介護の仕事をしていくと、業務や職場環境などがイメージと違って転職で失敗したのか、自分に向いていないかもしれないと悩む方はいます。

すると、今度こそ自分に合う仕事に就くために転職で失敗したくないと考えるものです。

転職先が自分に合っているか、勤務体制や待遇はどうかなど不安な点があってなかなか転職を始められない方は、介護職の転職で失敗する原因を知っておくことをおすすめします。

事前に気を付けておくことを知ることで、転職活動で活かせるポイントがわかるようになって失敗を回避することが可能です。

ここでは、介護職の転職で失敗に繋がる原因7つや、転職に失敗してしまう人の傾向、後悔しない転職のためのコツなどを紹介していきます。

未経験の方も経験がある方も、介護職への転職を考えている方はぜひ参考にしてください。

今現在、介護の仕事をしている方でつらいと感じているのであれば、こちらの「介護職はきつくてやってられない理由とは?解決策も紹介」もあわせてご覧ください。

後悔しない転職をしたい方は転職エージェントに相談

1人で転職活動をすると、疑問や不安なことが出てきても誰に聞けば良いかわからず、そのまま入職してしまうことがあります。ですが、そうやって選んでしまうと思ったような働き方ができないことがあるのです。

介護の転職で後悔しないためにも、介護に特化した転職エージェントに相談することをおすすめします。希望条件をもとに、会社で保有している求人から条件に合う仕事を探してもらえますよ。

介護職の転職で失敗につながる7つの原因

介護の仕事をしていると、今の職場が働きづらい環境だったり、聞いていた業務内容や待遇と違っていたりすると、転職に失敗したと感じることがあります。

今よりも良い環境で働くためにも次の転職では失敗したくないと考えたとき、どんなことが失敗に繋がるのか事前に理解して対策を立てておくことをおすすめします。

ここでは、何が原因で介護職の転職に失敗したと感じるか、その原因となる7つのポイントを紹介します。

すぐに失敗しない転職方法を知りたい方は、こちらの「後悔しないための失敗を回避する4つの方法」へお進みください。

常に人手が足りず忙しい

介護業界は常に人手不足が問題とされていて、介護職で働く方の労働条件での悩みや不安などでよく聞きます。

介護労働センターが行っている「令和2年度 介護労働の現状について(P.7)」でも前年度よりは改善されていても、半数以上の方が人手不足を感じている結果が出ているのです。

介護の現場で人手が不足してしまうと、休みが取りづらくなったり、出勤しない時間に出勤しなくてはならないこともあって入職前のイメージと違うと感じてしまいます。

体力面に限界を感じる

介護の仕事は介護を必要とする方を支えたりして生活の介助をするため、体力が必要になるとは聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

