介護の仕事に興味を持ち始めても、介護の経験や資格がないとできないのではないかと疑問に思ってなかなか始められない方はいます。

実際は、介護職は未経験・無資格からでも始められる仕事があるのです。

また、介護の仕事がどのようなものか、未経験・無資格からできる仕事が何か、転職で気を付けることが何かなど知っておくと自分に合う働き方で介護職を目指せるようになります。

この記事では、介護の仕事についてだけでなく、未経験の方が不安に思うことや介護の仕事を続けるコツ、有資格と無資格の給料差などもあわせて解説していきます。

介護の仕事に転職したい方は、ぜひ参考にしてください。

未経験・無資格からも挑戦しやすい介護業界で働いてみませんか?

どの業界でも未経験や無資格だとなかなか仕事が見つからないと不安に思う方もいますが、介護業界では性別や年齢に制限はないので挑戦しやすい仕事だといえます。

介護ワークでは、未経験・無資格の方でも安心して働けるように一人ひとりに合わせた仕事の提案をしています。転職活動で悩まれている方や自分が介護職に向いているかわからない方におすすめのサービスです。

介護の仕事は未経験・無資格からでもできる?

結論から言えば、未経験や無資格だけでなく、性別や年齢にも関係なく介護の仕事に挑戦できます。

では、なぜ未経験や無資格から始められるか、できる業務は何かなどを解説していくのでこれから始めようと検討されている方は内容を確認して理解を深めていきましょう。

未経験・無資格からでもできる理由

介護業界では慢性的な問題があり、なかでも大きな問題として以下の理由があります。

  • 人手不足
  • 介護職員への処遇改善

これらの問題を解消するため、介護職を始める人の間口を広げて多くの介護職員を確保したいと考えています。

また、そのためにも政府でも「介護職員処遇改善加算」といった介護職員の給料水準を上げるための制度を開始するなどの対応が進められているのです。

今後も介護業界全体で働く環境が改善されていくと見込まれているので、これから未経験や無資格から始める方にもおすすめの職業だといえます。

今の介護職の状況について知りたい場合は、こちらの「介護職の現状」をご覧ください。

できる業務とできない業務

未経験・無資格から介護の仕事ができると話しましたが、介護業務の中には資格がないとできない仕事もあります。

基本的に以下のように分けられているので、事前に確認をしておきましょう。

【できる業務】

    ・介護施設内での身体介助業務
    ・シーツ交換などの環境整備
    ・送迎業務

【できない業務】

    ・訪問介護業務
    ※訪問介護で解除業務を行う場合は資格が必要

実際にどのような仕事を任されるかは職場によって変わるので、気になる方は各施設に問い合わせてください。

求められるスキル

できる仕事が限られている中で、介護の仕事をしたことがない方が介護の現場でどのような活躍ができるのかわからず、自分が本当に働けるか想像できないことがあります。

しかし、介護の現場では経験や知識だけが必要ではなく、施設側としては介護の現場でどのような活躍ができるかを重視しているところが多い傾向です。

たとえば、接客業をしていた方であればお客様と関わる機会が多いため、コミュニケーション能力が高いといえます。

もちろん、仕事でのスキルに不安がある場合は日常生活で培ったスキルでも大丈夫です。

掃除や整理整頓が得意、細かいことに気付ける、家族で介護を必要とする人がいるため介護の経験をしてきたなどがあげられます。

未経験や無資格であれば、自分が得意なことや身につけたスキルが介護職でどのように活かせるかを考え、施設や業務内容を選ぶようにしましょう。

無資格の方は注意!認知症介護基礎研修

これまでは、無条件で無資格の方でも介護職で働くことができましたが、2021年4月から無資格の方に対して認知症介護基礎研修の受講が義務化されることとなりました。

2023年までは経過措置機関としているので、今後は義務化するところが増えていくと予測されます。

この研修は、認知症の方に対して介護をする介護士が認知症への理解を深めることや、ケアをするための基礎知識や技術を学ぶためのものです。

また、研修内容は認知症の方への理解と基本的な対応を学ぶもので、現場でも役立つ対応方法を身に着けることを目指すように組まれています。

