドレーの会員になると、履歴書や職務経歴書の作成機能や、職場環境の閲覧などの会員限定の機能を利用することができて転職活動の役に立ちますよ。

認知度が高い!マイナビ介護職

マイナビ介護職

求人数 58,910件(2022/5/9時点)
職種 介護職、ケアマネージャー、生活相談員、看護助手、サービス提供責任者、サービス管理責任者、施設長など
特徴 ・専任キャリアアドバイザーと1対1の面談
・転職相談会は電話やメールでもOK
・面接対策や応募書類添削など細かくサポート
運営会社 株式会社マイナビ
公式サイト https://kaigoshoku.mynavi.jp/

介護職の転職エージェントとして認知度が高い転職サイトで、全国展開しています。

介護職の専任キャリアアドバイザーによる1対1の面談があるので経歴や希望条件などくわしく話し合えます。

また、非公開の求人も多いため、サイト上で気になる求人が見つからなかったとしても、キャリアアドバイザーに相談をすることで希望条件に合う仕事が見つかることもありますよ。

長く働くためのサポートが充実!介護求人ナビ

介護求人ナビ

求人数 37,738件(2022/5/9時点)
職種 介護職、ケアマネージャー、管理職、サービス提供責任者、看護師、調理師、介護タクシー、理学療法士、生活支援員など
特徴 ・転職サポートサービスが充実
・研修制度もあるので未経験の方でも安心
・法人からのオファーが来ることがある
運営会社 株式会社ハートメディカルケア
公式サイト https://www.kaigo-kyuujin.com/

全国エリアでの対応が可能で、介護業界の求人を豊富に扱っているので譲れない条件から仕事を探すことができます。

自分の都合で仕事を探したい方には、新着の求人情報がメールで届くため気になったときに求人情報を確認することが可能です。

パートナー会員になると、仕事探しのサポートをしてもらえるだけでなく、入職後サポートサービスも利用できるので安心して働けます。

地域に根差した仕事が豊富!かいご畑

かいご畑

求人数 9,751件(2022/5/9時点)
職種 介護職、ケアマネージャー、看護助手、訪問介護士、サービス提供責任者、生活相談員、介護事務など
特徴 ・長年のネットワークで地域密着の対応が可能
・働きながら資格取得を目指せる
・非公開求人も多いので幅広い求人から探せる
運営会社 株式会社ニッソーネット
公式サイト https://kaigobatake.jp/

福祉業界に特化した人材サービスを長年展開してきた株式会社ニーソネットが運営しているサイトで、全国エリアで地域に密着した対応が可能です。

資格がなくても可能な仕事がありますし、資格取得を希望する方におすすめのキャリアアップ応援制度があるので、働きながら資格取得を目指せます。

転職や入職後のサポートは介護資格を持つコーディネーターが行うので、未経験でもいつでも相談する相手がいるという安心感を持って働けますよ。

人間関係に強い転職支援サービス!介護エイド

介護エイド

求人数 非公開
職種 非公開
特徴 ・人間関係が良い職場の提案をしている
・担当者への相談はLINEでも対応
・入職後もサポートが続く
運営会社 株式会社サクシード
公式サイト https://www.kaigo-aid.jp/