ですが、実際に仕事に携わると思った以上に力が必要であったり、残業をしたりすると体を休める時間が減ってしまいます。

そのため、よく休むことができずに疲れがたまり、体力に自信があっても限界を感じることがあるのです。

ストレスを感じる

利用者や職員と接する機会が多いので、意思の疎通が難しかったり、相手が言っていることを理解しきれなかったりすることが原因で人間関係がうまくいかないことがあります。

人によってはコミュニケーションがうまくいかないことにストレスを感じ、介護職を続けられず転職してしまうのです。

ストレスを感じやすい方は、仕事と休日の切り替えをできるようにしたり、趣味の時間を作るなどをしてストレスを発散することで軽減される可能性が高まります。

入職前に聞いていたことと違う

入職前は、どういった施設かわからないこともあって少し認識が違うことはあります。

ですが、勤務体制や待遇、業務内容などが大きく違っているとイメージが違いすぎて長く働くことがつらく、辞めてしまう可能性が高まってしまいます。

たとえば、夜勤はないと思っていたのに実際に働き始めたら夜勤シフトの提案をされる、自分が行う業務以外の仕事の方が多くてやりたいことができない、などがあります。

職場の方針が変わってしまった可能性もありますが、入職前に確認を忘れてしまうとそういった認識のズレが生じてしまうのです。

そうならないためにも、細かい部分も気になったことは解決しておくようにしましょう。

職場の雰囲気が合わない

介護の職場で働いていると、仕事や待遇などに不満がなくても何となく働きづらいと感じることがあります。

それは、職場の雰囲気が自分に合っていない可能性があります。

社風や職員同士の雰囲気、職場の内装などの求人情報だけではわからない部分で仕事がしづらいと感じてしまうのです。

そうなると、仕事に不満がなくても長く続けるとなればストレスがたまり、限界が来て仕事がつらくなってしまいます。

自分の周りだけでも、職場のレイアウトやコミュニケーションのやり方を変えることで職場の雰囲気が変わることがありますので、ぜひ試してみてください。

生活リズムが合わない

介護業界の仕事は、施設や勤務体制によっては夜勤シフトが入ったりして勤務の時間帯が変わることがあります。

基本的に日勤の場合は、夜勤が入ってしまうと生活リズムが崩れて体調を崩すことがあり、働き続けることが難しい方もいます。

体調管理を行うためにも、生活リズムが崩れることに慣れない方にはつらい仕事ともいえるのです。

介護職に向いていないと感じる

介護の仕事に興味があるけど、実際働いてみると大変だったり楽しさを感じられず、仕事を続ける自信がないと感じる方がいます。

やりたいと思っても自分に向いていないことは少なくないので、向いていないと気付いた時点で辞めてしまうことはあるのです。

もちろん、職場が合わない可能性もあるので、職場を変えるなどをするのも良いですが、入職してすぐにやめるのではなく、介護職のやりがいや楽しみを探してみましょう。

転職エージェントを利用していて入職後のサポート体制も整っている場合は、仕事を辞める前にエージェントに相談をして働き方の見直しをしてください。

介護職の転職で失敗してしまう人の傾向6つ

介護職の転職で失敗してしまう人の傾向_イメージ画像
では、失敗につながる原因をいくつかあげましたが、ほかにも失敗してしまう人にはいくつか傾向があります。

ここでは、介護の転職で失敗してしまう人の傾向についていくつか紹介していきます。

ほかの業界でも言えることなので、別の業界への転職を検討している方にも参考にしてもらえればと思います。

自己分析が甘い

転職をするとき、真っ先に自分が希望している条件で仕事を探し始めてしまう人がいます。

ですが、希望する条件だけで仕事を探し始めてしまうと、実際に仕事を始めた時に勤務条件が良くても自分の働き方と合わなくて働きづらい状況に陥ってしまいます。

つまり、自分の働き方について理解をしていないため、転職に失敗してしまう可能性が高まるのです。

そうならないためにも、自分がどんな働き方を希望しているか、転職するときに何を重視すれば良いかなどを明確にするため、自己分析をしておくことをおすすめします。

これまでの自分の働き方を振り返り、得意分野や苦手分野、やりたいこと、将来のビジョンなどをわかりやすくしておきましょう。

転職サイトで条件を指定して探すときや、転職エージェントに相談をする際にも役立ちますよ。

仕事に対する意識が低い

介護職は、未経験や無資格からでも始められる仕事があるので、とりあえず始めてみようと考える方はいます。

ですが、働き始めてもそのままの意識だと仕事の楽しさややりがいなどを見つけることができず、長く続かなくなってしまいます。

自分の仕事が何のためにあるのか、自分が仕事をこなすことでどういう影響があるのかなどを考えて仕事をすると、仕事に対する意識が変わってきます。

ただ言われたことをやるだけでなく、自分で考えて仕事の効率化や環境の向上などをしてくれるような意識が高い方が現場で重宝されますよ。

常に変わってく現場では、仕事に対する意識を高くして、新しいことへの挑戦をしていきましょう。

仕事探しの条件設定ができていない

仕事を探すとき、条件設定が自分の希望している働き方とずれていると、仕事が見つかりにくいだけでなく、実際に働き始めたときに合わないと感じてしまうことがあります。

