介護保険サービスの要とも称される介護支援専門員(ケアマネジャー)。「マネジャー」の響き通り、介護保険サービスをマネジメント・コーディネートする重要な役割を担っています。人の生死にも深く関わる介護業界において特に責任重大な立場であることから、当然簡単にはこの職に就くことはできません。それだけに、将来の目標として掲げている介護士も多いのではないでしょうか?

この記事では、ケアマネジャーの仕事内容ややりがい、向き/不向きなどについて詳しく紹介します。千里の道も一歩から、まずはケアマネジャーへの理解を深めましょう。

ケアマネジャー(介護支援専門員)とは?

介護支援専門員(ケアマネジャー)とは、2000年に誕生した介護業界の民間資格であり、その資格保有者のことを指します。一般的には「ケアマネ」とも呼ばれます。

ケアマネは、介護保険法において、

この法律において「介護支援専門員」とは、要介護者又は要支援者(以下「要介護者等」という。)からの相談に応じ、及び要介護者等がその心身の状況等に応じ適切な居宅サービス、地域密着型サービス、施設サービス、介護予防サービス若しくは地域密着型介護予防サービス又は特定介護予防・日常生活支援総合事業(第百十五条の四十五第一項第一号イに規定する第一号訪問事業、同号ロに規定する第一号通所事業又は同号ハに規定する第一号生活支援事業をいう。以下同じ。)を利用できるよう市町村、居宅サービス事業を行う者、地域密着型サービス事業を行う者、介護保険施設、介護予防サービス事業を行う者、地域密着型介護予防サービス事業を行う者、特定介護予防・日常生活支援総合事業を行う者等との連絡調整等を行う者であって、要介護者等が自立した日常生活を営むのに必要な援助に関する専門的知識及び技術を有するものとして第六十九条の七第一項の介護支援専門員証の交付を受けたものをいう。

引用元:○介護保険法

と定義付けられています。

これを分かりやすく言えば、介護が必要な方がその人らしい生活を送るために欠かせない介護サービスについて、プロの知識とスキルを持っていると公的機関から認められた人、ということになります。

同じケアマネという職種でも、介護福祉施設で働く「施設ケアマネ」、居宅介護支援事業所で働く「居宅ケアマネ」と2通りの働き方があります。
施設ケアマネと居宅ケアマネの仕事内容の違いはこちらの記事で詳しく解説しています。

ケアマネジャーの主な仕事内容

ケアマネの仕事内容は多岐に渡り、さらに施設ケアマネと居宅ケアマネでも異なってきますが、大きな軸ややりがい、大変なところなど根本的な部分は共通しています。ここでは、主に共通する部分をメインに解説します。
ケアマネの仕事は、「要介護認定に関連する仕事」と「介護支援サービスに関連する仕事」の2つに大きく分けられます。

要介護認定に関連する仕事

  1. 介護保険サービスを希望する方の介護度や必要なサービスを調査すること
  2. 行政の窓口に対して、要介護度認定の申請、更新を本人あるいは本人の家族に代わって行うこと

などが挙げられます。

介護支援サービスに関連する仕事

  1. 課題分析(アセスメント):介護サービス利用者様やその家族に対してヒアリングを行い情報収集すること
  2. ①の情報を元に、利用者様にとって適切な介護サービス計画(ケアプラン)を検討・作成すること※ケアマネのメイン業務

利用者様の目的に合ったサービスや事業所を提案・紹介すること(橋渡し役)が主な仕事となります。

そのほか、支給限度額の確認と、利用者負担額の計算など、給付管理に関する業務もあります。

どんな転職先・求人があるの?

