ユニットケアとは、個室と他の入居者との共有スペースからなる施設です。

10人程度の少人数のユニットに分かれていて、各ユニットに固定配置された顔なじみの介護スタッフが、暮らしをサポートします。

個人の尊厳やペースを尊重することを目的としていて、個別ケアによる効率の良い機能回復が期待できます。

ただし、ユニットケアのなかには、人手不足によるワンオペ介護が常態化している施設も存在し、問題になってきています。働きやすい施設の選び方を確認しておきましょう。

ユニットケアとは?

ユニットケアとは、個室と他の入居者との共有スペースからなる施設のことです。

従来型の介護施設では、4人部屋が主流でした。同じ部屋で複数の入居者が生活しているため、効率よく介護ができるというメリットがありました。しかしながら、プライバシーの確保が難しい面があり、他の入居者がいる空間での、おむつ交換や着替えに不快感を示す利用者も多くいました。

対して、ユニットケアは全室個室です。従来型では配慮するのが難しかった利用者のプライバシーの尊重を叶えることができている点に特徴があります。

ユニット型の利用者は、10人ほどの少人数グループに分かれていて、各ユニットに固定配置された顔なじみの介護スタッフが、暮らしをサポートします。

ユニットケアでは、入居者一人ひとりの個性や生活リズムに応じたサポートを実現できるので、入居者の尊厳やその人らしい介護を受けることが可能です。ただし、その分、入居費用が高いという難点もあります。

ユニットケアの目的

ユニットケアの目的とは、利用者の尊厳を守り、リラックスしてもらうことにあります。

従来型の施設では、入居者一人ひとりの個性や生活リズムが守りにくい傾向にありました。同室の利用者に気を使ってしまって、なかなかベッドから移動したり、家族と会話をしたりしにくい部分があったのです。

しかし、ユニットケアは、個室のため、一人でリラックスできる時間を確保できるうえ、室内でちょっとした運動などもできるので、運動不足や寝たきりを改善も可能です。

さらに、ユニットケアでは、共有スペースがあるので、そのスペースでの交流が生まれやすく、孤独も軽減できる特徴もあります。

ユニットケアは、高齢者の個性やプライバシーを尊厳する目的で設立された施設だといえるでしょう。

ユニットケアで期待できること

ユニットケアで期待できることは、個別ケアによる機能改善です

ユニットケアでは、個室が確保されていて、個々人に応じた支援が可能です。その人にぴったりの科学的根拠に基づいたアプローチを行うことができ、五感を刺激した支援をすることで、認知症の改善も期待できます。

さらに、ユニットケアの施設には、入居者同士が交流するための共同生活室といった共有スペースがあります。そのようなスペースで他者と触れ合うことで、社会性を取り戻すことも期待できるのです。

ユニットケアができる施設

ユニットケアはさまざまな種類の介護施設で提供されています。

まず、特別養護老人ホームと認知症の方のケアを行うグループホームのほとんどは、ユニットケアになっています。

また、最近では介護老人保健施設(老健)や有料老人ホームでもユニットケアを導入する施設が増えていますが、いずれの施設も認知症の方や介護度の重い方を対象にしたところが多いようです。

ユニットケアを行える資格

ユニットケアを行うために、必須の資格はありません。ユニットケアでの仕事は多岐にわたり、多くの介護職員が働いているので、無資格者でもできることも多くあるのです。

ただし、ユニットのリーダーになるには、介護に関する資格を保有していることが条件になります。たとえば、社会福祉専門職の介護に関する国家資格である「介護福祉士」などが必要になるのです。

なお、ユニットリーダーについては、こちらの記事で詳しく解説していますので確認をしてみてください。

【介護職で働く人向け】ユニットケア対応の施設の選び方

ユニットケアは利用者の尊厳を守れるケアの形です。しかしながら、ユニットケアの施設の中には、ユニットケアをコスト削減ができる都合の良い施設形態と認識しているものも存在します。

1人の職員に10人の利用者を相手にさせて、複数の仕事を同時に対応させていることも多いのです。

たとえば、ある利用者の食事の準備をしながら、他の利用者がトイレに行こうとしているのを支援しなくてはならないこともあるのです。

事前に施設見学を行い、その施設には人が足りているのか? 一人で複数の業務を行っていないかをしっかりと確認しておいてください。

【利用者向け】ユニットケアができる施設の選び方

ユニットケアができる施設の選び方は、見学と体験入居をきちんとするということです。

施設を選ぶときは、ついついパンフレットの情報を信じてしまいがちです。しかし、パンフレットはあくまでも「広告」であり、パンフレットに掲載されている情報がすべてではない、ということは理解しておくべきです。

特に、ユニットケアは介護職員の人手が不足していて、その人にふさわしい介護サービスを提供できていないこともあるのです。ユニットケアは、きちんと機能していれば、利用者にとって素晴らしいケアを実現できます

入居前には、きちんと施設見学をするようにして、介護職員がバタバタとしていないか、介護は充実しているかといったことを確認するようにしましょう。

おわりに:ユニットケアに転職するならば、施設の雰囲気を把握しておく

ユニット型の施設は従来型の施設とは違って、個々人の尊厳や生活ペースを守りながら介護ケアができます

利用者側から人気のスタイルということもあり、認知症の方や介護度の重い方を対象にした施設では、ユニットケアが当たり前になりつつあります。

ただし、ユニットケアは人手不足の施設も少なくなく、ワンオペによるユニットケアが常態化している施設もあるのです。ですので、入所するにせよ就職するにせよ、ユニットケアの施設が人手不足に陥っていないかを事前に確認するのが大切になってきます。

ユニットケアができる施設への転職を目指すのならば、転職エージェントの力も借りつつ、雰囲気の良い施設を探してみてください。おすすめの介護の転職・求人サイトは以下でご紹介をしています。

こんな条件の求人が注目されています

  • 高時給/高月給
  • 未経験OK
  • 完全週休2日
  • 時短/扶養内