入職後に「思っていた仕事と違う」と思ってしまう方は、この条件設定が甘い可能性があるのです。

そうならないためにも、まずは自分が希望する働き方のために必要な条件が何か、優先順位をつけておきましょう。

外せない条件を3~5つ、あると嬉しい条件をいくつか決めておくと、転職サイトの求人を検索するときにも設定しやすくなりますし、エージェントにも伝わりやすくなります。

施設に対する情報が少ない

転職活動のとき、勤務条件や業務内容などだけを確認しがちですが、介護業界ではどんな施設に入職するかによっても働き方に差が出てきます。

たとえば、24時間体制で介護をする施設であれば、シフトによっては夜勤に入る必要がありますし、施設内でできる仕事があっても施設で行っていないこともあります。

夜勤を希望していないのに、希望した施設が夜勤体制もあって働くことが大変になると、転職に失敗したと後悔してしまうこともあるのです。

転職で後悔しないためにも、施設の情報を得ることによって自分が希望する条件に当てはまるかを検討することができるようになります。

また、多くの施設に関する情報を得られれば、いろいろな施設を比較してより良い環境の施設を選ぶことも可能です。

仕事を探すときは、勤務条件や業務内容だけでなく、施設や求人元の会社などについての情報も確認することを心がけましょう。

わからないことをそのままにする

求人内容を見たり、エージェントや施設担当者から話があったりしたとき、専門用語や施設独自の体制などでわからないことも出てきます。

そんなとき、何度も聞いてしまうと採用されないのではないかと不安に思い、理解していないのに大丈夫だと言ってしまうと、後に困るのは自分自身です。

入職前にエージェントや施設担当者にわからないことを質問し、理解するまで話をすることにより、介護職のイメージがしやすくなって入職後のトラブルを防ぐことにもつながります。

わからないことはそのままにせず、わかるまで質問をして解消しておくようにしましょう。

相手に聞かれたことに対してわからないと答えたからと言って、不採用になることはほとんどないので安心して質問をしてください。

もとから介護職に向いていない

自分がやりたいと思っていても、想像していた以上に業務内容や人とのコミュニケーションなどが大変で自分に向いていないと感じることはあります。

いつまでも仕事に慣れなかったり、やりがいを見つけられなかったりする場合は、もとから今の介護業務が向いていない可能性があるといえるのです。

そんなときは、すぐに仕事を辞めるのではなく、上司や転職エージェントに相談をして働き方の改善策を探してみましょう。

1人では見つからないことでも、誰かに相談をすることで介護職に対する見方や働き方が変わって仕事がやりやすくなったり、やりがいを感じられるようにもなりますよ。

今の介護の仕事に対して向いていないと感じている方は、こちらの「介護の仕事に向いている人の特徴8選や活かせる他業界のスキルなど解説」も参考にしてください。

後悔しないための失敗を回避する4つの方法

これまで、転職に失敗したと感じる原因や転職で失敗してしまう人の傾向について紹介をしてきました。

ここからは、転職をするときに失敗したと後悔しないためのポイントを紹介していきます。

事前に気を付けることを知っておくことで、失敗を回避する確率が高まりますよ。

自己分析をして希望条件を定める

失敗してしまう人の傾向でも話したように、自己分析が甘いと希望条件の設定がずれてしまって仕事が見つかりづらくなる原因にもなります。

そうならないためにも、自己分析をして自分がどんな働き方をしたいか明確にしておきましょう。

もし、1人で見つかりづらい場合は、転職エージェントのような第三者に相談をして自分のことを分析してください。

自分が働きたい仕事に関する条件が定まってきたら、その中で優先順位をつけて絶対外せない条件が何かを3~5つ書き出しておきましょう。

ほかにも、あると嬉しいという条件をいくつか出しておくことで、仕事を探す条件の精度が上がります。

介護業界について知る努力をする

未経験や無資格から始めたとしても、介護業界で仕事をするのであれば、介護の仕事について知ろうとする努力をしましょう。

仕事への理解を深めることにより、どういった業務が自分に向いているのか、どんなことをすれば利用者に喜んでもらえるかなどが見えてきて効率よく働けます。

また、介護の仕事で自分がやりたい業務があれば、仕事へのやりがいや意欲も湧いてくるので、仕事が楽しくなりますよ。

未経験の方で介護業界を知らない方は、こちらの「介護職は未経験・無資格からも可能?できる仕事や有資格との違いなど解説」でも解説をしているので、あわせてご覧ください。

施設の勤務体制や待遇を確認

介護施設には、24時間体制の老人ホームやグループホーム、ケアハウスなど幅広い種類があります。

そのため、勤務体制や担当する業務も施設ごとに変わってくるため、自分がやりたい仕事ができる施設を選ぶことは大切なので、目安となる一例を3つ簡単に紹介します。

【未経験から始められるか】
未経験から受け入れている施設では、研修やマニュアルなどの体制が整っている可能性が高いので、未経験やブランクがある場合はこの条件があるかの確認が重要です。

