デイサービスで働きたいと考えている方の中には、デイサービスでどのような仕事をするのか知りたい方や、ほかの施設との違いを知りたい方もいます。

また、介護未経験でデイサービスで働くことに興味を持っているけど、資格が必要なのか疑問を持っている方もいるでしょう。

ここでは、デイサービスの仕事内容や1日の流れ、デイサービス勤務が向いている人の特徴などについて解説してきます。

ほかにも、デイサービスで働くメリットやデメリット、給与面についても見ていきますので参考にしてみてください。

デイサービスでの働き方が気になる方は「介護ワーク」に相談を!

デイサービスで働いてみたいけど自分の適性に合っているか分からない方は、まずは転職エージェントに相談してみましょう。

「介護ワーク」では、介護現場での経験があるアドバイザーがあなたの希望する働き方や適性をふまえた求人紹介をしています。デイサービスの求人も多数扱っているため、どのような求人があるのか相談するのも可能ですよ。

デイサービスとは?

デイサービスは「通所介護」とも呼ばれ、利用者が自宅から日帰りで通う介護施設や介護サービスのことを指します。

高齢者の心身機能の維持や孤立感の緩和、家族の介護負担を軽減するために入浴介助や食事介助、レクリエーションなどを行うための施設です。

利用できるのは基本的に要介護1以上の認定を受けた高齢者で、自治体や事業所によって違いはありますが、要支援1~2の方も利用できる場合もあります。

デイサービスでは医療的ケアができない施設が多く、要介護度が低めで自立している利用者が主な対象になっています。

そのため、デイサービスの介護業務は比較的身体への負担は少ない傾向です。

また、デイサービスと同じく通所介護サービスに分類される「デイケア」というものがあります。

この2つの違いについては「デイケアとデイサービスの違いとは?利用するならどちらを選ぶ?」でくわしく解説しています。

デイサービスの仕事内容と1日の流れ

ここでは、デイサービスの仕事内容と実際の1日の流れを見ていきます。

デイサービスの仕事内容

デイサービスで具体的にどのような業務を行っているのかを見ていきます。

送迎

送迎者に同乗し、利用者が安心して車の乗降をできるようにサポートをしますが、介護士が車の運転をすることもあります。

同居家族がいる場合は、デイサービスでの様子を連絡帳や口頭で報告することで利用者家族との連携を図ります。

バイタルチェック

事業所に到着した利用者の体温・血圧・脈拍を計測し、健康状態をチェックします。

毎回記録することで些細な体調の変化にも気付けるため、大切な業務です。

入浴介助

浴室までの誘導・脱衣・洗髪のサポート、入浴後には髪を乾かし、身だしなみを整えます。

体調の変化や怪我がないかを確認するためにも重要な業務です。

食事介助

刻み食やとろみ食など、利用者に合わせた昼食を準備し配膳し、食事中には誤嚥をしないよう見守ります。

食後には歯磨きなどの口腔ケアや必要に応じて服薬をサポートしていきます。

排泄介助

定期的に声掛けをし、トイレへ誘導、排泄介助を行います。

利用者の状態によっては福取やおむつ交換などが必要になる場合もあります。

レクリエーション

準備していたレクリエーションを行います。

内容は体操や折り紙などの工作、書道や手芸、カラオケなど、施設によって様々です。

利用者が安心して楽しい時間を過ごせるように内容を考えたり、リラックスした雰囲気づくりを心がけましょう。

報告・ミーティング

利用者のその日の様子や情報を職員同士で共有する時間です。 業務の中で見えた課題や改善点を話し合うことで次の日に繋げます。

1日の流れ

デイサービスによりスケジュールに違いはありますが、基本的なスケジュールはこのようになります。

8:00 出勤
8:30 送迎
9:00 バイタルチェック
10:00 入浴介護
12:00 昼食
12:30 休憩
14:00 レクリエーション
15:00 おやつ・昼食
16:00 帰宅準備
16:30 送迎
17:30 報告・ミーティング
18:00 業務終了

あくまでも一例なので、くわしいスケジュールについては各施設にお問い合わせください。

施設種類別仕事内容の特徴

デイサービスの中にはいくつか種類があり、それぞれ異なる特徴を持っています。

ここでは、それぞれの施設の特徴や主な仕事内容について解説していきます。

大規模デイサービス

大規模デイサービス(大規模型通所介護)とは、1か月の平均利用者数が750名以上、1日当たり約20~30人以上の利用者を抱えているデイサービスのことです。

1日の利用者数が多いため職員の数も多く、レクリエーションが大規模でコミュケーションが活発でにぎやかな雰囲気の施設が多いのが特徴です。

レクリエーションを大人数でも楽しめる内容選びや、スタッフ同士の連携が重要な形態の施設といえます。

小規模デイサービス

小規模デイサービス(地域密着型通所介護)とは、1日の利用定員が18名以下の利用者を抱えているデイサービスのことを指します。

基本的な業務内容は一般的なデイサービスと大きな違いはありませんが、利用者に寄り添った臨機応変なサービスの提供やアットホームで穏やかな雰囲気の施設が多いのが特徴です。

