介護職員と一言で言っても、働く職場や働くスタイルによってその仕事内容は千差万別です。それでも昔から変わらないのは、介護職員のミッションである「要介護者の方の生活支援」という考え方です。

この記事では、今後介護業界への転職を検討している方に向けて、介護職の魅力を紹介します。「介護は誰にでもできる」仕事では決してありません。誰にでもできないから面白い!

今、そして今後の介護のあり方を一緒に考えてみませんか?

介護職員(福祉施設介護員)とは?

老人ホームや介護老人保健施設などで、高齢者や身体的・精神的に障がいを持つ方に対して生活支援サービスを行うのが介護職員です。別の名を、福祉施設介護員と呼びます。
介護職員には利用者様のご自宅を訪問して生活支援サービスを提供するホームヘルパー(訪問介護員)も存在しますが、ホームヘルパーの働き方は多様なため、今回は介護施設でフルタイムで働く介護職員について解説します。

施設介護職員の主な仕事内容

施設で働く介護職員は実際にどのような仕事を行っているのでしょうか? 具体的に説明します。
社会福祉施設で、利用者様のさまざまな世話を行うのが介護職員の仕事です。食事・入浴・排泄の介助などの身体的介護はもちろん、利用者様が楽しんで過ごすことができるようレクリエーションなども計画します。また、時には話相手にもなるなど、精神面のケアも行います。

医師や看護師などの医療職種や、理学療法士や作業療法士などの機能訓練指導員との連携も看護職員が担当することもあります。下記に詳しく見ていきましょう。

食事介助

1人で食事をとるのが難しい方や嚥下障害のある方の食事を介助・サポートします。

排泄介助

お手洗いへの誘導~衣服の脱衣~排せつの確認~身体の清拭~衣服の着衣と一通りのお手伝いをします。施設にもよりますが、女性の介助は女性の介護職員が、男性の介助は男性の介護職員がサポートすることが多いようです。

入浴介助

介護職員は利用者様の髪を洗ってあげたり、背中を流したりも担当します。なお、いつでも入浴可というわけではなく、入浴時間や入る順番も決まっています。時間が来たら利用者様を呼びに行くのも介護職員が担当します。

レクリエーション

利用者様のレベルに合わせて、工作、歌、体操、簡単な遊びなどを利用者様と一緒に行います。介護職員はレクリエーションの企画なども担当します。

一日の流れ(日勤の場合)

9:00 出社~夜勤職員からの申し送り
9:30 排泄介助
10:30 水分補給介助、体操等
12:00 昼食介助
13:00 休憩
14:00 入浴介助、レクリエーション等
16:30 排泄介助
17:30 夜勤職員への申し送り
18:00 退社

この仕事のやりがい


介護とは、高齢者の方の「夢」を実現する仕事です。サポートにより高齢者が出来なかったことができるようになって「ありがとう」と感謝される時は、介護職員冥利に尽きるというもの。また、感謝されるのは利用者様からだけではありません。そのご家族からも感謝される、まさに笑顔の連鎖に出会えるのが介護職員の大きなやりがいなのです。

この仕事の大変なところ

介護施設の中には、24時間365日休みがない、という施設もあります。例えば2020年はコロナウイルスが世間を震撼させました。それでも介護施設には休みがありません。そんな中、介護職員は自分の感染リスクもあるにも関わらず、利用者様のリスク管理もしなければいけませんでした。外出もままならない中、施設には自分のことを待ってくれている利用者様がいる。介護職員の使命感、責任感を痛感した方も多いと言います。

また、シフト制ではあるものの施設によっては夜勤も発生します。仮眠時間が設けられている施設であっても深夜に体調を崩してしまう利用者様もいらっしゃるので気が休まりません。その分確かに給与は良いかもしれませんが、生活リズムが崩れて体調が悪くなり、離職する介護職員も…。

さらに、介護職員の職業病として腰痛にも悩まされます。腰痛に関しては、一度発祥してしまうと癖になるので、腰痛にならないような努力が必要です。重いものを持ったりする時の体勢などはインターネットで検索できるので心配な方は事前に確認しておきましょう。

介護職員が活躍できる職場

介護職員が活躍する場は、想像以上にたくさんあります。どこの施設が楽だとかそういうことはありませんので、それぞれの特徴を把握した上で施設は慎重に選んでください。

選ぶポイントは「給与」「残業の有無」「利用者様の介護度」、そして「自宅からのアクセス」! いくら待遇が良くても通勤に1時間もかかっていては通うのが苦痛になってしまいます。

