介護職員として働いている人や介護職に挑戦したい人の中には、介護職でどうやってキャリアアップしていけば良いか、疑問を持つ方もいます。

また、介護職には多くの職種が存在するため、どの職種を目指せばいいのかよく分からないという方もいるかもしれません。

この記事では、介護職でキャリアアップするためのキャリアパスについて、介護職の中で目指せる職種について解説していきます。

ぜひ今後の目標や方向性を見つけるための参考にしてみてください。

介護職はキャリアアップの可能性がある!

介護の仕事は現場で介護を必要とする方への介助だけでなく、介護職員の管理やサポート業務も行うなど、幅広い現場で活躍をします。そのため、キャリアアップのチャンスも多いといえます。

介護職でキャリアアップを目指したい方は、是非ウィルオブ・ワークが運営する「介護ワーク」で働き方の相談をしてみませんか?介護の現場を知るエージェントが目指すべき働き方を提案するので、働き方に悩まれている方に向いていますよ。

介護職のキャリアパスとは

キャリアパスとは、目標となる職位につくために必要な資格や業務内容と、そこに到達するためのキャリアアップするための道筋のことを指します。

介護職におけるキャリアパスは、大きく2段階に分かれているイメージをすると分かりやすくなっています。

    【1段階目(経験年数5年未満の介護職員)】
    介護の技術を身に付け、現場で活躍できるようにしていきます。

  • 1年目……初任者研修
  • 3年目まで……実務者研修
  • 3年目以降……介護福祉士
    【2段階目(経験年数5年以上の介護職員)】
    介護経験を活かし、管理職や上位職、ほかの専門職にキャリアチェンジして活躍していきます。
    ※施設長・管理者、ケアマネージャー、生活相談員、看護師、リハビリ職、認定介護福祉士など

全体の流れとしては、1段階目での最終目標である介護福祉士を取得し、その後の2段階目では自分のやりたい方向性に合った様々な職位にキャリアパスが分岐します。

介護福祉士取得までの流れ

ここでは、1段階目の介護福祉士取得にキャリアアップするための流れを解説していきます。

介護福祉士取得までの大まかな流れとしては、介護職員初任者研修→介護福祉士実務者研修→介護福祉士と、段階的に資格を取得していく形になります。

介護職員初任者研修 介護士として最初に取得するべき資格
介護福祉士実務者研修 サービス提供責任者も目指せるワンランク上の資格
介護福祉士 介護職の中で唯一の国家資格で専門的知識があるという証明にもなる資格

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は、資格を持っていない介護職員や未経験で介護職を始めた人が、最初に取得を目指す資格です。

厚生労働省が認定している資格で、介護に関する基礎的な知識を身に付けることができます。

介護の仕事は無資格でもできるものもありますが、介護職員初任者研修を取得することで身体介護が可能になり、働ける場所や業務の範囲が広がります。

介護職員初任者研修に受講資格はなく、指定の養成機関で130時間の研修を受けたのち、修了試験に合格することで取得できます。

直接養成機関に通学する以外にも、オンラインを併用しながら取得することも可能です。

資格の概要や取得するメリットなどについては、「介護職員初任者研修とは?介護職転職にどう役立つ?条件や取得のメリットや求人情報を紹介」でも解説しているので、あわせてご覧ください。

