40代から転職を検討したとき、業界によっては求人数が少なくなってくる傾向があります。

ですが、介護職であれば40代・50代が活躍しているので、求人数も多いといえます。

未経験から始められる求人を探すことで、初めての介護職でも安心して挑戦することが可能です。

もちろん、今介護職で働いている方が別の施設へ転職もできるので、自分が求める働き方を目指して転職先を探しましょう。

ここでは、介護職の現状や40代が介護職への転職を成功に近づける方法、40代からのキャリアプランなどを紹介します。

すでに介護業界で働いている方やこれから挑戦する未経験の方は、是非参考にしてください。

介護の仕事は40代・50代が活躍しています!

体力的につらいというイメージがあるので、40代からの転職は難しいと思われる方もいますが、実は介護職では40代・50代の方が活躍しているのです。

介護ワークが扱う求人でも40代の方も活躍できる求人を保有していますので、転職で悩まれている方はエージェントにご相談ください。エージェントが未経験や経験者どちらにもマッチする働き方の提案も行っているので、安心して働けますよ。

40代でも介護職への転職ができる理由

最初に話したように、業界によっては40代からの転職は難しいといわれていますが、介護職の場合は、40代や50代に向けたものも多いので転職しやすい傾向にあります。

まず、なぜ介護職では40代の転職がしやすい傾向にあるかを解説していきます。

すでに介護職で働いているため早く転職のコツを知りたい方は、こちらの「介護職への転職を成功させる5つのポイント」へお進みください。

常に人手不足

介護業界は、常に人手が不足していて求人がいつでも出されています。

介護労働安定センターが発表している「令和2年度「介護労働実態調査」結果の概要について」でも、労働条件などの悩みや不安、不満などで人手が足りないことが52%ありました。

もとから介護職は未経験でも可能な仕事があるので求人数は多いのですが、人手不足ということもあって1年を通して人材を求めているのです。

介護職員は40代・50代が多い

介護の仕事は体力がいるため若年層に需要があるのかと思われている方もいますが、実は40代や50代の介護職員が多くなっています。

年齢 割合
30歳未満 6.8%
30歳以上40歳未満 15.9%
40歳以上50歳未満 24.5%
50歳以上60歳未満 23.3%
60歳以上70歳未満 17.9%
70歳以上 5.9%
無回答 5.8%

※参考:介護労働安定センター「令和2年度介護労働実態調査の結果

上記表のように、40代が1番多く、次いで50代、60代と続いていきます。

また、介護職は単純な技術や現場経験を見るのではなく、利用者と接する際の対応や人柄なども考慮しているので、社会経験が豊富な40代や50代を求めるところもあるのです。