ケアマネが活躍できる、実際の求人例をみてみましょう。
(※2020/09現在の情報です。情報は変わる可能性があります。)

大手法人グループが運営。教育制度充実のケアマネージャー求人

ケアマネージャーの正社員求人です。
利用者さまへの介護サービスを提供するお仕事です。身体介護や掃除洗濯などの日常生活サポートを行います。
教育制度が充実しているのでキャリアアップもできます。
月給は21.7万円~。介護福祉士手当(有資格者)もあります。

グループホームのケアマネージャー求人

グループホームのケアマネージャーのパート求人です。
ケアプランの作成や、利用者や家族からの相談対応、関係機関との調整などのお仕事です。
時給は1450円~。一日4時間程度の勤務なので、家事との両立も◎

ケアマネージャーの最新の求人は、下記でご確認ください。

一日の流れ

ここでは、事業所数が多い=働く人口も多く、日勤の仕事がメインの居宅ケアマネを例にとって、1日の代表的な流れを紹介します。

9:00 事業所に出社
9:30 書類の準備、申し送り簿の確認など
10:30 利用者様の自宅へ訪問(×2):状態やサービス内容の確認など
13:00 帰所・休憩
14:00 サービス担当者会議:各介護機関の担当者と介護サービスなどを打ち合わせする
15:30 ケアプランなどの書類作成
18:30 退社

ケアマネージャーが利用者さま宅へ訪問し、ヒアリングしているイメージ

仕事のやりがい

自分が作成したケアプランによって利用者様の心身に回復・改善が見られた時は、大きなやりがいを感じることでしょう。ご家族の方から感謝の言葉をかけられる機会が多いのもやりがいにつながります。

また、要介護の利用者様と一口に言っても、その症例は十人十色。さまざまな症例に対応しなくてはならないため、仕事を通じて最先端の介護技術はもちろん、医療の技術も学ぶことができます。それにより、自分の成長をエンドレスに痛感できる、というのもケアマネならではの醍醐味。年齢に関係なく、キャリアを積めば積むほど評価されるというのも他業界ではなかなかないですよね?

仕事の大変なところ

常に複数の業務を同時進行しなくてはならないので、現場以外の「学ぶ」時間を捻出することが難しく、スキルアップやキャリアアップを目指そうとしても現実的に不可能という点がケアマネのジレンマのひとつです。

また、施設ケアマネにおいては、本業のケアマネ業務以外に介護業務なども兼任することが多く、介護の「何でも屋」的な存在として扱われてしまうことも…。もちろん本業であるケアマネの業務に手を抜くことは許されないし、日々葛藤を抱き離職してしまうケアマネも少なくないようです。

ケアマネジャーが活躍できる職場

ケアマネの職場は、「介護福祉施設」と「居宅介護支援事業所」の2通りあるというのは前述の通りです。さらに、「地域包括支援センター」もケアマネが活躍する舞台のひとつです。それぞれを詳しく解説します。

活躍できるのはこんな職場があります

ケアマネが働く代表的な職場は、下記の3箇所になります。

①老人ホーム(施設ケアマネ)

老人ホームやデイサービスなどの介護福祉施設です。

②居室介護支援事業所(居宅ケアマネ)

自宅で暮らす要介護度1以上の高齢者を自宅訪問にて介護サポートする事業所です。

③地域包括支援センター

市区町村もしくは市区町村から委託を受けた社会福祉法人や医療法人などが運営する“よろず介護相談所”のような施設です。

パートや派遣でもケアマネジャーになれる?

ケアマネとして働くためには、そしてケアマネとして働き続けるためには、並々ならぬ努力と年月が必要なことは理解していただけたと思います。当然正社員しか通用しないと思いきや、パートや派遣という立場でも「条件さえ満たせば」ケアマネの仕事に就くことは可能です。

もちろん、待遇などは正社員よりもダウンしますが、正社員であれば避けては通れない残業なども極力スルーできるし、家庭の事情に合わせて勤務日数や勤務時間を選択することも可能です。

肝心の条件はと言うと、ケアマネの資格を保有していること。ブランクがあっても問題ありません。

未経験からケアマネジャーになれる?

