50代になって初めて介護の仕事に挑戦しようと考えている方や、今まで介護職で働いていたがスキルアップを目的とした転職を考えている方はいます。

ですが、年齢的に転職ができるか不安を感じてなかなか踏み出せず今の仕事を続けていませんか?

実は、介護職は年齢に関係なく転職を目指せて、働き方によっては長く続けられる仕事です。

そのため、50代の方も介護職への転職ができます。

ここでは、50代から介護職に転職するタイミングや介護業界では50代に何を求めているかなどを解説していきます。

すでに介護の仕事に携わっていて介護業界について理解している方は、こちらの「転職を成功に近づけるコツ」へお進みください。

未経験の方や今まで介護の仕事に携わってきた方で介護職への転職を検討している方、是非参考にしてください。

50代でも介護職への転職は可能!介護ワークで探しませんか?

介護業界は常に人手不足で求人数が多く、転職に年齢制限がないので50代の方も介護職への転職は可能です。今まで介護の仕事をしていた方も、他業界で働いていて介護未経験の方も、転職をするなら介護ワークにご相談ください。

転職エージェントが保有している求人から仕事を紹介してくれるので、無理のない転職が可能です。50代からの転職で悩まれている方は、是非一度ご相談ください。

50代で介護職への転職は可能?

結論から言えば、介護職への転職は年齢や経験など関係なく転職が可能ですし、長く働こうと思えば働けます。

また、常に人手不足でもあるため、未経験の方に向けても求人を出しているので挑戦しやすいのも魅力の1つです。

ほかにも、50代から介護職への転職が可能な要因があるので解説していきます。

介護職では基本的に年齢制限がない

介護職の事業所や現場によっては定年がありますが、雇用形態などを気にしないのであれば定年を気にせず働けます。

そのため、50代から介護職を始めても遅いことはありませんし、年齢を理由に不採用にされることもありません。

50代でも介護職で働く人は多い?