内容は同じでも、都道府県によって受講方法が変わってくるため、実際に研修を受けるのであれば住んでいる地域の受講方法を確認してください。

無資格と有資格の給料差

未経験や無資格の方は給料が少ない傾向が多いことから、介護職で長く働くなら少しでも給料が高いところで働きたいと考える方はいます。

しかし、実際にどのくらい給料差が出るのかわからないと、どの職種を目指せば良いかわからないものです。

ここでは、無資格と有資格の給料差を一覧で確認してみましょう。

【資格別給与一覧(月給・常勤者)】

職種 平均給与額(2021年) 平均給与額(2020年)
保有資格なし 27万1260円 26万2420円
介護職員初任者研修 30万510円 29万3360円
実務者研修 30万7330円 29万9890円
介護福祉士 32万8720円 32万2680円
介護支援専門員 36万2290円 35万5850円
社会福祉士 36万3480円 34万7210円

※参照元:厚生労働省「令和3年度介護従事者処遇状況等調査結果(P.182)」

無資格の方が最も低い給与だというデータが出ていて、最も近い介護職員初任者研修を保有している方の給与と比べても3万円近くの差がありました。

これは、施設によって資格手当を取り入れているところもあるので、このような差が出てきます。

無資格・未経験の方が感じる5つの不安

介護職への転職になかなか挑戦できない方の中には、何かしらの不安が残っている場合が多くあります。

ここでは、無資格・未経験の方が不安を感じる部分が何かを紹介し、実際にどうなのかを解説していきます。

未経験・無資格でも仕事についていける?

未経験や無資格でもできる仕事があると解説はしましたが、実際に働いてそれが続くかが不安な場合があります。

仕事を探す際に、未経験や無資格を受け入れている施設を選ぶことにより、この不安は軽減されるのです。

未経験や無資格でもできる仕事があるので、仕事内容や施設形態などを確認して自分に合うところを選びましょう。

施設の特徴については、「施設種類」でも解説しています。

給料は低い?

こちらの「無資格と有資格の給料差」の話以前に、介護職が未経験の方だと介護士の給料は低いイメージがあると思います。

実際にほかの職種と比較をしたとき、どのくらい差があるのか以下の表で比較していきましょう。

【職種別給与額】

職種 きまって支給する現金給与額 所定内給与額
介護職員(医療・福祉施設等) 25万600円 23万5900円
介護支援専門員(ケアマネージャー) 28万7400円 27万7700円
保育士 25万6500円 25万300円
販売員 25万8800円 24万3300円
総合事務員 32万6000円 30万3000円

※参照元:厚生労働省「令和3年 賃金構造基本統計調査(職種)」

これを見ると、介護職員の給与額はほかの職種と比べると低めのように見えます。

しかし、同じ介護職の仕事である介護支援専門員(ケアマネージャー)を見ると、販売員よりも高くなっています。

つまり、介護職でも職種によっては高い給料の仕事を選ぶことが可能です。

そのため、介護職で高い給料の職種を選ぶには、資格が必要となるため、資格取得を目指すことをおすすめします。

介護業界の職種によって給料がどのくらい差があるかは、こちらの「介護士の平均年収・月給はどのくらい?給料を上げる5つの方法も解説」をご覧ください。

年齢によっては転職が難しい?

介護の仕事は年齢に関係なく始められますし、慢性的な人手不足で求人は安定して出ているため転職のチャンスは多くあります。

ほとんどの場合は年齢制限がないので、40代や50代の方でもキャリアアップを視野に入れた働き方を目指すことができるのです。

年齢的に不安があって転職に悩まれている方は、以下記事を参考にしてください。

40代からの介護職転職は難しい?キャリアアップはできる?給与事情や施設の選び方も解説
50代で介護職への転職は可能?転職のタイミングやコツなど紹介

また、20代や30代でも体力的な不安がある場合は、業務内容であまり負担がかからない仕事を選ぶことで体への負担が軽減されるので、不安な方は施設に問い合わせましょう。

資格はある方が有利?