まったくの未経験からケアマネになることは可能ですが、2018年度から、福祉系の国家資格を持っているか、指定業務に携わっていないとケアマネになることは不可能となりました。しかもケアマネの受験資格を取得するためには最低5年以上かつ日数900日以上の実務経験が必要です。もちろん実務経験が条件を満たしていても、試験で不合格であればケアマネとしてデビューすることはできません。

なお、「900日以上」に関しては、パートや派遣でもカウントされ、勤務時間も問われません。

ケアマネジャーとして働くメリットとデメリット

責任感は重大だけど、大きなやりがいがあるケアマネ。もちろんメリットもデメリットもあります。

ケアマネのメリット

主な業務は事務作業で身体的な負担が少ないため、介護職の職業病でもある腰痛を発症するリスクが少なく、年齢を重ねても長く働くことが可能です。また、介護職員との兼務でなければ夜勤も発生しないので、生活リズムを損なうこともなく、ワークライフバランスを保つことができます。さらに、資格手当が加算されるため、給与水準がほかの介護職よりも高い水準であることもメリットのひとつです。

そのほか、需要が多い専門職のため、転職する際に選択肢が多いことも大きなメリットでしょう。

ケアマネのデメリット

前述の通り、資格を5年ごとに更新しなくてはならないため、更新の際には研修と費用が必要なことがひとつ目。次に、業務時間外でも呼び出しがかかれば対応する必要があるということです。

特に施設ケアマネの場合は、施設によっては夜勤があったり、介護や介助の手伝いをしたりすることもあるので、デメリットを感じやすいかもしれません。また、「1人ケアマネ」の場合も多く、相談できる相手がいないことも不安だし心配です。

覚えておこう!ケアマネジャーの要件・資格

ケアマネとして働くためには、①「介護支援専門員実務研修受験」を受験し、②合格した後に「介護支援専門員実務研修」を受講し、③さらに受講後に行政に登録申請し、④「介護支援専門員証」(=介護支援専門員の資格)を交付される必要があります。

しかも、①の「介護支援専門員実務研修受験」を受験するためにも、0(○の中に0)一定の職種における実務経験、もしくは資格が必要となります。つまり、ステップだけでも0~5の5段階踏まなければ、ケアマネとして働くことは不可能なのです。

介護支援専門員実務研修をこれから取得する方は、事前に資格内容などを確認しておくことをおすすめします。
こちらの記事で詳しく紹介しています。

さらには、資格の有効期限は5年。過ぎると失効されてしまうため、5年ごとに更新の手続きが必要となります。働くための資格を取得するのも大変なら、維持し続けるのも大変。それがケアマネとして働くことの現実です。

なお、2019年度の試験の合格率は18.5%と例年よりも増加しています。試験の勉強法は一ぞれぞれですが、過去問などを利用して独学で進める方法と、受験対策講座(通信・通学)を受講する方法が一般的です。かかる費用は独学<通信講座<通学講座となっています。

ケアマネに向いているのはどんな人?

一度に複数の業務を抱えるため、効率良く物事を進めるための工夫ができる方がケアマネに向いています。また、さまざまな方とコミュニケーションを取る必要があるので、社交的な性格の方が適しています。

逆に向いていないのは、思い込みが激しく、人の話を聞けない方です。ケアマネの仕事は客観性が命。誤った認識で突き進むと、ケアプランが適切でなかったりして大きな事故につながることもあります。デスクワークが中心なので、デスクワークよりも体を動かす方が好き、という方もケアマネには向きません。

今後も介護職を継続するのなら、ケアマネ取得を視野に入れて

ケアマネと利用者様が会話をしているイメージ

無資格・未経験であれば、ケアマネの資格を取得するためには最低でも8年かかると言われています。しかも試験の難易度も高く、資格取得は夢のまた夢のようなイメージがあると思います。

それでも高齢化社会が進む日本においては、ますますケアマネの需要が増していくことは間違いないし、資格取得は介護職のステップアップとしてもとても有効です。今後も介護職を続けていくつもりであれば、将来の資格取得を意識しながら働いてみてはいかがでしょうか。目標を持つことで、ますます仕事に張り合いも生まれますよ。