介護職のキャリアパスにおいて、最上位に位置するのが施設長・ホーム長・管理者という立場です。働く職場によって呼称はさまざまありますが、いずれにせよ事業所や施設のトップであることには変わりありません。
介護職員にとっては雲の上の存在かもしれませんが、その内情が分かれば明日から彼ら(彼女ら)を見る目も変わるかも!?

この記事では、知られざる施設長・ホーム長・管理者の世界に迫ります。

介護施設の施設長・ホーム長・管理者とは?

介護施設における施設長・ホーム長・管理者とは、事業所や施設全体の責任者、施設のトップのことを指します。事業所や施設の「顔」として、介護サービスや職員の管理、事業所・施設の運営管理など、あらゆる業務においてマネジメント業務を行います。そのほか、センター長、事業所長などとも呼ばれるなど、事業所や施設の形態により呼称は異なりますが、それぞれの役割はほぼ共通しています。

施設長・ホーム長・管理者は、事業所や施設の経営母体(運営法人や団体)の社員が任命されるのが一般的ですが、事業所や施設の経営者自ら務めることや、ケアマネジャーやサービス提供責任者が兼務することもあります。

施設長・ホーム長・管理者の主な仕事内容

事業所や施設の責任者であるため、その仕事内容は「ゆりかごから墓場まで」実に多岐に渡ります。ルーティンワークとは程遠い現場であることをあらかじめ覚悟しておきましょう。

人材・顧客管理

所属する職員と利用者様のマネジメントを行います。職員のマネジメントでは、人材の確保・育成、人員配置などを担当します。実際にどのように現場が動いているか把握し、適宜監督・指導します。

利用者様に対しては、適切なサービスを提供できているか確認するとともに、要望や相談にも対応します。入居時・退去時には、事業所・施設の代表者として利用者本人・ご家族との面談を行います。

運営管理

事業所や施設の運営方針・事業計画・年間目標などを策定し、モニタリングを行います。同時に、外部に向けた広報活動や営業活動も実施します。

収支管理

利用者様との契約業務、保険請求業務、各種経費などの金銭管理などを行います。なお、職場によっては事務員が対応することもあります。

行政管理

介護保険事業について届出の内容に変更があった場合、10日以内に行政機関の介護保険担当窓口に変更届を提出します。介護保険事業者事故報告書、消防計画の作成・提出なども行います。

一日の流れ(デイサービスの管理者の場合)

8:30 出社~朝礼
9:00 利用者様のお出迎え(コミュニケーション)
10:00 経営者との運営会議
11:00  職員の業務の進捗を確認(コミュニケーション)
11:30  食事準備
13:00  営業活動
15:00  職員の業務の進捗を確認(コミュニケーション)
16:00  送迎準備
16:30  利用者様のお見送り(コミュニケーション)
17:30  終礼
18:00  記録~退社

 

この仕事のやりがい


人材の育成が重要な業務のひとつである施設長・ホーム長・管理者においては、自分が採用した職員の成長を目の当たりにでき、結果利用者様に感謝されるということはダブルで喜びを感じることができるでしょう。

また、経営面で手腕を発揮して利益を生み出して社会から認められることは大きなやりがいとなるはずです。

この仕事の大変なところ

公益財団法人介護老人安定センターが発表した「平成30年度 介護労働実態調査結果(※)」によると、労働者が抱える『職場の人間関係』等の悩みでは、施設系(入所型)において、「部下の指導が難しい」がもっとも高い結果となっています。それがミッションである施設長・ホーム長・管理者においては、切実な課題であることは間違いありません。

また、施設長・ホーム長・管理者は中間管理職でもあるので、現場の職員と本部や経営幹部との板挟みになることも日常茶飯事です。そのため、周囲からの重圧にも負けない強い意思や精神力、人間力が求められます。職場ではトップの立場であるため、相談できる相手がいない(誰にも頼れない)点がストレスにつながることも。

(※)公益財団法人 介護労働安定センター
平成30年度 介護労働実態調査結果PDFより

施設長・ホーム長・管理者が活躍できる職場

すべての介護事業所・施設には必ず責任者が存在するため、活躍できる舞台は事業所・施設の数ほど存在します。その中でもメジャーな職場と、働くスタイルについてご紹介します。

活躍できるのはこんな職場があります

  • 有料老人ホーム
  • 通所介護施設(デイサービス)
  • 介護老人保健施設
  • 特別養護老人ホーム
  • グループホーム
  • サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)

パートや派遣でも施設長・ホーム長・管理者になれる?