介護の仕事は体力や精神的な負担がかかって大変なため若い人が多いと思われがちですが、実は40代50代の方も活躍しているのです。

令和2年度介護労働実態調査」によると、介護労働者で1番多く働いている年代は40代は全体の27.5%、次いで50代が23.5%と半分近くを占めています。

50歳以上の割合も39.2%なので、長く働いている方もいるので年齢的に遅いということはありません。

転職をする良いタイミング

転職をしたいと考えるようになったら転職活動を始めると良いのですが、すぐに行動するのではなく本当にその時転職して良いかを確認をしておきましょう。

ここからは、転職に良いタイミングとなるポイントを紹介していきます。

自分がいつ転職活動を始めれば良いか、時期を見極めるための参考にしてください。

介護職の求人数が多い時期

介護業界は常に人手が不足しているので、基本的にいつでも求人は出ています。

ですが、時期によっては求人数が通常よりも多くなる場合があるため、より希望条件に近い求人が見つかりやすくなります。

求人が多くなる時期は、2月~4月で、特に2月・3月が増える傾向があります。

これは、制度の改正や次の仕事を探している方が入職しやすいタイミングでもある新年度に新しい介護士を採用し、4月スタートを目指す場合が多い傾向があるからです。

ほかにも、時期に関係なく施設の開設でオープニングスタッフが必要となる場合は求人を出しています。

介護士全員で仕事をスタートできるので、人が多い施設に入職することに不安を感じる方は、希望条件に合えばオープニングスタッフの求人に応募するのもおすすめですよ。

今の職場で働くことにストレスを感じたとき

これは介護職への転職に限らず、今働いている職場でストレスを感じている場合は転職を検討することをおすすめします。

今の仕事や職場の環境が合っていないまま働くと、精神や体の不調につながってしまう恐れがあるため、なるべく早めに対応をするように心がけてください。

もちろん、自分で働き方や周囲への対応を変えてみたりする努力をするのも良いですが、どうにもならないこともあるため、無理はせず転職をして働く環境を変えましょう。

介護で働く50代に求められていること

50代からでも始められる介護職ですが、50代だからこそ20代や30代とは違う部分で期待されていることがあります。

何を求められているのか、何に期待されているのかを紹介していきます。

人柄の良さ

介護職は人と接する機会が多く、介護を必要とする方だけでなく家族の方とも対面することがあるので、人柄は重要なポイントです。

社会に出ていると人と接する機会も多くなるため、それまでの経験を活かした接し方ができると期待しています。

相手の気持ちになって行動ができる、同僚との交流が円滑にできるような配慮など、業務以外の部分で活躍することもできますよ。

体力がある

50代から介護職を始める場合、体力が必要になる場合があります。

力や体力に自信がある、健康であれば即戦力としての活躍が期待できます。

そのため、足腰が痛かったり、持病があったりする場合は不安要素として見られてしまうことがあるのです。

健康や体力面で不安に思われても、体のケアや医師に相談をしているなどを明確にして伝えておくことで、すぐに体を壊して長く続かないという不安要素が軽減されます。

体力がないからとあきらめるのではなく、それに対して改善する方法を見つけて工夫していきましょう。

若い人と働ける

介護を必要とする方はご年配の方が多いのですが、同僚に関しては若い方もいるので一緒に仕事できるかも重要なポイントです。

コミュニケーションの取り方だけでなく、仕事で年下の方に教わることや上司である場合もあるのでそういった付き合い方もできるかを確認されることがあります。

年齢を気にせず幅広い世代の方と一緒に働き、協力し合えるようにしましょう。

柔軟な対応ができる

介護職を経験したことがなくても、これまでに働いてきた経験を活かして状況に合わせて柔軟な対応ができることは大切です。

施設での決まりを遵守するだけでなく、より働きやすい環境や利用者のためになる体制や対策などを考えて働けるようになると現場でも重宝されます。

また、事前にどんな対応をすれば良いかを聞いて、どう対応すれば良いか自分の中でも確認しておくと柔軟な対応ができるようになりますよ。

学ぶ姿勢がある

介護の仕事は、働き方や制度が変化していくものなので、常に学ぶ姿勢が見えると長く働いてもらえると期待されます。

仕事に対する意欲にもつながりますし、介護について学ぶことで自分が働きたいと思える仕事を見つけて働く目標も見つけられる可能性もあります。

転職を成功に近づけるコツ

転職を成功に近づけるコツ_image
ここからは、50代から介護職への転職を決意し、転職を成功に近づけるコツを紹介します。

転職活動で何に気を付ければ良いかのポイントともいえるので、参考にしながら転職活動をしてください。

転職理由を明確にする

転職理由は重要で、入職した後はどんな働き方をするかの目標や、仕事を探すときの条件にもなります。

また、施設側からしても明確な転職理由がある方が仕事への意欲や前向きな姿勢があると見られて印象が良くなります。

転職理由は介護業界で働きたい理由だけでなく、数ある施設の中からそこを選んだ理由もあると採用される確率が高まります。

経験や特技を伝える

今まで介護職で働いてきた方であれば、それまでに担当してきた業務や経験、介護の仕事で身に着けた特技などをアピールすると仕事で活躍できそうだと期待されます。

また、未経験の方でも介護職で活かせる経験やスキルがあるので、そのポイントをアピールしましょう。

たとえば、営業で働いていた方や人と接することが好きな方であれば、人とのコミュニケーション能力に長けているといえます。

掃除や洗濯などの家事が得意であれば、介護をする中で衛生面や心地よく過ごせるように気を配れることが特技として挙げられるのです。

ほかにも、他業界からの転職で活かせるスキルについて「介護の仕事に向いてる人の特徴8選や活かせる他業界のスキルなど解説」で解説しているので、あわせてご覧ください。

誠実な対応をする

求人に応募するときの連絡対応や面接では、誠実な対応を心がけましょう。

連絡が来ても対応が遅かったり、面接の時間に遅れてしまったりすると、それだけで信用が低くなってしまいます。

もし、約束の時間に間に合わない場合は、早めに遅れてしまうことを伝えてください。

また、転職活動で転職エージェントを活用されている場合は、エージェントとの話し合いでは正直に、連絡が来たら早めの対応が大切です。

エージェントは、一人ひとりに合わせた仕事の提案をし、早く入職先が見つかるようにサポートしてくれています。

転職活動がスムーズに進むように希望条件をしっかりと伝え、連絡に早く対応することで求人を逃すリスクを回避することができるようになりますよ。

介護について学ぶ意思があることをアピール

介護で働く50代に求められていること」でも説明しましたが、介護について学ぶ意思がある方は、仕事に対して前向きな印象があります。

どの業界でもいえることではありますが、誰かに教わるだけよりも、自ら動いて学ぼうとする方が長く働いてくれそうだと期待されるのです。

また、介護について学ぶとやりたい仕事が見つかる可能性も出てくるので、仕事へのやる気も増します。

資格取得を目指す

介護の仕事をしていると、やりたい職種が見つかる場合があります。

その仕事に向けてどう働けば良いかを考え、やりたい仕事に携わるには資格が必要であれば資格取得を目指しましょう。

資格があると介護に関する知識があると証明されることにもつながるため、より多くの仕事に携わることができるようになります。

介護の資格には何があるか気になる方は、こちらの「介護の資格20種類の詳細と取得の難易度を徹底比較しました」をご覧ください。

施設によっては、資格取得のためのサポート制度が整っているところもあるので、資格について興味がある方は上司に相談するのがおすすめです。

介護に特化した転職エージェントに相談

介護職で働いていた方や未経験の方に関係なく、自分に合う求人を探すのは難しいものです。

そんなときは、1人で悩まず転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントは転職のサポートを幅広く行っているので、自分に合う仕事が何かを探したり、将来を見据えた働き方の提案、面接のアドバイスなどを受けられます。