株式会社サクシードが運営するサイトの中でも、とくに人間関係で悩む介護士の方におすすめの転職サイトです。

人間関係や仕事での悩みを聞き、悩みが解決できそうな施設を探して仕事の提案をしているため、新しい職場でも安心して働けます。

もちろん、入職後もサポートサービスは続いているので、悩みや疑問点の相談をいつでも相談することができます。

転職サイトを選ぶ5つのポイント

介護職でおすすめの転職サイト・転職エージェントを比較してきましたが、その中から自分に合うサイトを選ぶには何を見たら良いかわからない方もいます。

ここでは、そんな転職サイトや転職エージェントを選ぶためのポイントを5つ紹介します。

もちろん、紹介したサイト以外からも自分で調べたい方が探すときの目安にもなるので、ぜひ参考にしてください。

活動範囲の求人は多いか

求人数が多くても、自分が可能な活動範囲になければ通勤で時間がかかって続けることが大変です。

そうならないためにも、長く続けても無理がない範囲がどこかを事前に調べておき、その情報をもとにサイト上で仕事を探してみましょう。

非公開の求人も多くありますが、どの地域に求人が多いかの目安になるので、一度調べてから相談をすることをおすすめしています。

サポート体制の充実さ

法定福利厚生であれば条件を満たしていれば働くすべての人が対象となりますが、研修や相談サポートのような法定外福利厚生は転職サイトやエージェントによって変わります。

自分が転職活動をするうえでどのようなサポートをしてもらえれば嬉しいかを明確にし、希望するサポート体制が備わっているところに絞りましょう。

サポート体制について不安や疑問がある場合は、直接問い合わせて確認をしておくと安心ですよ。

担当者が自分に合うか

転職サイトや転職エージェントで長く関わるのは担当者なので、自分を担当する方との相性は重要です。

希望条件の意図を理解してもらえるか、自分の現状を見て仕事を紹介してくれるかが合わないと、希望条件とマッチせずに仕事が見つかりにくくなってしまいます。

また、相性が悪いと連絡が来るたびにストレスとなってしまうこともあるので、相性が悪いと感じたら問い合わせ窓口に連絡をして相談をしましょう。

転職サイトや転職エージェントによって対応は異なりますが、担当者に改善するよう注意をしたり担当者を替えたりする対応をしてもらえます。

複数登録をして1~2社に絞る

転職サイトや転職エージェントへの登録には制限がないので、いくつでも登録をすることが可能です。

ですが、登録先が多すぎると誰と連絡をしたか、どこで仕事を探したか管理が大変になって連絡や対応漏れが出てしまいます。

そうならないためにも、登録先は自分が管理できるくらいに絞ることをおすすめします。

実際に登録をしないとどこに絞るか決められないので、気になる3~5社くらいに登録をし、そこから求人情報やサポート体制、担当者との相性を見て1~2社に絞りましょう。

転職サイトと転職エージェントを使い分ける

転職サイト(求人サイト)と転職エージェントとよく聞きますが、違いをはっきりと理解していない方もいます。

この2つの違いを理解することで自分に合う探し方が見つかるようになるため、ここで2つの違いを解説していきます。

転職サイト・求人サイトは、自分でサイト上にある求人を見て、気になる求人があれば直接施設に応募する方法で仕事を探します。

自分のタイミングで仕事を探せるので時間を気にしなくて良いメリットがありますが、すべて1人で行わなくてはならないので手間がかかることがデメリットです。

転職エージェントは、キャリア相談や仕事探しのサポートをしてくれるエージェントがいるので、自分に合いそうな求人を提案してもらえます。

仕事を探す手間が省けて履歴書や面接などのアドバイスをもらえますが、その分やり取りが増えるので自分のペースで探しにくくなる点がデメリットです。

それぞれ探し方が違うので、自分がどうやって仕事を探したいかを考え、実際に登録や相談をして仕事を探し始めるようにしましょう。

自分に合う仕事を探す5つのコツ

転職サイトや転職エージェントを決めたのであれば、仕事を探し始めましょう。

ですが、転職エージェントで仕事を紹介してもらえる場合でも最終的にどこで働くか決めなくてはならないため、求人のどこを見て決めれば良いか知っておく必要があります。

ここでは、自分に合う仕事を探すときにおすすめしているコツを5つ紹介します。

転職の目的を明確にする

介護職に転職をしようと考えたとき、数ある選択肢の中でなぜ介護の仕事をしようと思ったかを明確にしておくことは仕事を探すうえで重要な要素だといえます。

この理由を明確にしないと、自分が望む働き方がわからず業務内容が定まらないので探すことが困難になってしまうのです。