介護職では、人柄や介護の対する姿勢などで採用されることもあるので、資格がないから絶対に不利というわけではありません。

しかし、施設によっては資格の有無を気にしているところもあるので、場合によっては資格がある方が有利となることもあります。

少しでも採用される可能性を高めたい方は、資格を取得してから転職することをおすすめします。

資格がないとできない仕事があることや、資格を保有していると一定のスキルや知識を保有している証明になるので、任せてもらえる業務の幅が増えるからです。

資格を保有するためには勉強をすることで知識やスキルが身につくため、長く働きたい方は資格保有を検討してみましょう。

介護職の資格の種類については、「介護職で役立つ資格25種類を一覧で紹介!取得方法やメリットも解説」をご覧ください。

介護職に向いていないと仕事はきつい?

介護職で働こうと思うきっかけの中には、人の役に立ちたい、コミュニケーションをとるのが好きなど、好意的である場合が多くあります。

そのため、介護職に向いていないと続かないと思われる方もいますが、実はそんなことはありません。

自分の特技を活かすために介護職を選ぶ方もいますし、最初はサポート業務だけで良いと考えていたけどだんだんと興味がわいて本格的に始めたいと考える方もいます。

また、もし最初に苦手だと思うことがあっても仕事を続けると慣れてくる可能性もあるため、向き不向きで決める必要はないのです。

それでも、向いている人の傾向が気になる方は、「介護の仕事に向いている人の特徴8選や活かせる他業界のスキルなど解説」を参考にしてください。

未経験・無資格から仕事を始める5つのコツ

未経験や無資格の方が感じる不安に対してどのように対応すれば良いか見えてくれば、今度は仕事を始めるための転職を目指しましょう。

そして、せっかく転職をするのであればなるべく成功率は上げていきたいものです。

ここからは、未経験や無資格の方が介護職への転職を成功させるためのコツを5つ紹介します。

希望する働き方を明確にする

自分の希望に近い仕事を探すには、どんな働き方を希望しているかを明確にすることが大切です。

希望条件が見つかれば、転職サイトや転職エージェントを利用して仕事を探すときにも探す目安になります。

しかし、初めての業界だとどんな条件を出せば良いかわからない場合があるので、その時は絶対に無理だと感じる条件を出しておくと良いですよ。

検索するときやエージェントに相談をする際に、除外する要素がわかっていることで探す条件を絞ることもできるからです。

未経験・無資格に向いている仕事を選ぶ

資格の有無に関係なく、未経験の場合は介護の細かい業務についてわからない方は多くいるため、施設で未経験・無資格の方を受け入れる態勢が整っているかは重要です。

受け入れ態勢が整っていれば、介護の知識やスキルがなくても仕事がしやすい環境で働ける可能性が高まります。

求人情報には「未経験歓迎」「無資格可」などの表記がされているので、その情報を目安に仕事を探し、くわしい条件については問い合わせて確認をしましょう。

仕事内容は細かくチェック

求人情報を見ると、業務内容について記載されてはいるものの、その内容は転職サイトや転職エージェントによって変わります。

そのため、中には簡潔にしか書いていなくてよくわからない状態で入職してしまうと、働き始めてから思った仕事と違っていたり、大変だったりして辞めてしまうこともあります。