また、「自転車通勤」にも注意が必要です。雨の日は自転車に乗ることができないし、それでバスなどを利用すると渋滞に巻き込まれて始業時間に間に合わなくなる恐れもあります。理想的なのは、自宅から徒歩圏内ですが、そうでない場合は電車で10分程度の職場がベストでしょう。なお、大規模な介護施設になると「駅から遠い」がお約束なので、この点も注意してくださいね。

現職をこなしながら転職先を探しているから大変という方、なかなか希望通りの転職先が見つからないという方は、転職サービスを上手に利用するのも手です。
自分では探せないような好条件の求人を紹介してもらえるので気に入ったサービスに数社登録をしておくことをおすすめします。こちらの記事では、人気の転職サービスを紹介していますのでぜひご活用ください。

活躍できるのはこんな職場があります

  • 特別養護老人ホーム
  • 有料老人ホーム
  • サービス付き高齢者向け住宅
  • グループホーム
  • 介護老人保健施設
  • ショートステイ
  • デイサービス
  • 訪問介護事業所
  • 障がい者施設
  • 介護医療型施設(病院)など

パートや派遣でも介護職員になれる?

パートや派遣でも介護職員になることは可能です。ただし、正社員とは異なり賞与などは支給されないので、自由度が高い働き方ができて残業も少ないパートや派遣、お金が良い正社員、どちらを選ぶのかについても事前に検討しておきましょう。

未経験から介護職員になれる?

未経験から介護職員になることはもちろん可能です。実際に求人を見ても、「未経験OK」の文字が並んでいることに気付くことでしょう。ただし、前述しましたが完全に未経験だと職業病である腰痛になる可能性がかなり高くなります。接客業などである程度力仕事を経験したことがあるのなら、介護職未経験でも問題がないかもしれません。

介護職員として働くメリットとデメリット

介護職員として働くメリットは、慢性的に人手不足でニーズが高い職種のため就転職に困らないことです。また、資格を保有していなくても働きながら資格を取得できる施設もあります。介護の資格は一生モノなので、持っておいて損はないですよ!

さらに、家族や親しい人を介護することになった時に、介護職員としての知識やスキルが発揮できるということもメリットのひとつです。「介護疲れ」による悲しい事件もよくニュースになりますが、介護職員を経験していたなら「介護疲れ」も回避できることでしょう。

一方デメリットは、平均して給与が安いことが挙げられます。ただし、資格を取得することで待遇は良くなる可能性も。

また、見知らぬ他人の排泄介助なども行うため、抵抗感のある方はデメリットに感じることももちろんあるでしょう。周囲とのコミュニケーションも介護職員の重要な仕事のひとつなので、コミュ障の方にとってはデメリット以前の問題であることは間違いありません。

覚えておこう!介護職員の要件・資格

介護職員になるために特に資格や免許は必要ありません。だからこそ未経験OKだったりするわけですが、仕事に少しずつ慣れたら、「介護職員初任者研修」の資格を取得することはおすすめです。介護における「身体介護」を行うためには、この資格が必須となります。

介護職員初任者研修の資格については、こちらの記事で詳しく紹介しています。
ぜひお役立てください。

比較的取得しやすい資格であるし、資格手当がつくこともあり、給与もアップします。未経験でも取得できますし、学歴や年齢も問いません。通信講座や短期集中講座、夜間開校スクールなど取得方法もさまざまで、現在仕事に就いている方でも問題なく、そして確実に資格を取得できるはず。なお、受験する9割以上は合格できるというデータもあります。

この仕事に向いているのはどんな人?

介護職員に向いているのは、人の役に立ちたい方、高齢者と話すことが好きな方です。なんと言っても、高齢者の方は人生の大先輩! これまで知りえなかった「知恵」についても学べるかもしれません。社会貢献という意味でも、高齢者の方のお世話は有意義です。

介護職が「3K」の時代ははるか昔の話!

かつては介護職と言えば、「3K(きつい、汚い、危険)」の代名詞的存在でした。ただし現在は清潔感と高級感に溢れる介護施設も増え、ホテル並みに美味しい食事も提供しているところも…。もちろん、働く施設によっても異なりますが、施設の選び方さえ間違えなければ天国のような職場、ということも十分ありえます。

これから介護業界への転職を検討している方は、業界に対する知識をしっかり持った上で「正しい選択」をしてくださいね。