介護職でどんな仕事をしたいか、将来的にどういった働き方がしたいかを明確にしてエージェントやコンサルタントに伝えることにより、希望条件に近い仕事が見つかります。

転職サイトを見て自分で求人を探すときも、希望する条件に沿って業務内容やこだわり条件などから仕事を探せるようになりますよ。

希望条件を3~5つに絞る

希望条件が多すぎると、その分制限がかかって逆に仕事が見つかりにくくなってしまうので、仕事が決まるまでに時間がかかる恐れがあります。

仕事を探すときは、絶対に譲れない条件を3~5つほどに絞るようにしましょう。

たとえば、通勤可能なエリアや業務内容でやりたい仕事のように長期的に働くと考えたときに妥協できないと思えるような内容で決めると良いですよ。

もちろん、ほかにも希望条件がある場合はリストアップしておくことで、絶対ではなくてもあると嬉しい条件として仕事探しで求人を絞り込む目安になります。

エージェントやコンサルタントによっては、施設や企業の担当者と交渉をして希望条件に合わせてもらえることもあるので、細かいことでも相談しておくことをおすすめします。

履歴書や希望条件の相談は正直に

履歴書でスキルに不安があるからと見栄を張ってしまう方や、希望条件で探してもらうのが大変そうであれば申し訳なくて遠慮して伝えない方もいます。

ですが、こうした事実と違うことを担当者に伝えてしまうと、実際に働き始めたときに自分に合わない仕事を任されて働くことがつらいと感じてしまう可能性が出てきます。

仕事を自分への負担を少なく長く続けるためには、自分の希望していることやできることを正直に伝えることです。

聞いたことをもとに担当者は条件に合う仕事を探してくれるので、自分が希望する働き方に近づけます。

もし、希望している条件が難しい場合でも担当者と話し合うことにより、施設や企業側が条件を合わせてくれたり、担当者が別の方法で仕事を提案してくれたりします。

連絡の返信は早めに

連絡が来れば早めに対応することは、社会人のマナーでもありますが、仕事を探しているときはとくにチェックしておくのがおすすめです。

転職サイトや転職エージェントによっては求人の更新頻度が多いところもあるため、連絡が遅くなると別の人に決まってしまう恐れがあります。

せっかく希望条件に合う求人を紹介されたとしても、連絡への返信が遅くなったために応募するチャンスを逃してしまうことになるので、連絡はこまめに確認をしておきましょう。

また、連絡の返信以外にも、サイトで求人情報の閲覧が可能であればこまめに確認をしておくとさらに情報を逃さずに済みますよ。

担当者との相性が悪いなら変更を検討

担当者も人間なので、中には相性が悪い方もいます。

たとえば、こちらの意図を汲み取れず希望条件と違う求人ばかりを紹介してきたり、連絡のやり取りでやりづらいと感じたりすることがあるのです。

このままにしておくと転職活動に悪影響が出てしまう可能性があるので、なるべく早めに担当者と話し合ったり問い合わせ窓口に連絡をしたりしてください。

我慢したままの転職活動は仕事がなかなか決まらないだけでなく、ストレスを溜めてしまう原因にもなってしまいます。

メリット・デメリット

介護職の仕事を探すとき、転職サイトや転職エージェントを活用することにメリットやデメリットがあります。

ここでは、それぞれのメリットとデメリットについて解説をします。

転職サイトと転職エージェント、自分にとってどちらが合うかを検討するためにもぜひご覧ください。

メリット

転職サイト 転職エージェント
・非公開の求人の閲覧が可能
・自分のタイミングで探せる
・細かい条件まで自分の希望に合わせて探せる
・非公開の求人の閲覧が可能
・エージェントが転職を徹底サポート
・希望条件に合わせた仕事や働き方の提案をしてもらえる

転職サイトも転職エージェントも、非公開の求人が閲覧できるので幅広い求人の中から自分が希望する条件に合う仕事を探せることがメリットといえます。

転職サイトの場合は、自分のタイミングで探せますし、自分が何を希望しているかを確かめながら探すこともできます。

主に、仕事探しや転職のタイミングを自分で決めたい方におすすめです。

転職エージェントの場合は、1人では仕事を探すのが難しい方や、わからないことをすぐに聞ける相手が欲しいと考えている方に向いています。

エージェントが仕事探しから履歴書作成、面接対策など入職までの徹底したサポートをしてくれるので、未経験の仕事でも安心して始められます。

また、会社によっては入職後でもサポートが続くところもあるので、仕事をしていて疑問に思ったことや気になることを相談できます。

デメリット

転職サイト 転職エージェント
・応募なども1人で行わなくてはならない
・条件によっては求人が見つかりにくい
・自分のペースで仕事を探せない
・エージェントと合わないこともある