働き始めてから気付くのではなく、仕事を探す時点で仕事内容についてくわしく確認をしておきましょう。

細かい部分まで確認できるようになれば、希望と違っていると気付ければ働きづらい状況を回避できるだけでなく、自分のスキルが活かせる仕事に出会えることもありますよ。

資格取得と仕事の両立が可能か確認

スキルアップを目指している方は、働きながら資格取得を目指せる制度やサポート体制が整っている施設を選ぶことで無理なく両立ができるようになります。

また、転職エージェントによっては転職する前に資格についてのサポート制度があるので、仕事を始める前に資格取得を目指していることを相談するのも良いですよ。

エージェントが資格取得を目指すためのアドバイスを行ったり、施設で体制が整っているところを紹介してくれたりします。

転職が難しい場合は転職エージェントを活用

仕事探しから施設への応募に連絡対応など、すべてを一人で行うのは大変な方もいます。

そんなときは、転職エージェントを活用してエージェントと一緒に転職活動を進めていきましょう。

転職エージェントは仕事を紹介するだけでなく、転職や仕事に関する悩みや不安に対する相談、履歴書添削、面接対策などのサポートが徹底されています。

そのため、すべてを一人でこなさなくてはならないときに比べて、転職活動のスピードが速まって早くに仕事を見つけられますよ。

いろいろな転職エージェントがあるので、こちらの「介護職におすすめの転職エージェント10社比較や転職のコツなど解説」をあわせてご覧ください。

介護職への転職で気を付けたいポイント

これまで、介護の仕事に関連するポイントを紹介してきました。

ここからは、実際に転職を検討されている方がどのような部分に気を付ければ良いかを解説するので、ぜひ参考にしてください。

自分に合う仕事や職場を探す

転職をするときは、今よりも良い条件で働きたいと思って高度な技術が必要だったり勤務地が遠かったりする求人を選んでしまうと、働き始めてからが大変になってしまいます。

長く働くためには、今の自分に見合った仕事や職場を選ぶことが重要です。

未経験であれば未経験を受け入れている職場を、経験があっても無資格の場合は資格取得を目指せるような働き方ができる仕事などがおすすめです。

どれだけ条件が良くてもつらいと感じながら働くと長く続かず、介護の仕事も嫌になってしまう恐れがあるので、仕事選びは慎重にしていきましょう。

介護業界に対して前向きに

未経験や無資格だからと言ってなんでも教えてもらってから仕事をするのではなく、自分から行動することも大切です。

現場では介護職員同士の連携が必要で、教えてもらってばかりだとほかの職員の負担になってしまうため、自らも介護の仕事について学ぶようにしてください。

介護業界だけではありませんが、仕事に対して前向きに取り組む方に対して悪い印象を覚えることはほとんどありませんので、自発的に仕事に向き合っていきましょう。

履歴書や面接では正直に答える

採用されたい一心で、履歴書や面接でよく見せようと大きなことを言ったり、嘘を言ってしまったりすることがあります。

小さな嘘だったとしても、それが原因で働き始めてから仕事がつらいと感じてしまう可能性があるので、嘘は言わずに正直に話すことが大切です。

これが転職エージェントに対しても嘘や見栄を張ってしまうと、正しく条件に合う仕事が紹介されなかったり、信頼を失うこともあるため、転職で不利な状況になってしまいます。

そうならないためにも、履歴書や面接は正直に答えるようにしましょう。

もし、自分が介護職で向いているスキルや特技があるかわからないのであれば、転職エージェントに相談をして第三者からのアドバイスをもらうと良いです。

今まで見つからなかった意外な特技が介護業界で活かせることがありますよ。

小さなことでもわからないことは相談

転職活動をしていると、小さいものから大きいものまで悩みが出てくることがあります。

そうなったとき、わからないままで転職活動を進めるのではなく、転職エージェントやハローワークなどの転職にくわしい機関に相談することをおすすめします。

なんとなく仕事を決めてしまうと、入職後に苦労するのは自分なので希望条件がある場合は、あまり条件から逸れないような仕事を探しましょう。

介護の仕事とは?

これまで未経験・無資格から介護の仕事を始めるための知識やコツなどを解説してきました。

ここからは、介護の仕事について説明をするので、介護の仕事がどのような内容か、施設によってどのような特徴があるかを知っていきましょう。

介護の仕事内容

身の回りのことを自分で行うのが困難な高齢者の方へ、生活のサポートすることが主な仕事内容です。

高齢者の身体に直接触れる身体介助と、掃除や洗濯などの日常生活を送るうえで必要な生活支援を行います。

    食事介助:食事中に誤嚥しないようサポートを行い、食後には口腔ケアを行う
    入浴介助:入浴準備から、衣類の着脱、身体や髪の洗浄のサポートを行う
    排泄介助:トイレへの移動やおむつ交換を行う
    移乗介助:ベッドから車いすの移動のサポートを行う