介護福祉士実務者研修

実務者研修は厚生労働省が認定している資格で、より幅広く介護についての知識と技術を身に付けることができる介護職員初任者研修の上位資格にあたります。

介護職員初任者研修との大きな違いは、取得することで一部の医療的ケアを行うことが可能になり、サービス提供責任者として働くことができるようになる点です。

介護福祉士実務者研修も受講資格はありませんが、スクールによってある程度以上の介護知識を持っている前提でカリキュラムが組まれていることもあります。

無資格未経験でも受講が可能かどうか、事前にスクールに確認したうえで検討していきましょう。

全体で450時間の研修を受けることで取得が可能で、介護職員初任者研修を取得していれば一部の研修が免除されます。

また、介護職員初任者研修では研修後に修了試験がありますが、介護福祉士実務者研修では修了試験を義務付けられておらず、養成機関によって試験の有無は異なってきます。

介護福祉士実務者研修を取得することで次のステップである介護福祉士の受験資格を得られるので、介護福祉士を目指す人にとっては必須となる資格です。

介護福祉士

介護福祉士は介護職で唯一の国家資格であり、介護における専門的知識があるという証明になります。

国家資格であることで、他の資格を持っている人よりも平均給与が高く設定されている傾向があるので給与アップが望めます。

業務の面でも、リーダー職や新人教育といった重要な役割を任されるなど、仕事の幅が広がって転職の際にも有利となる可能性が高くなります。

その分、受験資格を手に入れるためのハードルは他の資格と比べて高く、実務者研修の修了と実務経験が3年以上必要です。

介護福祉士国家試験の合格率は例年70%前後なので、試験対策をしっかり行って臨みましょう。

介護福祉士として働くメリットやデメリットなどについては、「介護福祉士で働くメリット・デメリット、給与、手当、仕事内容を詳しく紹介します 【現役介護福祉士の体験談あり】」をご覧ください。

給与について

令和3年に厚生労働省が発表したデータによると、資格がない職員に対し、資格を持った職員は高い給与水準になっています。

【資格別の平均給与額(月給・常勤)】

保有資格 平均給与額(※1)
資格なし 271,260円
介護職員初任者研修 300,510円
介護福祉士実務者研修 307,330円
介護福祉士 328,720円

※参照:厚生労働省「令和3年度介護従事者処遇状況等調査結果(第98表)」
(※1)平均給与額……基本給(月額)+手当+一時金(4~9月支給金額の1/6)

無資格の職員と介護職員初任者研修の職員とを比較しても月給に3万円近くの差があり、介護福祉士になると5万円もの差があります。

本格的に介護福祉士の取得までを目指さなくとも、介護職員初任者研修の取得だけでも給与面で大きなメリットがあることが分かります。

これから介護職に挑戦したいと考えている方は、まずは介護職員初任者研修の取得を目指すことがおすすめです。

介護福祉士取得後のキャリアパス

2段階目の介護福祉士取得後のキャリアパスについて、この記事では6つの上位職を取りあげて解説していきます。

施設長・管理者 施設や事務所の管理や運営の業務を担当
ケアマネージャー(介護支援専門員) 利用者に合わせたケアプランの作成や、利用者の家族や医療機関などと連携をしてスケジュール調整を行う
生活相談員 利用者やその家族に対する相談窓口や、施設と他機関の橋渡しなどを行う
看護師 医師の補助や専門的な医療行為を行う
リハビリ職(作業療法士・理学療法士・言語聴覚士) 施設や病院の利用者の運動能力やメンタル面の機能回復をサポート
認定介護福祉士 介護福祉士の上位資格

施設長・管理者

施設長・管理者は、介護関連の施設や事務所の管理、運営を任される職種です。

業務の内容としては、利用者や職員の管理、金銭的な管理、施設の運営についての管理を主に行います。

利用者だけではなく、職員の働きやすさや施設全体についても考える必要があるため、施設をより良い環境にしていきたいと考えている方におすすめです。

施設長・管理者になるための要件は施設形態によって異なります。

【特別養護老人ホーム】
「第五条(施設長の資格要件)」
特別養護老人ホームの施設長は、社会福祉法(昭和二十六年法律第四十五号)第十九条第一項各号のいずれかに該当する者若しくは社会福祉事業に二年以上従事した者又はこれらと同等以上の能力を有すると認められる者でなければならない。
※引用元:特別養護老人ホームの設備及び運営に関する基準

【介護老人保健施設】
「第九十五条(介護老人保健施設の管理)」
介護老人保健施設の開設者は、都道府県知事の承認を受けた医師に当該介護老人保健施設を管理させなければならない。
※引用元:介護保険法

【介護療養型医療施設】
「第二節 第十条(管理)」
病院又は診療所の開設者は、その病院又は診療所が医業をなすものである場合は臨床研修修了医師に、これを管理させなければならない。
※引用元:医療法

そのほか、有料老人ホーム、訪問介護事業所、居宅介護支援事業所、デイサービスでは特に資格要件は定められていません。

ですが、十分な実務経験を持ち、リーダーや主任、サービス管理責任者などの役職を経て、キャリアアップしていくのが理想的です。

介護施設の施設長や管理職の働き方については、こちらの「介護施設の施設長・ホーム長・管理者になるには?働くにはどうしたらいい?転職するメリット・デメリット、向いている人、求人情報を調査」でも解説しているので、あわせてご覧ください。