転職サイトは自分のタイミングで仕事を探せるのですが、それはすべて1人で転職活動を行っているからです。

そのため、仕事を探せても悩みが出ても相談する相手がいないし、条件に関して求人を出している施設や企業との交渉も自分で行わなくてはなりません。

また、サイトに掲載している情報をもとに仕事を探しているため、交渉次第で希望条件が通る可能性がある求人かどうかもわからず入職の機会を逃してしまいます。

転職エージェントは、早く入職できるようにとスピーディーに仕事を紹介してくれるので、今はまだゆっくり探したいと思ってもどんどん連絡が入ってきます。

そのため、自分のタイミングで転職活動ができません。

そして、エージェントや担当者は人間なので相性が合わないこともあるので、そのことがネックになって転職活動が進まなくなる可能性もあるのです。

登録から入職までの流れ

転職サイトも転職エージェントもサイトからの登録が多いので、今回はその流れを解説していきます。

一般的な流れなので、くわしくは各サイトにて確認をしてください。

【登録から内定までの流れ】

転職サイト 転職エージェント
登録 転職サイトに登録 転職エージェントに登録
ヒアリング 対応していない エージェントと希望する仕事や勤務条件などをヒアリング
仕事探し 自分で好きな時にサイトで探す エージェントからの仕事の紹介・サイト上で気になる求人を探す
エントリー 履歴書とともに自分でエントリー 履歴書の書き方や面接対策などを行いながら施設に送ってもらう
面接 日時設定や連絡やり取りなどすべて自分で行う 施設の担当者と連絡をしてもらい、エージェントによっては当日も同行あり
内定 施設から連絡があれば入職に向けてのやり取りを行う エージェントから連絡が入って入職までサポートあり

転職サイト

仕事選びから入職までを自分で行うやり方が転職サイトなので、基本的に1人で転職活動を行います。

転職サイトへ登録

転職サイトを活用するためには、登録をする必要があります。

登録をすることで定期的に求人の最新情報が送られてくるため、常に新しい情報を得ることができますよ。

求人探し

登録後は、転職サイト内にある求人情報から仕事を探すことができます。

気になる仕事や希望する条件から自由に探し、サイトが使えれば夜中でも早朝でも好きな時間に活用することができるので、自分の都合に合わせて仕事を探せますよ。

履歴書作成・エントリー

気になる求人情報を見つけたら、すぐにエントリーすることができます。

この時、履歴書や職務経歴書も一緒に送ることがあるので事前に用意する必要があります。

ただ、サイトによっては独自の履歴書や職務経歴書があるため、エントリー用のシートがあるか確認をしておきましょう。

また、転職エージェントでは転職活動や履歴書の書き方などで悩んだときにアドバイスをもらえますが、転職サイトの場合は自分で情報を集めて問題を解決しなくてはなりません。

そんなとき参考になるのが、転職サイトにあるコラム記事です。

転職に関する情報を掲載している記事が多いので、時間に関係なく自分が気になったときに調べることができますよ。

求人情報だけでなく、コラム記事も参考に履歴書作成やエントリーを済ませていきましょう。

面接・内定

エントリー後、書類選考を通過すれば施設から面接の日程について連絡が来ます。

日程や必要な持ち物などを確認や面接当日の対応など、すべて1人で行わなくてはならないので、緊張で忘れ物がないよう連絡内容をしっかり確認をしておいてください。

面接を通過すれば施設から連絡が入るので、入職に関するやり取りを行います。

面接に通過しない場合は、また転職サイト内の求人を確認して仕事を探していきましょう。

転職エージェント

転職エージェントは、エージェントとのヒアリングを行って希望する働き方や勤務条件などを話し合い、その情報を参考に仕事を提案してくれます。

そのため、対面での話し合いや連絡のやり取りをする機会が多いのが特徴です。

WEBやメールで登録

まずは、WEBやメールでサイトに登録をしますが、登録方法はサイトによって変わるので、必ず各サイトで確認をしておきましょう。

ここでは名前や連絡先などの個人情報を入力するので、そこまで時間はかかりません。

担当者とのヒアリングと面談設定

登録後、サイトの担当者やエージェントから連絡が来るので、簡単なヒアリングの後に面談日程を設定します。

面談は直接話し合うことが多いのですが、電話でも対応をしているところもあるので希望する方法を伝えてください。

このとき、相手にしっかり自分の転職理由や経歴、希望する勤務条件などを伝えられるように事前に何を伝えるかまとめておくことをおすすめします。

わからないこともあれば面談で相談もしておくと、転職活動の参考になります。

転職活動・仕事紹介

面談で得た情報をもとに、担当者は仕事を紹介してくれます。

もちろん、転職サイト内の求人を自分で見て気になった求人について担当者に伝えることも可能です。

サイトによっては、スキルアップの研修やセミナーを開催していたり、面接対策や履歴書添削を行ったりするサポート体制も整っているのでより良い転職のため活用しましょう。

仕事が見つかったら、今度は採用のために履歴書を送れば書類選考が行われます。

書類選考を通過したら面接の日程を決めますが、こちらはエージェントが連絡のやり取りをしてくれるので、都合が良い日程を伝えれば大丈夫です。

面接・内定

面接当日までに面接対策を行いますが、当日1人で面接に向かうのが不安な方は、エージェントによっては面接当日まで一緒に来てくれるサポートを行っているところがあります。