施設種類

介護施設は入所施設と通所施設の大きく二つに分けられます。

入所施設は、介護施設内に住んでいる高齢者に対して介助サービスを提供する施設です。

なかでも、大型施設に分類される特別養護老人ホームや介護老人保健施設などは、先輩職員が多いので未経験の方が先輩に聞きながら仕事をすることができておすすめです。

また、どの時間も対応できるように夜勤の勤務も存在しているため、仕事探しの際は確認をしておきましょう。

【主な入所施設形態】

施設名称 特徴
特別養護老人ホーム 特養とも呼ばれている公的介護施設
有料老人ホーム 介護付き・住宅型・健康型があり、資格保有者が多い傾向
介護老人保健施設 老健とも呼ばれていて利用者が在宅復帰するためのリハビリ機能を重視した施設
グループホーム 1ユニット5~9名で最大2ユニットの小規模な介護施設

通所施設は、普段自宅に住んでいる高齢者が、朝通所して夕方帰宅するまで介助サービスを提供する施設です。

高齢者の自宅から施設までの送迎も業務に含まれます。

【主な入所施設形態】
通所施設とは利用者が施設に通う介護施設のことで、日中に利用されるデイサービスがこの通所施設に該当します。

ここでは簡単な説明をしましたが、施設から選びたくてくわしく知りたい方は、「介護職で働きやすい施設の特徴や自分で選ぶコツなどを徹底解説!」をご覧ください。

介護職のおすすめ資格3選

介護の仕事によっては、資格が必要な業務もあります。

そのため、資格を取得することによってキャリアアップを目指すことも可能だといえるのです。

また、資格取得をすることによって以下のメリットがあるので、資格取得を目指すことをおすすめします。

  • 介護の資格は比較的難易度が低い
  • 資格取得がお給料アップに直結している
  • スキルアップを目指すなら資格取得は必須

資格を取得する場合、これから紹介する基本的な資格3つを紹介するので、資格取得の参考にしてください。

介護職員初任者研修

数ある介護の資格の中でも最初に取得すべき資格なので、介護業界の入門資格とされています。

受験資格や取得期間なども難易度は比較的に低く、だれでも取得を目指せます。

この資格は介護の基礎知識や技術を身につけられるので、介護職から離れたとしても家族で介護が必要となったときに役立つので取得しておくと安心です。

    取得条件:自宅学習+通学講習(計130時間)
    取得期間:1か月~4か月
    受験資格:特になし

資格の概要や活躍できる職場などくわしい内容については、「介護職員初任者研修とは?介護職転職にどう役立つ?条件や取得のメリットや求人情報を紹介」をご覧ください。

介護福祉士実務者研修

介護職員初任者研修よりも質が高い知識や技術を身につけられるので、介護職員初任者研修の上位資格と言われています。

また、この資格は介護福祉士の資格取得に必要になるため、介護福祉士を目指す方は必ず取得をしておきましょう。

介護職員初任者研修の資格を保有せずにこの資格を取得することも可能ですが、初任者研修を取得してからの方が特定のカリキュラムが免除されますし、介護への理解も深まります。

介護の仕事の一つでもあるサービス提供責任者の業務ができるようになるので、おすすめです。

    取得条件:自宅学習+通学講習(計450時間)
    取得期間:2か月~6か月
    受験資格:特になし

ほかにも「介護福祉士実務者研修とは?介護職転職にどう役立つ?条件や取得のメリット、求人情報も調査しました」では業務内容やメリットなどについて解説しています。

介護福祉士

介護福祉士は、介護職で唯一の国家資格で現場のリーダーとしての活躍を目指せます。

取得条件や受験資格があることや、年に一度しか試験がないことから取得難易度は少し高めです。

しかし、この資格を取得しておくとできる仕事の幅が広がるので、長く働きたい方はぜひ資格取得を目指すことをおすすめします。

    取得条件:介護の実務経験3年以上、介護の従事日数540日以上
    受験資格:実務者研修取得者、介護職員基礎研修&喀痰吸引等研修取得者

介護福祉士の資格についてだけでなく、業務内容やメリットについて知りたい方は「介護福祉士で働くメリット・デメリット、給与、手当、仕事内容を詳しく紹介します 【現役介護福祉士の体験談あり】」をあわせてご覧ください。