利用者一人ひとりとじっくりと向き合い、ゆったりした時間を過ごしたいという介護士にはぴったりです。

リハビリ特化型デイサービス

リハビリ特化型デイサービスはマシントレーニングなどの機能訓練やリハビリをメインに行うデイサービスのことです。

利用時間は基本的に3時間程度で一般的なデイサービスの半分ほどになっており、食事や入浴介助、レクリエーションなどは提供していません。

身体介護を行うことが目的の施設ではないので、介護職員の身体的負担は軽めになる傾向があります。

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ専門職が多く在籍しているので、リハビリの知識を身に付けたいと考えている方には特に適した施設です。

認知症対応型デイサービス

認知症対応型デイサービスは認知症ケアに特化したデイサービスで、1日の利用定員が12名以下の小規模な施設です。

少人数ならではの落ち着いた雰囲気の中で、認知症の進行を防ぐための機能訓練やレクリエーションを中心に行っていきます。

基本的な身体介助以外にも、認知症についての知識や対応を学びたい方におすすめの施設です。

お泊りデイサービス

お泊りデイサービスは、宿泊できる環境と人員配置を備えたデイサービスのことを指します。

他のデイサービスとは異なり、交代の夜勤や夜勤専従の職員を雇用していることが特徴です。

一般的な入所型の施設よりも介護度が低めの方が多いので、夜勤もしたいけど身体的負担が不安な方にはぴったりの施設形態です。

デイサービスで働くメリット

ここでは、デイサービスで働くにあたってどのようなメリットがあるのかを解説していきます。

夜勤がない

入所型施設と違い営業時間が日中のみのため、お泊りデイサービス以外のデイサービスでは基本的に夜勤がありません。

毎日の営業時間が決まっていることで残業も少なく、発生するとしても記録やミーティング、送迎などによるもので前後する程度なので、安定した生活リズムで過ごせます。

利用者の介護度が低い

デイサービスの利用者は自立した方がほとんどなので、入所型施設と比較すると体力的な負担は少なめです。

介護経験はあるけどブランクがある、腰痛持ちや怪我、体力面の心配があるけど介護職を続けたいという方はデイサービスでの働き方が適しています。

未経験・無資格でも始めやすい

デイサービスは介護度が低めの利用者がメインのため、介護資格がなくても対応可能な仕事内容がほかの介護施設と比較して多いです。

介護職未経験・無資格OKの求人も多く、介護業界に興味のある方や仕事に慣れていきたい方、高度な技術が必要な職場を避けたい方にはメリットが大きいといえます。

土日休みが多い

デイサービスでは土日祝が休みになっていることが多く、カレンダー通りのスケジュールの生活が送りやすいのもメリットの一つです。

プライベートと仕事を両立させたい方や、規則的な生活を送りたい方には魅力的な職場環境だといえます。

デイサービスで働くデメリット

デイサービス勤務にはメリットがある一方で、デメリットも存在します。

ここでは、デイサービスで働くデメリットを紹介していきます。

デイサービスで働くことが自分に適しているかどうかを判断するための材料にしてください。

給与が低め

【介護職員の平均給与額等(月給の者)、サービス種類別】

令和3年 令和2年
介護老人福祉施設 34万5590円 33万6350円
介護老人保健施設 33万8390円 33万640円
訪問介護事業所 31万4590円 30万7850円
通所介護事業所(デイサービス) 27万8180円 27万1920円

