資格×特徴

「この資格で活かせる職種はなんですか?」
「資格をとったら働けますか?」
よく聞かれる質問を介護ワークが整理します

介護の資格をわかりやすく解説

介護のお仕事は、資格がなくても始められるお仕事ですが、施設の種類によっては、資格がなければ働くことができない施設もあります。 介護の資格を持つことで、働くことができる施設の幅が増えたり、給与があがることがあったりといいことずくしです。キャリアアップのためにも、改めて『介護の資格』について理解しましょう。

介護にも色々資格があるのね!

介護支援専門員都道府県別任用資格

介護支援専門員の資格をとると、ケアマネージャー業務につくことになります。
(*介護支援専門員はケアマネージャーとも呼ばれる)
介護職と比べて求人数は多くありませんが、介護支援専門員の仕事を持っていることで、介護の現場だけではなく、利用者さんのご家族とのかかわりを感じられるなど、違う目線からのお仕事をすることができます。

受験資格

医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、視能訓練士、義肢装具士、歯科衛生士、言語聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、栄養士(管理栄養士)、精神保健福祉士
この内、いずれかの有資格者で、実務経験5年以上(実稼働900日以上)の者
または、生活相談員、相談支援専門員、主任相談支援員などの相談業務の経験が5年以上(実稼働900日以上)ある者

★業務独占
1997年に介護保険法が制定されたことを受け誕生した資格。(第1回試験は98年)
それ以前は相談員(SW)が介護分野も業務の一環として行っていたが、2000年の制度開始と介護分野の専門職として配置された。ただし、ケアプランは、家族が作成し、直接行政窓口に申請することもできる。

介護福祉士国家資格

「社会福祉士及び介護福祉士法」に定められた国家資格。
直接介護を行う介護職のとる資格としては、最上位の資格である。入職時に取得していなくても、受験資格を満たしていて、1年以内の受験意思があれば優遇される場合もある。

受験資格

① 3年以上(実働日数540日以上)介護職に従事しており、介護福祉士実務者研修を修了しているもの

② 介護福祉士養成施設(大学・専門学校等)卒業

★名称独占
1987年に社会福祉士及び介護福祉士法(CSWCW法)が制定されたと同時に誕生した、国家資格。
対象は『身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者に付き』とされ、老人介護のみを示すものではない。

介護福祉士実務者研修認定資格

介護福祉士実務者研修とは、今まであった介護職員基礎研修及びホームヘルパーが一本化された研修です。
この変更により、平成28年度(平成29年1月)の介護福祉士国家試験から、受験資格として実務経験3年に加えて、実務者研修の修了が義務づけられるようになりました。介護福祉士のニーズの高まりにより、介護福祉士実務者研修を修了している人のニーズも高くなっています。

受験資格

どなたでも受験することができます。

介護職に従事するにあたって基本的な介護能力の修得と、医療的ケアに関する知識や技能の習得を目的として2013年に誕生した資格。
※2016年度(第29回)試験より、実務経験ルートで介護福祉士国家試験を受験する際に必須となりました。

介護職員初任者研修認定資格

介護職員初任者研修とは、介護職に就きたい人が取得を目指す基本的な資格です。
この資格があるかないかで、求人数に大きな差があるため、介護のお仕事をするならとっておくべき資格です。

受験資格

どなたでも受験することができます。

2013年4月、介護職員のキャリアパスを明確にするために誕生した資格。
本制度の誕生にともない、訪問介護員養成研修(ホームヘルパー資格)・基礎研は廃止となりました。

移動介護従事者(ガイドヘルパー)都道府県別任用資格

移動介護従事者は、障害を持つ人の外出をサポートするための資格です。
視覚障害や手足の麻痺などで、一人では外出することがむずかしい人の歩行介助や車椅子の介助、さらに外出にともなうさまざまな行動について手助けを行います。

受験資格

どなたでも受験することができます。

1974年ガイドヘルパーに関する制度が発足。 1997年から養成研修がスタート。2003年に施行された支援費制度により、ガイドヘルパーの体制が整えられ、2006年の法改正以降正式名称は移動介護従事者。
支援費制度は、現在は「障がい者自立支援法」と名称が変更されている

精神保険福祉士国家資格

精神保健福祉士は、精神的な障がいと闘う人々とその家族をサポートするための国家資格です。精神病院やメンタルクリニック、総合病院の精神科などの医療機関や、市役所や精神保健福祉センターなどの行政機関、精神障害者福祉ホームなどの生活支援施設などが主な勤務場所になります。

受験資格

①福祉系の大学で指定科目を履修するパターン
②一般の大学・短大を経て一般養成施設に入るパターン
③大学や短大を経ないパターン
これらの大きく3種類があります。

1997年に誕生した、精神保健福祉領域のソーシャルワーカーの国家資格です。
PSWと略称されています。

福祉用具専門相談員認定資格

福祉用具専門相談員は、介護を必要とする人や介護者の要望に応え、心身の状態や障害の度合いに応じて、福祉用具を選定する仕事です。介護施設ではなく、福祉用具貸与・販売事業所での求人が主となります。

受験資格

どなたでも受験することができます。
ただし、介護福祉士、社会福祉士、保健師、看護師/准看護師、理学療法士、作業療法士、義肢装具士の資格を持っていれば、福祉用具専門相談員の業務に従事することができ、資格を取り直す必要はありません。

福祉用具専門相談員は、介護保険の指定を受けた福祉用具貸与・販売事業所では二名以上の配置が義務づけられています。ケアマネージャーと連携をとって業務を進めていく必要があります。

福祉住環境コーディネーター民間資格

介護の現場ではあまり求人がないのが現状です。
どちらかというと、本部勤務、工務店、設計事務所などで新築あるいはリフォーム時の適切なアドバイスが主です。資格も介護職よりは、設計士や建築士がプラスαで取得する場合が多いです。

受験資格

福祉住環境コーディネーターには1級~3級があり、2級と3級はどなたでも受験することができます。1級は、2級を取得していないと受験できません。

1999年から東京商工会議所が開始した民間資格。高齢者や障がい者に対し、快適な住環境を提案する仕事です。単にバリアフリーを推進するのではなく、その方に必要なものをその環境に合うようにアレンジし、アドバイスしていく必要があり、医療・介護両面の多職種との連携が必要になります。

社会福祉士国家資格

社会福祉士は、福祉や医療に関する相談援助に必要な知識があることを証明する国家資格です。
介護施設をはじめとする社会福祉施設や、社会福祉協議会、地域包括支援センターなどが主な勤務場所になります。

受験資格

①福祉系の大学をでる
②短期養成施設等をでる
③一般養成施設などをでる
大きく3種類があります。

1987年に社会福祉士及び介護福祉士法(CSWCW法)が制定されたと同時に誕生した、国家資格。合格率は毎年30%前後を推移しており、福祉職の国家資格の中では最難関の資格の一つ。
送信中です。
ページが切り替わるまで、そのままでお待ちください。