このポイントは、転職エージェントを選ぶ目安にもなるので面接や履歴書に関してどのようなサポートを受けたいかも考えておきましょう。

面接の結果はエージェントから伝えられ、入職までの日程や必要なものに関する連絡などはエージェントが行ってくれます。

入職までがエージェントの役割と思われる方もいますが、実は入職後もフォローを行ってくれるエージェントがあるので、対応してくれる場合は悩みがあれば相談をしてみましょう。

介護職でおすすめ4つの資格

介護職でおすすめ4つの資格
ここからは、介護職で働くときにおすすめしている資格について紹介していきます。

もちろん、資格や経験がなくても始められる仕事はありますが、幅広い業務内容を行いたい場合は資格が必要になることもあるため、参考にしてください。

介護職員初任者研修

介護に関する最低限の知識・技術などを身に着けて、介護業務を行えるようにすることを目的とした、介護士としての基本的な資格といえます。

2013年4月以前は、「ホームヘルパー2級」という名称だったので、聞き覚えがある方もいるでしょう。

名称が変わっただけでなく、ホームヘルパー2級と違って修了試験が実施されたり、以前は分かれていた講義と演習が一体で実施されたりと内容が変わっている部分もあります。

だからと言って資格を取得しなおさなくてはならないのではなく、ホームヘルパー2級はそのままでも介護業界で働くことができます。

こちらの資格については「介護職員初任者研修とは?介護職転職にどう役立つ?条件や取得のメリットや求人情報を紹介」で解説しているので、あわせてご覧ください。

介護福祉士実務者研修

この資格は、介護職員初任者研修で学んだ内容よりも実践的な知識と技術を学べるので、より質の高い介護業務を行うことができます。

また、国家資格でもある介護福祉士の試験を受けるためには必要となる資格です。

介護職員初任者研修は介護士として一般的な資格ではありましたが、介護福祉士実務者研修は専門的なスキルを有している証明にもなるので、より幅広い職種で活躍できます。

こちらの資格については「介護福祉士実務者研修とは?介護職転職にどう役立つ?条件や取得のメリット、求人情報も調査しました」で解説しているので、あわせてご覧ください。

介護福祉士

介護資格の中で唯一の国家資格なので、介護に関する技術を持っていると国に認められた職員だと証明できる資格です。

チームリーダーや生活相談員など重要な仕事を任されるようになるので、幅広い介護施設で必要とされるようになります。

将来的にケアマネージャーを目指したい方にも必要な資格といえるので、責任ある役職で介護士として働くのであれば取得しておくことをおすすめします。

こちらの資格については、公益財団法人社会福祉振興・試験センターの「介護福祉士国家試験」をご覧ください。

ケアマネージャー

介護支援専門員のことをケアマネージャーとも言い、介護が必要な方が介護サービスを受けられるようにカプランを作成したり事業者との調整を行ったりする介護保険のプロです。

介護を必要とする方の体に触れて直接サポートはしませんが、介護を必要とする方やその家族の状況に応じたサービスを提案する重要な役割だといえます。

ケアマネージャーについては「介護支援専門員(ケアマネジャー)になるには?働くにはどうしたらいい?転職するメリット・デメリット、向いている人、求人情報を調査」でも解説しているので、あわせてご覧ください。

まとめ

未経験や資格がなくても介護の仕事に携われるので、介護職を目指すのに遅い早いはありません。

介護職の転職を目指すのであれば、転職サイトや転職エージェントを活用することをおすすめします。

自分のタイミングで転職をしたい方は、転職サイトの利用がおすすめです。

しっかりエージェントからのサポートを受けながら仕事探しをしたい方は、転職エージェントに相談するようにしましょう。

それぞれメリット・デメリットがあるので、自分が介護職で転職をする場合はどちらを利用するのが良いかしっかり見極めて探すようにすることで、ストレスなく仕事を探せますよ。

こんな条件の求人が注目されています

  • 高時給/高月給
  • 未経験OK
  • 完全週休2日
  • 時短/扶養内