ケアマネージャー(介護支援専門員)

ケアマネージャーは、利用者一人ひとりに合わせたケアプランの作成をする職種です。

利用者やその家族と医療機関、介護サービス事業所との連携、スケジュール調整を行う役目も担っています。

ケアマネージャーになるための要件は、以下の通りです。

  • 介護支援専門員実務研修受講試験に合格すること
  • 試験合格後1年以内に15日間の講習と3日間の実務研修を受講すること

また、介護支援専門員実務研修受講試験を受験するためには、介護福祉士を含んだ指定の資格を持ち、5年以上の実務経験が求められます。

介護支援専門員実務研修受講試験は国家資格ではありませんが、合格率15~20%ほどの難関資格とされています。

ケアマネージャーは、利用者やその家族と関わることが多いのでコミュニケーションをとるのが好きな方や、フットワークが軽い方、情報収集が得意な方におすすめです。

業務内容や転職のメリットなどについては、「介護支援専門員(ケアマネジャー)になるには?働くにはどうしたらいい?転職するメリット・デメリット、向いている人、求人情報を調査」をご覧ください。

生活相談員

生活相談員はソーシャルワーカーとも呼ばれ、利用者やその家族の相談窓口、介護施設や他機関との橋渡しをする役割を担っています。

業務の内容はケアマネージャーと少し似ていますが、求められる業務内容が施設によって変化する、幅広い業務を行うことが可能な点が異なります。

これは、ケアマネージャーの業務内容の範囲は法律で定められているのに対し、生活相談員の業務内容の範囲は法律で定められていないことが理由です。

生活相談員になるための要件は、以下資格のいずれかを保有していることです。

  • 社会福祉士
  • 精神保健福祉士
  • 社会福祉主事任用資格

ですが、生活相談員になれる要件は都道府県によって異なり、これらの資格を持っていなくとも要件を満たす場合もあります。

逆に、これらの資格の所持だけでは要件を満たさないという場合もあるので、自治体が発表している応募要件をしっかり確認しておきましょう。

生活相談員は介護についての相談や契約、様々な機関との連携を行うため、多角的な視点でのアプローチが求められます。

コミュニケーションが好きな方や、問題を解決するための行動力や責任感のある方、誰かの気持ちに寄り添いたい方におすすめです。

看護師

病院、介護施設や福祉施設など幅広い現場で活躍する看護師は、医師の補助や介護士では行えない専門的な医療行為を行うことが可能です。

たとえば、介護士が行う業務は看護師が行うことを認められていますが、注射や点滴、採血といった行為を介護士は行うことができません。

介護福祉士から看護師の資格を取得するためには、現状の制度では国の指定する学校などで3年以上のカリキュラムを修了し、国家試験に合格することが条件です。

しかし、現在「共通基礎課程」という制度の導入が検討されており、導入されれば看護師へのキャリアアップは2年ほどになる可能性があると言われています。

共通基礎課程の導入時期については未定ですが、看護師や医療職に興味のある方はこまめにチェックしておくと良いでしょう。

リハビリ職(作業療法士・理学療法士・言語聴覚士)