わからないまま働き始めると仕事がわからなかったり周りについていけなくなって働きづらくなったりするため、制度が整っているかがわからないときは問い合わせましょう。

【勤務体制が自分に合うか】
施設によって勤務体制が変わるため、自分がどんな働き方をしたいかを明確にして働きやすい施設を選ぶことをおすすめします。

勤務体制が変則的であれば夜勤や残業制度にも影響するので、どのような勤務体制かを事前に確認をして無理のない働き方を目指しましょう。

また、選べない場合はできない働き方を見つけて、それ以外の勤務体制を選ぶようにするのも自分が働きやすい施設を選ぶポイントといえますよ。

【職員の勤続年数や離職率なども確認】
介護職員の勤続年数や離職率を確認するのも、自分に合う施設かを見極める大切な要素です。

離職率が低い施設や勤続年数が長い施設であれば、働きやすい環境であると判断できます。

逆に、求人募集が多かったり退職率が高かったりすると、何か問題があって辞める職員が多いと考えられるので気を付けた方が良さそうだと考えられるのです。

このように、数ある求人や施設から条件に合いそうなものを選ぶためにポイントとなる部分を最初に見ておくと、選びやすくなるので参考にしてください。

各介護施設の特徴については、こちらの「介護職で働きやすい施設の特徴や自分で選ぶコツなどを徹底解説!」でくわしく紹介しているので参考にしてください。

ほかにも、給料や特別休暇など介護施設独自の待遇や勤務体制もあるので、働く環境が合うかも複数の施設情報を集めて比較することをおすすめします。

条件の良さだけでなく、入職後に受けられる勤務体制や待遇によってその施設で長く働けるかに影響されます。

施設を比較するのであれば、転職エージェントに相談をして複数施設や求人を比較しつつアドバイスをもらって探すようにしましょう。

待遇の中でも特に給料が気になる場合は、「介護士の平均年収・月給はどのくらい?給料を上げる5つの方法も解説」で平均年収などを比較しているので、是非ご覧ください。

転職エージェントに相談をする

介護の転職で失敗したくない方は、転職の専門である転職エージェントに相談することがおすすめです。

とくに、介護業界に強い転職エージェントであれば、希望条件や将来の働き方、施設の様子などくわしく聞けます。

また、エージェントから条件に合いそうな求人を紹介してもらえるので、仕事探しの負担が軽減されるのです。

ほかにも、履歴書の添削や面接対策、将来の働き方に向かうためのプランなど幅広く対応しています。

ただ、対応しているサポート制度は転職エージェントによって変わるので、どういった部分をサポートしてもらいたいかを明確にし、相談するところを選びましょう。

自分に合う転職先を選ぶには?

