介護職の中でも、マネジメント業務を担当する代表的な職種がケアマネジャー、そして今回ご紹介するサービス提供責任者です。同じマネジメント業務とは言え、活躍する場も異なれば、仕事内容も似て非なるものです。これからキャリアアップの一環としてマネジメント業務を担当したい、と考える方にとっては、どちらの職種を選べば良いのか悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回の記事では、介護職においてマネジメント業務の一翼を担うサービス提供責任者、通称「サ責」をクローズアップ。転職時に最低限おさえておきたい基礎知識について指南します。

略してサ責!サービス提供責任者とは?

サービス提供責任者とは、訪問介護サービスを利用する利用者様に提供するサービスの責任者のことを指します。略して「サ責」とも呼ばれています。

訪問介護は、利用者様が居宅において自立した生活を送ることができるよう支援する介護サービスです。サ責は、その自立支援が円滑に進むよう、さまざまな調整を行います。ポイントは、利用者様の自立を支援するのはもちろんとして、「支援」をサポートするということ。そのため、現場ヘルパーの業務支援なども担当します。

介護職において「責任者」的な立場の職種はさまざまありますが、特にサ責の特徴は、

  • 「在宅介護サービスを提供する事業所」に特化した責任者
  • 時には介護の現場に立つこともある
  • ヘルパーのサポートや育成を担当する

ということにあります。

なお、訪問介護事業所には、過去3カ月の平均利用者数が40人に対して1人以上の常勤サ責の配置が義務付けられています。また、40人を超える場合は、40人をプラスするごとに常勤で1人増やさなくてはなりません。

サービス提供責任者の主な仕事内容

サ責は訪問介護のリーダー的存在であるため、その仕事内容は実に多岐に渡ります。主な仕事内容は下記の通りです。

利用者様およびそのご家族とのアセスメント

訪問介護サービスの利用にあたり、利用者様およびそのご家族と面談して意見や要望をヒアリングします。

訪問介護計画書の作成

ケアマネジャーが作成したケアプランを基に、利用者様にどのようなサービスを提供したら良いのかを考えて計画を立てます。また、それを利用者様やそのご家族に説明し同意を得ます。サービス提供後も随時モニタリングを行い、必要があれば計画の変更も行います。

サービス提供手順書の作成

担当ヘルパー向けに、サービスの方法や注意点などをまとめた手順書を個々に作成します。

ヘルパーのマネジメント

計画書に沿って、ヘルパーに指示出しや指導・助言を行うほか、ヘルパーのスケジュール調整なども行います。また、ヘルパーの相談や要望をケアマネや管理者に伝え、業務改善を図ることもサ責の重要な役割のひとつです。

事務作業

利用者様とそのご家族、担当ヘルパー、ケアマネら関係者が一同に介するサービス担当者会議に出席して意見交換を行います。事業所の規模などによってはサ責が管理者を兼務することも多く、その場合は収支の管理や介護報酬請求業務、人材の採用業務なども担当します。

ヘルパー業務

経験が浅いヘルパーに同行して利用者様の居宅を訪問したり、ヘルパー欠勤時などには仕事を代行したりします。

一日の流れ

9:00 朝礼や申し送りなど
10:00 サービス担当者会議に出席
12:00 休憩
13:00 新人ヘルパーの訪問同行
14:30 訪問介護計画、ヘルパーのシフト作成など
16:00 モニタリング訪問
17:00 サービスの手配など事務作業
18:00 退社

この仕事のやりがい


利用者様とそのご家族、ケアマネ、ヘルパーをつなぐ役割があるため、各方面から頼られ、感謝される機会が多いことがやりがいのひとつでしょう。

また、自分がつくる計画書によって利用者様に回復・回線の兆しが見えたり、ケアマネやヘルパーの声を取り入れながら、自分の裁量で事業所の雰囲気や環境を変えられるのも大きなやりがいです。

この仕事の大変なところ

ヘルパーの急な欠勤などトラブルが発生した際は、サ責が対応しなくてはならないことも多々あり、その結果残業が発生することも珍しくはありません。

また、訪問介護計画書はケアプランを具現化するためのものなので、利用者様とそのご家族、担当ヘルパーにも分かりやすく具体的に作成する必要があります。そのようなスキルも求められるので、慣れないうちは作成するだけで一苦労でしょう。