そのため、未経験の40代で介護職への転職も可能だといえます。

前職の経験やスキルが活かせる

前項目でも少し話しましたが、介護業界で40代の未経験者に求めていることは、社会経験でのスキルや人柄です。

介護の仕事に対しても求めていることはありますが、未経験の場合は利用者との接し方のような介護技術以外の部分を重視しています。

たとえば、前職が販売職の場合はコミュニケーション能力やお客様対応力、飲食業であれば衛生管理、事務職であれば書類整理や資料作成などのスキルが活かせますよ。

前職が介護業界で働いていた方はすでに介護の現場を知っているといえるので、現場でのサポートやさらなるスキルアップを求めているのです。

介護職への転職を成功させる5つのポイント

ここからは、介護職に転職をする際、少しでも成功率を上げるために検討しておくと良いポイントを5つ紹介します。

介護職未経験であったり、経験者でもブランクがあったりして転職に対する不安がある場合は是非参考にしてください。

もちろん、現在も介護職で働いている方が別施設に転職をする場合の参考にもなりますよ。

転職前に資格を取得

介護士の基礎ともいえる「介護職員初任者研修」という資格があるので、未経験の方は転職をする前にこの資格を取得しておくことをおすすめします。

資格や経験がなくても介護の仕事はできるのですが、資格がないとできない業務もあるので、資格を持っている方が選べる仕事の幅が広がりますよ。

また、介護職員初任者研修の資格を取得するには短くても130時間かかるので、仕事をしながら資格取得を目指すよりも余裕が持てる転職前に取得をしておきましょう。

現在、介護士として働いている方であれば、自分がやりたい仕事に必要な資格を調べ、条件を満たしていれば資格取得を目指すことを検討してみてください。

前職のスキルを活かせる仕事を選ぶ

介護職では、介護の知識や技術だけでなく、人と接する機会が多いことからコミュニケーション能力や人柄なども含めて見られます。

そのため、前職で培ってきたスキルが介護職でも役立つ可能性があるのです。

介護の仕事が未経験であってもこれから学んでいけば良いので、まずは今できることを参考に仕事を探すことをおすすめします。

もし、前職が事務だった場合、介護士のサポート業務で書類整理や資料作成などの業務を求人で出しているところであれば、培ってきたスキルが強みとなるのです。

ほかにも、接客や営業をしていたのであれば、コミュニケーション能力や対応力に長けているといえるので、介護の現場で人と交流する際に円滑に物事を進められます。

このように、介護の知識や技術がないからと諦めるのではなく、今持っているスキルを介護の仕事でどう活かせるかを考えることで、良いアピールポイントになりますよ。

転職前に資格を取得

介護士の基礎ともいえる「介護職員初任者研修」という資格があるので、未経験の方は転職をする前にこの資格を取得しておくことをおすすめします。

資格や経験がなくても介護の仕事はできるのですが、資格がないとできない業務もあるので、資格を持っている方が選べる仕事の幅が広がりますよ。

もちろん、働きながらでも資格取得を目指せるので、資格を取得するまでに短くても130時間かかることを考慮してシフトを組むようにしましょう。

現在、介護士として働いている方であれば、自分がやりたい仕事に必要な資格を調べ、条件を満たしていれば資格取得を目指すことを検討してみてください。

技術以外の部分をアピール

人によっては、前職で培ってきた技術が介護の仕事で活かせない方もいます。

その場合は、技術以外の部分でアピールをしていきましょう。

介護の仕事は人と接することが多いので、以下のポイントをアピールすることができます。

  • 人と接することが好き
  • ご年配の方との交流が好き
  • 誰かの役に立ちたい

これらは、技術面の話はしていないものの、介護の仕事をしたいと思うきっかけとして多い理由としてあげられています。

技術や知識がない方でも、介護の仕事に対する前向きな姿勢や長く働きたい意欲があることを強調することで、採用される確率が高まります。

ただ、この部分をアピールしたから良いのではなく、現場の戦力になるためにも入職後は介護の知識を取り入れるための勉強をする努力をしていきましょう。

転職エージェントに相談

介護職への転職を検討したとき、求人サイトを見ても条件に合うものがなかったり、自分の通勤圏内で求人を出しているところがないなどの理由で見つからないことがあります。

また、未経験で何を基準に探したら良いのか、介護の仕事をしているけどなるべく早く次の転職先を探したいと考えている方もいます。

そういった転職の悩みがある方は、転職エージェントに相談をしてみましょう。

とくに、介護職に特化した転職エージェントであれば公開していない求人の数も多く、介護職の中でも幅広い求人を扱っている可能性が高いといえます。

エージェントに自分の希望する条件や将来どんな働き方をしたいかを話すことで、条件にマッチする求人を紹介してもらえるので、1人で探すよりも早く仕事が見つかります。

転職エージェントによっては、勤務時間や時給の交渉、履歴書の添削、面接のアドバイス、入職後のサポートを行っているところがありますよ。

40代が介護職で転職をする際におすすめする転職エージェントを、こちらの「40代の介護職転職でおすすめの転職エージェント」でも紹介しているので是非ご覧ください。