転職に一度失敗すると、次こそは成功させたいと考える方は多く、この記事でも「後悔しないための失敗を回避する4つの方法」を参考に仕事を探すことをおすすめしています。

しかし、失敗する人の傾向や仕事内容だけを気にするのではなく、転職先となる施設について知ることも重要です。

ここでは、転職先の施設から仕事を選びたい方が参考になるよう3つのポイントにまとめて選ぶコツを紹介します。

施設形態の違いを知る

介護の施設とひとことで言っても、それぞれ介護形態や役割が変わることを知っておくことは大切です。

たとえば、経験が浅くて先輩介護士とともに仕事をして学んでいきたい方は、有料唐人ホームやグループホームなどの複数の職員で介護を担当する仕事が向いています。

また、フルタイムで働くことが難しくて介護の仕事を知らないため現場の仕事を知りたい方は、デイサービスやデイケアなどの日中のみ業務を行う施設がおすすめです。

ほかにも、求人情報がどのような施設から出ているかを把握するため、各介護施設の特徴を学んで自分が目指す働き方ができそうな施設に絞るようにしましょう。

施設の特徴については、こちらの「介護職で働きやすい施設の特徴や自分で選ぶコツなどを徹底解説!」で解説をしているのであわせてご覧ください。

複数の施設を比較する

施設によって勤務形態や待遇面、職場の雰囲気などが変わるため複数の施設を比較して決めることで自分が働きやすい職場が見つかる可能性が高まります。

良い求人があるからとそこだけに絞るのではなく、似たような仕事で別の施設が求人を出していればそちらの求人も確認してください。

仕事が似ていても職場環境で自分に合うところを見極めることができるので、転職後も安心して働けますよ。

一人で確かめることが大変な場合は、転職エージェントに相談をして希望する働き方に合う転職先を担当者と一緒に探すことをおすすめします。

施設の職場環境や離職率など調べる

施設形態や待遇面などの基本的な部分以外でも、確認しておくと安心するところがあります。

それは、施設の職場環境や離職率などの施設自体の情報です。

どれだけ条件が良くても、業務内容や勤務時間に無理をしているところや、施設内の環境が衛生的でないなどの問題があるとストレスが溜まって長く働けません。

また、求人情報を常に出している施設だと、勤務体制が整っていなくて離職率が高いと考えられます。

勤続年数も重要で、長く働く職員が多い場合はそれだけ働きやすい環境なのだろうと考えることができるのです。

このように、業務内容や勤務時間などの業務に直結するものだけで判断するのではなく、実際に働く環境も含めて検討すると自分に合う職場を見つけやすくなりますよ。

介護職におすすめの転職エージェント3社

1人での転職活動が大変で転職エージェントを探したとき、数が多くてどこが良いか悩まれる可能性があります。

選ぶときは、以下のポインを確認しておくと見つけやすくなりますよ。

  • やりたい仕事の求人を扱っているか
  • 対応エリアが通勤可能範囲にあるか
  • サポートしてもらいたい制度があるか

ここでは介護職に強い転職エージェント3社を紹介しますが、「介護職におすすめの転職エージェント10社比較や転職のコツなど解説」でも詳しく紹介しているのであわせてご覧ください。


【相談だけの利用も可能!介護ワーク】
介護ワーク

対応エリア 全国
職種 介護士、看護師、ケアマネージャー、生活相談員、管理栄養士、送迎ドライバー、介護事務、看護助手など
公式サイト https://kaigo-work.jp/

派遣会社ウィルオブ・ワークが運営している介護職に特化した転職サイトで、一人ひとりの希望条件などをくわしくヒアリングし、求人紹介や条件に合う働き方を提案してくれます。