介護職の現状

介護職に転職しても良いかの判断やタイミングなどを見極めるためには、介護業界の現状を知ることが必要です。

まず、知っておきたい5つのポイントをまとめます。

  • 人手不足の問題はあるが少しずつ職員数は増加している
  • 介護職員への待遇は徐々に改善してきている
  • 介護職員の離職率は減少傾向にある
  • 介護職で最も多い年代は40代・50代
  • 賃金も増加していて手当や給付金も増えている

現状では、まだ介護職員の人手不足や待遇面で改善しなくてはならないところはありますが、介護職員処遇改善加算や交付金などの改善策を開始しています。

そのため、すぐには良くならないとしても、将来的には改善していくとみられます。

また、介護職は勤続年数や職種によっても賃金に差が出てきますので、介護職で長く働きたい方は資格取得を目指し、安定した仕事を見つけましょう。

さらにくわしい介護業界の現状については、「介護職の仕事に将来性はある?現状や介護士になる方法などを解説」をご覧ください。

よくある質問

ここでは、未経験の方が介護職への転職を考えたときによくある質問を紹介します。

未経験でも仕事についていけますか?

未経験の方も受け入れている求人であれば、研修制度が整っているところが多いので未経験でも働けます。

現場では先輩介護士や上司もいるので、悩みや不安が出てきたときは相談をしてみてください。

ほかにも、「未経験・無資格から仕事を始める5つのコツ」で解説をしているので、参考にしてみてください。

資格は取得した方が良いですか?

希望する働き方によって変わるので、一概に有利とはいえません。

しかし、なかには資格が必要となる仕事もあるため資格を保有している方が選べる仕事の種類が増えます。

もちろん、資格を保有していなくてもできる仕事にやりがいを感じるのであれば、無資格のまま働くことも可能です。

働きながらでも資格取得を目指すことは可能ですので、自分が目指す働き方を見つけていくことが大切だといえます。

資格については「介護職のおすすめ資格3選」で解説をしているので、あわせてご覧ください。

まとめ

今回は、未経験や無資格で介護職に挑戦したい方へ、資格や仕事内容、転職のコツなどを紹介しました。

どの仕事にも共通しますが、未経験で新しい仕事を始めるときは、不安に思うことが多いかもしれませんが、現場で経験を積んだり知識をつけたりすることで徐々に慣れていきます。

また、資格を取得すると今後のキャリアプランを考えやすくなりますよ。

景気に左右されにくく、今後需要が高まっていく介護職に挑戦してみるのはいかがでしょうか。

今回の記事で紹介したポイントを参考に、介護職が自分に合っているかを見極める目安としてください。

未経験・無資格でも安心して転職するなら転職エージェントに相談!

介護職では、未経験や無資格からでも介護の仕事に携わることができます。しかし、資格必須としているところも多いので、一人で仕事を探すとなると時間がかかる可能性があります。

転職エージェントである「介護ワーク」では、未経験・無資格から始められる求人も扱っているので、希望条件にマッチする仕事の提案ができます。また、資格取得に向けたサポート制度もあるので、介護職で未経験から始めたい方は是非一度ご相談ください。

関連記事

介護職の面接でよくある質問やマナーとは?対策のポイントを解説
介護業界はホワイト企業が増えた?業界の実情や優良企業の特徴を解説
介護職のキャリアアップとは?キャリアパスの流れや必要資格など解説
介護士の手取り額と額面給料の平均を紹介!給料アップの方法も解説
介護士が転職するコツとは?おすすめ異業種や活かせるスキルなど紹介

こんな条件の求人が注目されています

  • 高時給/高月給
  • 未経験OK
  • 完全週休2日
  • 時短/扶養内