さらに、利用者様のサポートが第一とは言え、利用者様とヘルパー、ケアマネとヘルパーのパイプ役を担うため、それぞれの意見が対立した時には頭を抱えてしまうこともあります。何より、利用者様と信頼関係を築くのに時間と労力がかかります。

何かがあってから慌てるのではなく、事前にヘルパー(訪問介護員)の主な仕事内容も確認しておきましょう。
こちらの記事で詳しく紹介しています。

サービス提供責任者が活躍できる職場

サ責が活躍するのは、主に訪問介護事務所になります。訪問介護事務所は、有料老人ホームなどに併設されていることもあります。

パートや派遣でもサ責になれる?

パートや派遣などの非常勤でもサ責として働くことは可能です。ただし、常勤の勤務時間の二分の一以上(週20時間以上)は勤務するという条件があります。全体で見ると、正社員として勤務するケースが圧倒的に多いです。

未経験からサ責になれる?

未経験からでも、サ責を目指すことはできます。サ責になるための必須資格のひとつである実務者研修には受講資格の制限はないので、それを修了することでサ責への道が拓かれます。ただし、実際の求人では経験者を募集していることがほとんどです。まったくの未経験の場合は、入社してしばらくヘルパーとして実績を積んでからサ責に任命されることが多いようです。

サービス提供責任者として働くメリットとデメリット

訪問介護施設の代表者として参加するサービス担当者会議には、訪問看護師や訪問診療医からリハビリ職員、住宅改修担当者までさまざまな職種のプロが集います。情報共有や意見交換を通じて、介護以外の知識や技術を吸収できるのがメリットのひとつです。

また、ヘルパーの調整やスケジュール管理などもサ責の重要な仕事であることから、自然とマネジメントスキルも身につきます。そのほか、一般的なヘルパーよりも給与が高いことも魅力的です。

一方、デメリットは、「突然」任命されることも多いことです。利用者様の数が増えると、事業所は人員配置の基準上サ責を増やさなくてはならなくなります。昨日まで1ヘルパーだったのに、いきなり責任重大なサ責を担当するとなると業務も増えるし、何より荷が重すぎて離職してしまう方も少なくありません。

また、訪問介護の利用者様は女性が多く、中には男性から介護されるのを拒否する方もいらっしゃいます。サ責は介護業務を担当することもあるため、事業所によっては男性NGということもあります。

覚えておこう!サービス提供責任者の要件・資格

サ責は、介護福祉士の資格保有者、介護福祉士実務者研修修了者、旧ヘルパー1級課程もしくは旧介護職員基礎研修の修了者に限定されています。

まだ実務者研修を取得していないという方は、この機会に介護福祉士実務者研修を取得することをおすすめします。実務者研修については、詳しくは下記の記事で紹介しています。

また、同行援護(視覚障がい者が外出する際の支援を行うこと)を行う介護事業所では上記のほか「同行援護従事者養成研修」の修了、行動援護(知的障がい者などの行動を支援すること)を行う介護事業所では「行動援護従事者養成研修」の修了および知的障がい者または精神障がい者の直接支援経験が1年以上必要です。

なお、サ責の資格要件は各都道府県によって基準が異なる場合があるので、各自治体に確認する必要があります。

この仕事に向いているのはどんな人?

サ責は、利用者様と信頼関係を築くのが肝となる仕事なので、人見知りしない、社交的な方が向いています。また、施設のリーダー的な存在であるため、人の上に立つのが得意な方であれば十分に力を発揮できることでしょう。

介護以外の学びもたくさん! 人間力アップも実現できるサ責の仕事

責任重大で業務内容が多岐に渡ることから、少し懸念されがちなサ責の仕事ですが、その分やりがいは無限大です。施設内のみならず施設外とも交流があるため、刺激や学ぶことも盛りだくさん。業務を通じて介護や福祉、医療の知識が身に付くだけではなく、マネジメント力やコミュニケーション力など人間力にも磨きをかけられます。

介護の2025年問題からも、今後訪問介護サービスの利用者が増加することは明らかです。それに伴い事業所も増加し、サ責のニーズも今後ますます高まることでしょう。処遇改善にも期待ができます。既に資格を持っていて転職を検討しているようなら、ぜひサ責をチェックしてみてはいかがでしょうか。