とくに、介護に特化した転職エージェントであれば扱っている職種や求人数も総合的に扱うエージェントよりも多い傾向なので、仕事が見つけやすいといえます。

そのため、介護職に転職すると決めている場合は介護に特化したところを選ぶようにしましょう。

介護を目指す50代向けの転職エージェント3社

転職を成功に近づけるコツで、転職エージェントに相談することがありました。

ここでは、数ある中でも介護職に特化していて、転職を目指す50代の方におすすめの転職エージェントを3社紹介します。

資格取得支援制度がある!介護ワーク

介護ワーク

職種 介護士、看護師、ケアマネージャー、生活相談員、管理栄養士、送迎ドライバー、介護事務、看護助手など
特徴 ・土日祝休みや残業なしなど細かい条件で探せる
・給料日前に給料を受け取れる前給制度を導入
・未経験からのスタートもサポート
公式サイト https://kaigo-work.jp/

介護ワークは、派遣会社ウィルオブ・ワークが運営している介護職に特化した転職サイトです。

一人ひとりの希望条件などをくわしくヒアリングし、求人紹介や条件に合う働き方を提案しているので、年齢や経験に関係なく仕事を探すことができます。

また、担当エージェントが仕事探しから就業後までサポートをしてくれるので、初めての職場で働くことに不安を感じてしまう方は相談をしてみてください。

地域に根差した仕事が豊富!かいご畑

かいご畑

職種 介護職、ケアマネージャー、看護助手、訪問介護士、サービス提供責任者、生活相談員、介護事務など
特徴 ・長年のネットワークで地域密着の対応が可能
・働きながら資格取得を目指せる
・非公開求人も多いので幅広い求人から探せる
公式サイト https://kaigobatake.jp/

福祉業界に特化した人材サービスを長年展開してきた株式会社ニーソネットが運営しているサイトで、全国エリアで地域に密着した対応が可能です。

資格がなくても可能な仕事がありますし、資格取得を希望する方におすすめのキャリアアップ応援制度があるので、働きながら資格取得を目指せます。

未経験や家から近い勤務先、シフト調整ができる仕事など、50代からの転職でも希望する条件に合わせた仕事探しが可能です。

転職・介護職未経験でも安心!介護ワーカー

介護ワーカー

職種 介護職、ケアマネージャー、相談員、サービス提供責任者、管理職など
特徴 ・求人は毎日更新していて新しい情報が豊富
・職場の働いている方の声や雰囲気も教えてもらえる
・在職中でも利用が可能
公式サイト https://kaigoworker.jp/

株式会社トライトキャリアが運営している介護職に特化したサイトは、数万件の求人情報を毎日更新しています。

在職中でも転職活動は可能で、忙しい時間などを伝えておくことで連絡が来る時間や時間外での面談対応などをしてもらえます。

介護職専門のキャリアアドバイザーが転職のサポートを行っているので、仕事や施設などで疑問に思う部分があればいつでも質問が可能です。

まとめ

50代から介護の転職を考えたとき、自分は介護に転職ができるのか、転職するタイミングはいつかなど疑問はいくつもあります。

介護職への転職は年齢に関係なく可能で、働き方にこだわらなければ施設によっては定年後も働けますよ。

また、転職をするタイミングは、介護の求人が増える時期や今の仕事で精神面や体力面に負担を感じてきたときが検討するタイミングの目安になります。

転職を成功に近づけたい方は、転職エージェントに相談しながら転職活動を進めていくことを検討するのもおすすめです。

転職エージェントが希望条件や転職のタイミングなどを踏まえて希望に合う求人を探して紹介してくれるので、50代の方も働き方を相談しながら仕事を探せますよ。

50代からの転職は可能なので、今回紹介した50代に求められていることや転職を成功に近づけるコツを参考に、転職活動を進めていきましょう。

50代から介護への転職をするタイミングは転職エージェントに相談を

介護職への転職のタイミングは求人が増える時期や今の仕事がつらいと感じるようになったときだと話しましたが、転職エージェントに相談をすることでより良いタイミングでの転職が可能になります。

介護ワークでも、一人ひとりの希望条件や将来を見据えた働き方を提案していて、その中には転職のタイミングについてもアドバイスをしています。介護職でどう働きたいか、エージェントに伝えて一緒に転職活動をしていきましょう。

こんな条件の求人が注目されています

  • 高時給/高月給
  • 未経験OK
  • 完全週休2日
  • 時短/扶養内