そのため、勤務継続率95%以上、転職満足率90%以上と満足度の高い転職ができているのです。

これまで介護職で働いてきた方の転職はスキルや保有資格などを考慮して仕事の提案をしているので、スキルアップや新たな職種にも挑戦できます。

もちろん、担当エージェントが仕事探しから入職後までサポートをしてくれるので、経験がある方や資格保有者だけでなく未経験からでも安心して働けますよ。

また、雇用形態も正社員だけでなく契約社員・パートアルバイトなど扱っているので、無理なく長く続けられる働き方を目指すことも可能です。

転職ではなく介護業界にくわしい人に相談をしたい場合は相談だけの登録も可能なので、仕事や働き方についてエージェントに相談をしてみてください。


【職場の詳しい情報も聞ける!きらケア介護求人】
きらケア介護求人

対応エリア 全国
職種 介護職、ケアマネージャー、生活相談員、サービス提供責任者、管理職など
公式サイト https://job.kiracare.jp/

きらケア介護求人は、レバレジーズメディカルケア株式会社が運営しているサイトです。

介護の求人だけでなく、職場の雰囲気や離職率など気になることがあれば、専門アドバイザーが教えてくれます。

詳しく聞けることにより、実際に入職してイメージが違っていたということも少なく、長く働ける確率も高まりますよ。

また、条件を満たせば適用される福利厚生や資格取得制度などのサポート体制も整っているので、気になる制度や働き方があればアドバイザーに相談をしてみましょう。


【求人情報の更新が多い!介護ワーカー】
介護ワーカー

対応エリア 全国
職種 介護職、ケアマネージャー、相談員、サービス提供責任者、管理職など
公式サイト https://kaigoworker.jp/

介護ワーカーは、株式会社トライトキャリアが運営している介護職に特化したサイトです。

数万件の求人情報を毎日更新しているので、希望条件に合う求人が見つかる可能性も高いといえます。

また、紹介する求人の上限はないため、納得するまで希望条件などを含めて検討しながら仕事を探せますよ。

転職エージェントを活用する4つのコツ

転職エージェントを活用すると仕事探しの負担が減り、仕事も早めに見つかる傾向があります。

ですが、エージェントに頑張ってもらうだけでなく、自分が働きやすい環境の仕事を見つけるためには気を付けると良いポイントがあるのです。

ここでは、そんな転職エージェントを活用してスムーズに仕事を探すコツを4つ紹介します。

【経歴やスキルで嘘をつかない】
転職のとき、経歴やスキルなどがあった方が採用されそうと感じてつい嘘を言ってしまう方もいます。

ですが、嘘をついて入職しても仕事をしていくうちに仕事に追いつけずやりたかった仕事がつらい仕事になってしまいます。

そもそも、嘘をついてしまうと印象が悪くなって信頼もされなくなってしまうので、自分にとってデメリットにしかならないのです。

転職エージェントでは、今の経歴やスキル、やりたいことなどの希望条件から1人ひとりに合う仕事を紹介してくれるので、採用されないと不安にならなくて大丈夫ですよ。

不安な経歴やスキルがあれば、エージェントに相談をすることで解決できたり、働き方のアドバイスをしてもらえたりします。

【希望条件は明確に】
自分が希望している仕事を探すためにも、どんな条件が必要かを明確にしておきましょう。

ただ、たくさんあれば良いのではなく、希望に近い条件を選ぶことが重要です。

どのような条件に絞れば良いかわからない場合は、エージェントにどういった働き方をしたいか希望を伝えることで条件を一緒に考えることができます。

また、条件は外せない条件を3~5個、あるとうれしい条件をいくつか用意しておくと探す仕事の幅が広がりますよ。

【わからないことはわかるまで質問をする】
求人によっては、わかりづらい業務内容や待遇などが書かれていることがあります。

そんなとき、自己解釈やなんとなく理解したと思うのではなく、小さなことでもわからないことはエージェントに聞いてはっきりさせておくことをおすすめします。

わからないまま面接や入職をしてしまうと、認識の違いが出て仕事に影響することもあるのです。

それが悪い影響だと、仕事が続けづらくなってまた転職をしなくてはならなくなります。

認識の違いが出ないように、わからないことを事前に質問をして理解することは、働きやすい環境を選ぶために必要なことだといえるのです。

何度も聞いてしまうことを悪いと思わず、小さなことでもエージェントに相談するようにしましょう。

【連絡には早めの対応を】
エージェントは、なるべく早く仕事が見つかるようにと対応が早いところが多いので、連絡の頻度が多くなる傾向があります。

そのため、対応が早いエージェントからの連絡にはなるべく早く対応するようにしてください。

求人情報はサイトによって更新頻度が多いものもあるので、返信が遅れてしまうと良い求人情報を見逃してしまうことがあります。

なるべく早めに対応をし、働きたいと思える求人を見逃さないようにしましょう。

転職エージェントへの登録から入職までの流れ

ここからは、転職エージェントが初めての方が安心して利用できるように、一般的な利用の流れを紹介します。

登録から入職までを説明しますので、利用する際の参考にしてください。

【WEBやメールで登録】
転職エージェントによって対応している方法は変わりますが、WEBやメールなどから登録を行います。

名前や連絡先のような個人情報や簡単な希望条件などを記入するので、あまり時間はかかりません。