介護保険法で定められている人員設備基準では、「管理者は、原則として当該施設に常勤する者でなくてはならない」とされています。

一般的に常勤とは、フルタイム(1日8時間)で週5日勤務している人のことを指します。一方で非常勤とは、勤務時間や出勤日数を自分の希望に合わせて働いている人のことを言います。つまり、非常勤であるパートや派遣の立場では、施設長・ホーム長・管理者になれない、ということになります。

ただし、パートや派遣の立場であっても直接雇用されて常勤で働くことができるようになれば、事業所や施設にもよりますが施設長・ホーム長・管理者になることは可能です。

未経験から施設長・ホーム長・管理者になれる?

職場は限られるものの、無資格&業界・職種未経験から施設長・ホーム長・管理者になることは可能です。事実、異業種から転職し、施設長・ホーム長・管理者として働いている方も多く存在します。もちろん、介護業界での経験がある方は優遇されますが、それ以上に前職で培ったマネジメント力やコミュニケーション力など、ポータブルスキルを評価される傾向があるようです。

施設長・ホーム長・管理者として働くメリットとデメリット

 
事業所や施設の「長」であるため、自分の裁量で理想の介護を実現できることが最大のメリットでしょう。また、介護現場の知識のほかに、法制度や経営の知識などさまざまな知識をバランスよく身につけられるのも施設長・ホーム長・管理者ならでは。経験を積めば、独立・起業だって夢ではありません。

また、給与水準が介護職の中ではトップクラスなのも大きなメリットです。

一方でデメリットは、現場の介護職と兼務している場合は、夜勤が発生する可能性があることです。責任者である以上、基本的に施設長・ホーム長・管理者は日勤ですが、労働条件については事前にしっかり確認しておく必要があるでしょう。

覚えておこう!施設長・ホーム長・管理者の要件・資格

介護施設の種類によって、必要な要件や資格は異なります。代表的な例を下記にご紹介します。

有料老人ホーム

介護の資格や経験がなくても施設長や管理者になることが可能です。異業種からの転職者を積極的に採用する法人も多く、その際には無資格でも応募可能なケースがみられます。

グループホーム(認知症対応型共同生活介護)・小規模多機能型居宅介護事業所

次の条件をどちらも満たす必要があります。
①特別養護老人ホーム、介護老人福祉施設、デイサービス、認知症対応型共同生活介護事業所などの従業者または訪問介護員として、認知症高齢者の介護経験が3年以上ある人。

ホームヘルパー(訪問介護員)はどの施設でも必要とされる職種です。
訪問介護員になるための第一歩「介護職員初任者研修」の資格取得がまだという方は、今からでも取得しておくことをおすすめします。資格については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

②厚生労働大臣が定める「認知症対応型サービス事業者管理者研修」を修了した人。

特別養護老人ホーム

施設長については、下記にに限定されますが、管理者の資格要件は特にありません。
①社会福祉主事の要件を満たす人
②社会福祉事業に2年以上従事した人
③社会福祉施設長資格認定講習会を受講した人

介護老人保健施設

原則として都道府県知事の承認を受けた医師のみ管理者になることができます。なお、都道府県知事の承認を受ければ、医師以外の職員が管理者になることも可能です。

介護療養型医療施設

病院または診療所が医業を営んでいる場合は、臨床研修終了医師が管理者となります。

有料老人ホーム・デイサービス・訪問介護事業所・居宅介護支援事業所・サービス付き高齢者向け住宅

資格要件は特にありませんが、介護現場における経験や資格の保有者を優遇する事業所が多いようです。

この仕事に向いているのはどんな人?

事業所・施設の責任者は利用者様とそのご家族・職員をはじめ、取引先や行政など、さまざまな人との関わりがあるため、コミュニケーション能力に長けている方が向いています。

また、入居希望者を取り込むための営業力、施設全体のマネジメント力などが不可欠なことから、物事を俯瞰的に見る目を持つ経営者気質の方であれば異業種からの転職でも活躍できることでしょう。

気になる給与平均は?

施設長・ホーム長・管理者の給与は、一般の介護職員や事務職員よりも高額に設定されています。公益財団法人介護労働安定センターが2019年8月に発表した「平成30年度介護労働実態調査結果について(※)」によると、2019年度の管理者の平均月給は359,357円(労働者は231,553円)、平均賞与は711,426円(労働者は579,770円)。年収で考えたらさらに差がつくことになります。

(※)公益財団法人 介護労働安定センター
平成30年度介護労働実態調査結果についてPDFより

理想の介護も思うがまま! やりがいプライスレスな事業所や施設の責任者という仕事

業務内容は複雑だし経験やスキルも要しますが、現場の介護職員では味わえないやりがいが満載なのが施設長・ホーム長・管理者という立場です。「使われる側」から「使う側」に立つことで、今までは意識していなかった介護業界の課題も見えてきます。また、自分の手で介護の未来をつくり上げることも可能です。

理想の介護を手に入れるために。また、キャリアアップの最終目標として。ぜひ事業所や施設の顔となることを考えてみてはいかがでしょうか?