精神保健福祉士とは、国家資格の一つです。精神に障がいを抱えている方が社会や地域に復帰できるように、自立支援を行うのを仕事としています。就職先は多岐にわたり、医療看護の分野だけでなく、さまざまな分野で活躍可能です。ニーズの高い資格なので今後さらに活躍の場は広がるでしょう。資格取得の条件やメリットなどを確認しておきましょう。

精神保健福祉士とは?

まずは、精神保健福祉士の資格に関する概要を確認していきましょう。

精神保健福祉士とは、精神科ソーシャルワーカーの国家資格

精神保健福祉士とは、「精神科ソーシャルワーカー」と呼ばれる専門職のスキルや技能に関する国家資格です。

精神科ソーシャルワーカーとは、精神的な障がいを持つ人が、スムーズに日常生活が行えるようになるための支援を行います。日常生活に必要な会話の練習などを業務内容としているのです。さらに、再び社会に出て、自立していくために、就職支援や就職後の仕事定着サポートなども行います。

ただし、「精神保健福祉士」は国家資格ですが、「名称独占」資格に該当します。資格を持っている人だけが「精神保健福祉士」と名乗れますが、精神科ソーシャルワーカーの業務に関しては「精神保健福祉士」の資格を持っていない人も行うことが可能です。

しかし、資格を持っていたほうが、精神科ソーシャルワーカーとして高く評価されますし、就職もしやすい傾向にあります。

介護職の転職にどう役立つの?

現代の日本は、超高齢化社会に移行しつつあります。高齢者の介護というと、肉体的なケアばかりが注目されがちですが、心のケアも大切です。今までできたことができなくなって鬱になっている高齢者も少なくありません。そのような方々を、精神保健福祉士の資格を持っていれば適切に支えていくことが可能です。

ですから、精神保健福祉士の資格があれば、精神科ソーシャルワーカーとしてだけでなく、心も支えられる介護職員としても活躍できる可能性があるのです。できることが増え、転職に有利になるといえるでしょう。

介護職員はどんな仕事をするのかを確認しておきましょう。
こちらの記事で詳しく紹介しています。ぜひ読んでみてください。

精神保健福祉士を取得するメリット

精神保健福祉士の資格を取得すれば、介護職での転職に役立ちます。それ以外にも以下のようなメリットが存在しているのです。

広く社会から求められる人材になれる

精神保健福祉士は、最近注目を集める資格です。現在の日本は、かなりのストレス社会といわれていて、精神障がいを抱える人は増えてきています。

メンタルヘルスが重要視されはじめていて、雇用者のストレス対策を目的に一般企業や教育機関での雇用が増えてきています。

精神保健系の資格のうち、国家資格なのは精神保健福祉士だけです。そのため、信頼度が高く、専門家として広く社会から求められることになるでしょう。

患者に寄り添えるので仕事にやりがいがある

精神保健福祉士を取れば、心のスペシャリストとして、患者に寄り添うことができます。身につけた知識を活用し、患者が社会復帰するまでの手助けができます。

最初はあまり笑うことができなかった患者が、笑顔で社会復帰していく姿を見られることは、とても幸福で「この仕事についていてよかった」と感じることができるはずです。

人助けが好きな人にとっては、仕事にかなりのやりがいを持てるというメリットがあるといえるでしょう。

自分自身の心にも詳しく学べる


ストレス社会の日本では、いつ誰が心に問題を抱えることになるかわかりません。しかしながら、精神保健福祉士の資格取得のために、精神保健分野について学んでおけば、いざ自分が心に問題を抱えたときに適切な処置をすることができるのです。

自分自身の心の健康のためにも役立ちますし、自分が悩みを抱えた時に気軽に専門家に相談することができるようになるのも大きなメリットといえるでしょう。

精神保健福祉士の資格所持者が活躍できる職場

精神保健福祉士は、思いやりを持っていて、苦しんでいる人を助けて力になりたいと考えている人に向いています。具体的に活躍できる現場や転職のコツを確認していきましょう。

活躍できる職場

精神保健福祉士は、心にハンディのある人がいる職場ならばどこでも活躍できるといえるでしょう。

職場としては、精神科病院・診療所といった「医療機関」、地域活動支援センターやグループホームといった「生活支援サービス」、保健所といった「行政機関」などで活躍できます。

一見すると、精神保健福祉とは関係のないような大企業でも、社員の健康維持のために精神保健福祉士の求人があったりもします。求人はかなり多いといえるでしょう。

実際に働くにはどうしたらいい?資格を活かした転職のコツ

現代の日本では、社会全体が「心の問題」という大きなテーマに取り組んでいっています。そのため、精神保健福祉士の資格保有者の職域は広がっていて、求人がないということは少なくなっています。

将来性は確実にあって、社会的な重要性も高まっている資格です。ですが、闇雲に求人に応募してしまうと、いざ働き始めたときに「自分は子どもの心のケアをしたかったのに」「高齢者の精神支援をしたかったのに」といったように、やりたい業務とのギャップで苦しむ可能性もあるようです。

自分が希望している条件の施設を探すなら、やはり介護職転職のプロにまかせてしまうのが◎。
自分への負担が少なく済むので断然おすすめです。

こちらの記事ではさまざまな転職サポートを紹介しています。ぜひ読んでみてください。

ですから、心のプロとして自分が何をしたいのかをきちんと考え、目標設置をして、安心して働ける職場を探すのが大切といえるでしょう。

精神保健福祉士の資格取得条件と難易度について

精神保健福祉士の資格は、国家資格です。資格取得のための試験には受験資格なども存在しています。詳しく確認していきましょう。

資格取得条件

資格を取得するには、精神保健福祉士の試験に合格する必要があります。試験には受験資格も存在していて、まずは受験資格を取得しておかなくてはならないのです。

受験資格は、まず、保健福祉系の大学を卒業していて指定科目を履修していることがあげられます。また、現在社会福祉士の資格を持っている人の場合は、短期養成施設等で6ヶ月以上勉強することで受験資格を得ることができます。

もしも、福祉系の大学を出ていないならば、一般養成施設等に1年以上通って指定科目を履修するか、保健福祉系のカリキュラムを持った大学に3年次編入することで受験資格を得ることが可能です。

一般養成施設等には夜間コースもありますし、編入する大学には通信部もありますから、社会人でも受験資格を得ることは可能といえるでしょう。

資格取得難易度

精神保健福祉士の試験の合格率は、60%程度とされています。合格の基準は総得点の60%程度を基準としているので、過去問を解いて、その程度の正答率は出せるようにしておきましょう。

資格取得の難易度自体はそれほど難しくはありません。ですから、大学や養成校で学んだことをしっかりと復習して、試験に臨むようにしましょう。

おわりに:心のサポートをしたいならば精神保健福祉士の資格取得を目指そう!

精神保健福祉士は、心にハンディを抱えている人を地域や職場に復帰させて、自立支援をサポートする精神科ソーシャルワーカーのスペシャリストになれる資格です。

国家資格の一つで、受験するには福祉系の大学を出ていたり養成施設等で勉強したりしなくてはなりません。合格率は受験者数の6割ほどで、就職先は多岐にわたります。

ですので、精神保健福祉士の資格を取れば、介護業界などでの転職が有利になるといえるでしょう。誰かの心をサポートしたいならば、ぜひ、取得を目指してみましょう!