※参照:厚生労働省「令和3年度介護従事者処遇状況等調査結果」P147 第82表

デイサービス勤務では夜勤がほとんどないため、他の施設で働いている介護士と比較すると収入が低くなってしまう傾向です。

給与以上に安定した働き方をしたいと考えている方にはデイサービス勤務は向いていますが、その反面、給与の高さを重視して職場選びをしたい方には不向きといえます。

介護職全体にもいえることですが、年々介護職の給与は増加傾向が見られるため、今後も改善が期待できます。

施設によって身につくスキルが違う

デイサービスを利用するのは介護度が低めの高齢者が多いため、介護度の高い方に対しての介助業務がほかの施設形態に比べて少ない傾向があります。

機能訓練等による高齢者の身体的機能の改善や減退を目的としたスキルや経験は培えますが、介護度が高い方に対しての介護技術を学ぶ機会があまりないので注意が必要です。

高度な介護技術を身に付けたい方は、入居型施設、あるいは研修や資格取得支援の充実した施設での勤務がおすすめですよ。

レクリエーションの準備が必要

デイサービスの仕事の中では、レクリエーションの企画運営も大切な業務の一つになってきます。

イベントの企画を考えることや大人数で盛り上がる雰囲気が苦手であったり、身体介護に集中したい方にはあまり向いていない職場です。

利用者を覚えるのが大変

デイサービスでは日や曜日によって利用者が異なるため、人の顔と名前を覚えるのに時間がかかる方には適していないといえます。

また利用者一人ひとりとかかわる時間が少ないことで、信頼関係を築くためには長期的な視点が必要になってきます。

利用者との関係性を深めながらじっくり丁寧な介護をしたいという方には、入居型施設で勤務するのが良いでしょう。

デイサービス勤務に向いている人

ここでは、デイサービス勤務に向いている介護士の特徴をあげていきます。

デイサービスだけでなく、介護の仕事に向いている特徴を知りたい方は「介護の仕事に向いている人の特徴8選や活かせる他業界のスキルなど解説」も参考にしてください。

コミュニケーションを取るのが好きな人

デイサービスでは、介護度低めで会話や交流に積極的な利用者が多い傾向があります。

そのため、人と話したり関わりを持つことが好きで、楽しく介護をしたい方におすすめの職場です。

また、日々違う利用者と顔を合わせるため、初対面の利用者と問題なく話せる方もデイサービス勤務に向いています。

イベントの企画運営が好きな人

デイサービスでは日常的にレクリエーションを行っており、体操やゲーム、季節の行事などを楽しめる方にはやりがいのある職場環境です。

イベントの企画運営が得意な方、季節感を大切に過ごしたい方、人に楽しんでもらうのが好きなサービス精神旺盛な方はデイサービス勤務に向いています。

ワークライフバランスを大切にしたい人

デイサービスでの働き方は入居型施設での勤務と比較して、安定した生活リズムで働くことが可能です。

基本的に日勤のみで残業もほとんどないため、夜はきちんと睡眠をとりたい、家族との時間もしっかり確保したい方には働きやすい環境です。

介護職にこれからチャレンジしたい人

デイサービスの利用者は基本的に介護度1~2程度の自立した方が多く、身体介護の経験が浅い介護職の方にも挑戦しやすいといえます。

また、デイサービスでは身体介護のみでなく送迎業務やレクリエーションの企画などの業務も重要になってくるため、未経験の方でも活躍できる場面があります。

介護職に慣れていきたい方、これから介護資格を取ってみたい方にもデイサービス勤務はおすすめです。

よくある質問

ここからは、デイサービスとして働くうえで聞かれる疑問を質問形式で答えていきます。

デイサービスの仕事内容は何ですか?

介護施設に通う利用者に対して介護を行うだけでなく、レクリエーションなどを通じて利用者同士や介護職員と交流を深めたりします。

施設によっては要介護度が1~2の利用者もいるので、身体的な負担が比較的少ない特徴があります。

デイサービスに向いている人の特徴はありますか?

未経験・無資格の方でも始めやすいので、特別に必要なスキルや経験はありません。

しかし、デイサービスでは利用者との交流が多い場となるため、レクリエーションや会話を通したコミュニケーションが好きであれば負担は比較的少なくなります。

また、ほとんどの施設では日中のみ介護を行うので生活リズムを崩したくない方や生活に合わせた働き方をしたい方におすすめの働き方です。

まとめ

デイサービスの仕事内容は、1日を通してバイタルチェックや食事・入浴・排泄介助、レクリエーションの企画・運営、利用者の送迎などがあります。

デイサービス勤務のメリットとしては、夜勤がない、土日休日が多いなど、介護初心者以外にもライフワークバランスを重視する方にぴったりな働き方ができる点です。

その反面、夜勤や残業がないためほかの施設形態と比べて給与が低め、技術を向上させたい方には少し物足りないなどのデメリットもあります。

利用者の介護度が低めで自立している方が多く、送迎やレクリエーションの企画などの業務は無資格・未経験でも挑戦しやすいため、介護が初めての方にもおすすめです。

また、利用者の方としっかりコミュニケーションを取りたい方や季節ごとのイベントを楽しみたい方、規則正しい生活を送りたい方にはデイサービス勤務は向いています。

この記事を参考に、デイサービスで働くことを検討してみてくださいね。

デイサービスで働きたいなら介護業界特化の派遣会社に登録してみよう

デイサービスへの転職を希望している、様々な求人を見てみたい方は介護業界に強い派遣会社への登録がおすすめです。

「介護ワーク」は介護職に特化した派遣会社が運営する転職エージェントです。デイサービス以外の施設も含めてあなたにぴったりな求人を紹介することが可能です。まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

介護職の面接でよくある質問やマナーとは?対策のポイントを解説
介護業界はホワイト企業が増えた?業界の実情や優良企業の特徴を解説
介護職のキャリアアップとは?キャリアパスの流れや必要資格など解説
介護士の手取り額と額面給料の平均を紹介!給料アップの方法も解説
介護士が転職するコツとは?おすすめ異業種や活かせるスキルなど紹介

こんな条件の求人が注目されています

  • 高時給/高月給
  • 未経験OK
  • 完全週休2日
  • 時短/扶養内