40代の転職でおすすめの資格

40代の転職でおすすめの資格_image
40代から介護職を目指すのであれば、少しでも転職を成功させる確率を上げるために資格取得をおすすめしています。

資格があると、それだけ仕事の幅が広がりますし、時給も高くなる傾向があるので長く働きたい方は取得しておきましょう。

数ある資格の中でも、基本となる資格を3つ紹介します。

ほかにも数多くあるので、いろいろな資格を知りたい方は「介護の資格20種類の詳細と取得の難易度を徹底比較しました」に記載されているので、あわせてご覧ください。

介護職員初任者研修

介護の仕事をするうえで資格取得を目指している方は、まずはこの資格を取得しましょう。

介護を必要とする方への身体介護をするために必要なため、介護士の基礎ともいえる資格です。

また、この資格を取得するためには、130時間ほど受講しなくてはならないので時間はかかりますが、受講条件はないので誰でも受けることができます。

介護の基礎的な内容なので、介護職をしなくても家族で介護を必要となった場合に役立つと取得される方もいます。

介護福祉士実務者研修

先ほど紹介した介護職員初任者研修よりも、質の高い介護の知識や技術を身につけられる資格で、国家資格でもある介護福祉士の資格を取得するためにも必要となります。

こちらも受講条件はとくにありませんが、もし取得を目指すのであれば、介護職員初任者研修を取得してからがおすすめです。

介護職員初任者研修があれば、実務者研修で行われる一部の受講科目が免除され、その分受講時間が短くなるからです。

また、介護福祉士実務者研修を保有していると、サービス提供責任者という仕事に就けるので、キャリアアップにもつながります。

介護福祉士

介護職の中で唯一の国家資格でもある介護福祉士は、難易度は高めではありますが、介護の現場で介助をするだけでなく、チームリーダーや相談員などできる仕事が増えます。

ただ、この資格を取得するためには以下の条件を満たす必要があります。

  • 実務経験3年以上
  • 介護職員基礎研修と喀痰吸引等研修の終了または福祉士実務者研修を取得している

転職後は介護士として長く働くと決めている場合は、介護福祉士の資格を取得していると、介護の現場でも重宝されるので取得しておきましょう。

40代の介護職でのキャリアプラン

40代になって介護職で働くとなると、どのようなキャリアプランが立てられるのか、簡単に紹介していきます。

一例なので、人によって変わるので、自分のキャリアプランを立てるときの参考にしてください。

未経験の場合は1~3年は実務経験重視

資格を取得していない場合は、介護職員初任者研修や介護福祉士実務者研修の資格を取得しつつ介護の現場で経験を積んでいきましょう。

介護福祉士の資格を取得するための条件に実務経験が3年以上というものがあるので、スキルアップするには3年は現場で知識や技術を身につけてください。

4年目以降はキャリアビジョンを明確に

3年現場で経験を積み、さらにキャリアアップしたいと考えたら介護福祉士の資格取得を目指すことができます。

また、細かい条件はありますが、介護福祉士は介護の現場以外にも介護福祉士養成校の教員の仕事も選べるようになります。

介護の現場でチームリーダーやメンバーのタスク管理のような、チームの中心となる業務も任されるような重要なポジションで働ける可能性もあるのです。

興味がある職種を目指す

介護士としての経験を積んで次のステップに進みたいと考えたとき、転職をして新しい職場でやりたい職種に挑戦することも検討しましょう。

現状で十分だという方もいますが、職種によってはやりがいや給料などの待遇面、自分の体力や活かせるスキルによって力を発揮できる現場を探すのもおすすめです。

気になる職種があれば必要な資格について調べ、条件を満たすような働き方をするように計画を立ててください。

介護施設や事業所の種類

これまで40代の介護職への転職について話をしてきましたが、転職をする際に施設選びも重要だといえます。

転職エージェントなどを利用されるのであればエージェントに相談をすれば良いのですが、自分でも施設の種類や役割を知り、自分から選べるようにもしておきましょう。

入所施設

入所施設は、施設に入居した利用者への介護を行う施設形態で、特別養護老人ホームや有料老人ホームなどが当てはまります。

ほかの介護士もいて困ったときはすぐに相談ができるので、未経験の方も安心して働けるおすすめの施設形態形態です。

勤務体制は早番・遅番・日勤・夜勤などに分かれているところが多く、24時間体制で介護ができるようにしています。

また、施設によっては特定の資格や経験が必要なところもあるため、自分が目指すキャリアアップに合わせて施設を選ぶことも可能です。

通所施設

通所施設は、利用者が日中に施設に通う形態で、デイサービスやデイケアが当てはまります。

施設利用が日中のみと決まっているので夜勤体制はほとんどなく、日中の定められた時間の範囲での調整になるためほかの施設形態よりも身体的負担が軽減されます。

業務内容としては、身体介護はもちろんですが、ほかにも利用者同士の交流を深めるためのレクリエーションなどを計画するので色々な提案ができますよ。

訪問介護