【ヒアリングや面談の設定】
登録後、担当者やエージェントから連絡が来て、簡単なヒアリングや面談の日程を設定します。

面談は対面や電話対応など採用している種類は転職エージェントによって変わるので、連絡がきたときに確認をしておきましょう。

また、面談までに聞きたいことや自分の転職理由や希望条件などをまとめておくと、面接時に忘れず質問することができますよ。

【仕事探し・エントリー】
面談で担当者に希望条件や転職に関する相談などを終えると、担当者やエージェントは仕事探しを始めてくれます。

もちろん、自分でも調べて気になる求人があればその求人について担当者に相談するのも良いので、積極的に探していきましょう。

また、転職エージェントによってはスキルアップのための研修やセミナー、面接対策、履歴書添削などの転職活動に必要なサポート体制が整っています。

入職前に少しでもスキルや知識を身に着けるためにも、このようなサポートを活用して力を身に着けておくのもおすすめです。

働きたいと思える求人が見つかって履歴書を送るなどでエントリーをすると、書類選考が始まります。

また、転職先施設の担当者とのやり取りはエージェントが対応してくれるので手続きなどの手間が省けます。

【面接・内定】
書類が通れば、次は面接です。

転職エージェントによって変わりますが履歴書の書き方や面接時の対応などに対する対策を行っているところもあります。

たとえば、志望動機や自己PRで自分ではわからなかった強みが見えたり、面接官からの質問の答え方に関するアドバイスなどを聞けたりするのです。

面接に対して苦手意識や緊張しがちな方に心強いサポートともいえるので、転職エージェントを選ぶ目安にもなります。

結果もエージェントを通して伝えられて、採用となれば入職までに必要となるものを教わりながら入職準備を進め、不採用となれば新たに求人を探すといった流れになります。

また、入職後もエージェントからのサポートを行ってもらえる転職エージェントがあるので、入職後もフォローしてもらえると安心する方におすすめです。

介護職以外への転職もアリ

これまで介護職への転職について話をしてきましたが、なかには介護職以外の仕事への転職も検討している方もいるかもしれません。

介護職で働いていたけど、環境を変えるだけでは改善されない場合は介護職以外の業界への転職もおすすめです。

介護職におすすめの転職エージェント3社」では、介護職に特化した転職エージェントを紹介しました。

しかし、転職エージェントによっては介護職以外の職種も対応しているところもあるので、別の業界への転職を検討されている方はそういったところを利用するのもおすすめです。

たとえば、介護ワークを運営している人材会社ウィルオブ・ワークは、介護職以外にも営業や接客など幅広い職種に対応しているのでさまざまな働き方から検討できます。

自分に合う働き方を探すためにも、広い視野を持って転職を進めていきましょう。

よくある質問

ここでは、介護職への転職についてよくある質問を紹介していきます。

介護職から別の業界への転職は可能ですか?

可能です。

転職エージェントの場合は、介護職以外の業界も対応しているところであれば、培ってきたスキルを活かした業界への提案をしてくれますよ。

介護職以外への転職については、こちらの「介護職以外への転職もアリ」をご覧ください。

働き始めてもサポートしてもらえますか?

転職エージェントによっては、入職後もサポート体制が続くところもあります。

働いている間もサポートを受けたい方は、登録時に確認してみることをおすすめします。

まとめ

介護の仕事をしていると、「働きづらくて自分に合ってないのかな」「思っていた仕事と違う気がする」などの不安を感じる方もいます。

やりたいと思っていたのにつらいと感じるのは、転職に失敗したからではないかと後悔してしまうことがあります。

そうならないためにも、仕事を探す時点で細かいポイントに気を付けて転職活動をするようにしましょう。

  • 仕事を探すときは自己分析をして希望条件を定める
  • 介護業界の仕事に対する理解を深める
  • 施設を比較して自分に合う勤務体制や待遇のところを選ぶ

また、1人で仕事を探すことが難しい場合は、介護業界に特化した転職エージェントに相談をしながら探すのがおすすめです。

今回紹介した失敗と感じる原因や失敗してしまう人の傾向などを知り、自分が希望する働き方に近づけるような転職活動を目指してくださいね。

介護の転職で失敗したくないなら転職エージェントがおすすめ!

1人で求人を探す方法は自分のペースに合わせて転職活動ができるのですが、施設や仕事に関する情報や自分の今後の働き方を考慮して仕事を決めるのは難しいといえます。

介護ワークでは、介護の現場にくわしいエージェントが仕事探しから入職後までサポートを行っています。介護の仕事が初めての方や経験がある方など、1人ひとりに合わせた仕事の提案ができるので、気になる方は是非一度ご相談ください。

関連記事

介護職の面接でよくある質問やマナーとは?対策のポイントを解説
介護業界はホワイト企業が増えた?業界の実情や優良企業の特徴を解説
介護職のキャリアアップとは?キャリアパスの流れや必要資格など解説
介護士の手取り額と額面給料の平均を紹介!給料アップの方法も解説
介護士が転職するコツとは?おすすめ異業種や活かせるスキルなど紹介

こんな条件の求人が注目されています

  • 高時給/高月給
  • 未経験OK
  • 完全週休2日
  • 時短/扶養内