リハビリ職は、介護施設や病院で利用者の運動機能やメンタル面での機能回復をサポートする業務です。

リハビリ職は介護の現場では重宝され、実際に介護経験があるリハビリ職のスタッフは、多面的な介護を行うことができます。

介護やリハビリについてのスキルを高めていきたい方には、おすすめのキャリアチェンジです。

介護福祉士からリハビリ職の資格を取得するためには、現状の制度では国の指定する学校などで3年以上のカリキュラムを修了し、国家資格に合格することが条件です。

しかし、リハビリ職も看護師同様に共通基礎課程の対象とされており、導入されればリハビリ職へのキャリアアップに必要な時間の短縮が期待できます。

認定介護福祉士

介護福祉士の上位資格として位置づけられる民間の資格で、2015年12月から認証を開始した新しい資格です。

現場での介護に特化しており、管理職やマネジメントよりも現場で働き続けたいという志向の方におすすめの職種です。

認定介護福祉士の取得のためにはまず、認定介護福祉士養成研修を600時間受講する必要があります。

そのうえで、認定介護福祉士養成研修I類、Ⅱ類の順に要件を満たしていくことで認定介護福祉士の取得ができます。

    【認定介護福祉士 養成研修I類】

  • 介護福祉士資格の取得、かつ介護福祉士として5年以上の実務経験
  • 現任研修受講による内省や学習習慣の獲得(研修受講歴100時間以上+レポート提出もしくは試験、研修受講歴が200時間以上の場合、レポート提出もしくは試験は免除)
  • 介護職の小チーム(ユニット等、5~10名の介護職によるサービス提供チーム)のリーダー (ユニットリーダー、サービス提供責任者等)としての実務経験を有することが望ましい(必須の条件ではない)
  • 居宅、居住(施設)系サービス双方での生活支援の経験をもつことが望ましい(必須の条件ではない)
  • 【認定介護福祉士 養成研修II類】

  • 介護職の小チーム(ユニット等、5~10名の介護職によるサービス提供チーム)のリーダー (ユニットリーダー、サービス提供責任者等)としての実務経験を有すること(必須の条件)
  • 居宅、居住(施設)系サービス双方での生活支援の経験をもつことが望ましい(必須の条件ではない)
  • ※参照:認定介護福祉士認定・認定機構「認定介護福祉士になるために

トータルで7~8年の実務経験、100時間以上の研修への参加、レポート提出もしくは試験が必須の条件です。

さらに、リーダー経験や居宅・施設サービス両方での介護経験も求められます。

資格の内容としては、新たに医療やリハビリ、福祉用具と住環境、認知症、心理・社会的支援等の専門知識の修得、指導力や介護実践力などを身に付けることができます。

新しい資格なので取得している人数は全国でも取得している介護士は60名ほどで、希少価値が高い資格ともいえるのです。

給与について

介護職でキャリアアップすると、どのように給料が変化していくかも重要なポイントです。

ここでは、職種によって給料にどのような違いが出るかを紹介します。

【職種別の平均基本給額(月給・常勤)】

職種 平均基本給額
介護職員 187,180円
看護職員 236,640円
生活相談員・支援相談員 218,110円
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士又は機能訓練指導員 230,340円
介護支援専門員 220,720円

※参照:厚生労働省「令和3年度介護従事者処遇状況等調査結果(第104表)」

認定介護福祉士は人数が少ないためデータが公表されていませんが、キャリアアップ後の専門職は介護職員よりも全体的に給与が高水準になっていることが分かります。

基本給のベースアップだけではなく、職場によっては役職手当、資格手当などが加算される場合もあるので、収入面でのメリットは大きいといえます。

まとめ

介護職でキャリアアップするための道筋は大きく2段階に分けられます。

それは、介護の知識や技術を身に付ける1段階目と、その後経験を活かして上位職や専門職に挑戦する2段階目です。

1段階目では介護職員初任者研修、介護福祉士実務者研修を経て介護福祉士の資格の取得を目指します。

2段階目では介護福祉士を取得したのち、施設長などの管理者、ケアマネージャー、認定介護福祉士をはじめとしたと様々な方面に挑戦することができます。

上位職はそれぞれ求められるスキルやキャリアが違ってくるので、働いている中で自分の目指す方向性を定め、その目標に向かって経験を積んでいくことが大切です。

介護職でキャリアアップしたいと考えている方は、この記事を参考にして今後の働き方を検討してくださいね。

介護職でキャリアアップを目指すなら介護ワークに相談を!

介護の仕事は幅広く、第1段階の介護福祉士の資格を取得後からは第2段階となり、多くの職種を選択することができるようになります。ですが、中には必要な条件などがあるので、条件を満たしてから資格取得を目指すことになります。

介護ワークでは、将来希望する働き方に向けたキャリアプランを提案しています。今後の働き方や自分に向いている仕事がわからない方は、一緒に希望する働き方を探してみませんか?

関連記事

介護士の手取り額と額面給料の平均は?給料アップの方法なども紹介
介護士が転職するコツとは?おすすめ異業種や活かせるスキルなど紹介
介護職の退職金制度の仕組みとは?退職金の相場や支給条件なども解説
介護職は無資格からでも可能?できることや有資格との違いなど解説
介護職の仕事に将来性はある?現状や介護士になる方法などを解説

こんな条件の求人が注目されています

  • 高時給/高月給
  • 未経験OK
  • 完全週休2日
  • 時短/扶養内