訪問介護は、利用者の自宅で身体介護や生活援助などを行う形態のことです。

基本的に1人で介護を行わなくてはならず、介護職員初任者研修以上の資格が必要未経験から始めるのは少し難しい可能性があります。

ですが、1対1で業務を行うことになるため、自分の判断で臨機応変に動かなくてはなりません。

また、介護業務の中でコミュニケーション能力や家事能力も必要となるので、自分が持つスキルを活かすこともできますよ。

40代の介護職転職におすすめの転職エージェント

介護職への転職を検討している方の中には、転職エージェントを利用して相談をしながら探したいと考えている場合があります。

ですが、転職エージェントといってもその数は多く、どこに相談をすれば良いか迷ってしまうものです。

そこで、40代で介護職に転職したい方におすすめの転職エージェントを3社紹介します。

ほかにも「介護士におすすめの転職エージェント8社を比較!活用方法も解説」で紹介しているので、あわせてご覧ください。

資格取得支援制度がある!介護ワーク

202207_介護ワークTOP

求人数 53,321件(2022/8/1時点)
職種 介護士、看護師、ケアマネージャー、生活相談員、管理栄養士、送迎ドライバー、介護事務、看護助手など
特徴 ・土日祝休みや残業なしなど細かい条件で探せる
・細かいヒアリングをして条件に近い求人を紹介
・未経験からのスタートもサポート
公式サイト https://kaigo-work.jp/

派遣会社ウィルオブ・ワークが運営している介護職に特化した転職サイトで、一人ひとりの希望条件などをくわしくヒアリングし、求人紹介や条件に合う働き方を提案してくれます。

担当エージェントが仕事探しから就業後までサポートをしてくれるので、経験がある方や資格保有者だけでなく、40代で未経験の方も安心して働けますよ。

また、キャリアアップを目指せる求人や資格取得のために勉強をしながら働ける制度もあるので、これから挑戦したい方はエージェントに相談をしてみましょう。

地域に根差した求人多数!かいごガーデン

かいごガーデン

求人数 65,218件(2022/8/1時点)
職種 介護職、ヘルパー、看護助手、ケアマネージャー、サービス提供責任者、生活相談員、生活支援員、リハビリ専門職、送迎ドライバーなど
特徴 ・細かいサポート体制が整っている
・ライフスタイルに合わせた仕事を探せる
・入職後もサポートが続く
公式サイト https://kaigo-garden.jp/

株式会社ツクイスタッフ運営するサイトで、主に介護と医療を専門としています。

正社員や派遣など幅広い雇用形態で案内をしているため、40代から介護職にチャレンジする場合でも無理のない働き方を提案しています。

もちろん、入職後もサポートサービスは続いているので、悩みや疑問点の相談をいつでも相談することができますよ。

転職・介護職未経験でも安心!介護ワーカー

介護ワーカー

求人数 90,370件(2022/8/1時点)
職種 介護職、ケアマネージャー、相談員、サービス提供責任者、管理職など
特徴 ・求人は毎日更新していて新しい情報が豊富
・職場の働いている方の声や雰囲気も教えてもらえる
・在職中でも利用が可能
公式サイト https://kaigoworker.jp/

株式会社トライトキャリアが運営している介護職に特化したサイトは、数万件の求人情報を毎日更新しています。

介護ワーカーでは職場の雰囲気や実際に働いている人の声なども教えてもらえるので、納得するまでじっくりと希望条件なども含めて検討しながら仕事を探せます。

介護職専門のキャリアアドバイザーが転職のサポートを行っているので、仕事や施設などで疑問に思う部分があればいつでも質問が可能です。

まとめ

介護業界は、40代・50代が活躍しているので、40代で介護職に転職しても現場で活躍することは可能です。

未経験からでも挑戦できる介護の仕事ですが、長く働くのであれば資格取得をおすすめします。

資格を保有していなくてはできない仕事もあるので、持っていると介護の現場でも重宝されてスキルアップも目指せますよ。

40代からでも介護の現場で活躍するチャンスは多いので、ここで紹介した転職を成功に近づけるポイントや40代からのキャリアプランなどを参考に転職を検討してみましょう。

介護職に転職したい方は転職エージェントの利用がおすすめ!

介護職では40代の方が活躍している業界なので、今まで介護職をしていた方はスキルアップのための転職ができます。未経験の場合は、仕事についていけるか不安がある方もいます。そういった方は、転職エージェントに相談してみましょう。

介護ワークでは、一人ひとりに合わせた求人を紹介しているので、40代で未経験の方でも安心して働けます。また、入職後のサポート制度も備わっているので不安な時はいつでも相談できますよ。

関連記事

介護職のキャリアアップとは?必要な資格や方法、職種について解説
介護士の手取り額と額面給料の平均は?給料アップの方法なども紹介
介護士が転職するコツとは?おすすめ異業種や活かせるスキルなど紹介
介護職の退職金制度の仕組みとは?退職金の相場や支給条件なども解説
介護職は無資格からでも可能?できることや有資格との違いなど解説

こんな条件の求人が注目されています

  • 高時給/高月給
  • 未経験OK
  • 完全週休2日
  • 時短/扶養内