社会福祉士とは、福祉の現場において助けを必要としている人を支援する相談援助能力があることを証明してくれる資格です。

資格を取れば、特別養護老人ホームといった介護施設だけでなく、医療機関でも活躍できるようになるので、転職の幅が広がります。

この記事では、社会福祉士資格を取得するメリットや条件を詳しく解説していきます。

社会福祉士とは?

まずは、社会福祉士の資格がどのようなものなのか概要を確認しておきましょう!

社会福祉士とは福祉に関する相談援助能力があることを証立てる資格

社会福祉士とは、福祉の現場において支援を必要とする人の相談にのることができる能力があることを証明する資格のことです。この資格を持っていれば、相談援助職に就くことができます。

相談援助職とは、病気や障害、高齢といった事情があって日常生活を一人で行うことが難しい人の悩みを聞き、その悩みを解決できるサービスや支援を紹介し、問題を解決することを業務とする仕事です。

高齢者介護、障害者支援、生活保護、児童福祉といった福祉分野すべてをカバーし、相談される内容も、介護保険制度、補助金制度、福祉施設の入居など多岐に渡ります。

相談援助職をするには、福祉分野でさまざまな問題を抱える人の悩みを聞き、その人に合う支援やサービスを紹介し、解決に導く必要があります。そのため、社会福祉制度に関する実践的な知識が必要になるのです。加えて、相手の悩みを聞くヒアリング能力や会話力といったコミュニケーション力も必要になります。

これらの知識や力を持っていることを証立ててくれるのが社会福祉士の資格です。

社会福祉士の資格があると相談援助職への転職がしやすくなる

社会福祉士の資格は、社会福祉士は福祉分野で唯一の国家資格です。

ただし、社会福祉士の資格は、業務独占資格(業務を独占的に行うことができる資格)ではありません。そのため、相談援助職の仕事は、社会福祉士の資格がなくても行うことはできます

実際に、社会福祉士の資格を持たずに、障害者支援施設などで相談業務をしている人は多くいます。

しかしながら、社会福祉士の資格を持っていると、相談援助職への転職がしやすくなります。さらに、社会福祉士の資格は、障害、貧困、母子、医療、児童などかなり幅広い分野で活かすことができるので、介護業界だけでなくさまざまな分野で活躍できる可能性が開けるというメリットがあります。

社会福祉士を取得するメリット

社会福祉士は、福祉や医療に関する相談援助の仕事をするために必要なスキルや能力があることを証明する資格です。しかし、社会福祉士の資格がないと相談援助の仕事ができないわけではありません。そのため、メリットはないように誤解されがちですが、実際のところは以下のようなメリットが存在しているのです。

国家資格なので社会的信用性ができる

社会福祉士は、国家資格です。国家資格は、全国どこでも効力を発揮する資格なので、転職のときに、他の応募者よりも優位に立つことができます。

また、相談援助に関する仕事に就いた時も、利用者や施設側から専門家として信頼できると社会的信用を勝ち取ることが可能です。

他職種から信頼される


社会福祉士という資格は、一般の人からの認知度はまだまだ低いです。しかし、医師や看護師といった専門職の人からの認知度は高いです。

ですから、社会福祉士の資格を持っていない相談員の場合は、医師や看護師から信用されないことが多く、意見に反対されることもあるようです。しかし、資格を持っていれば、専門家として医師や看護師からも信頼されて対等に話ができるようになります。

「社会福祉士」の資格を持っていると、肩書があるという自分の自信にもなりますし、意見が通りやすくかなり仕事がしやすくなるのです。

資格手当で給与アップする

社会福祉士の資格は、さまざまな職域で高く評価されます。そのため、公務員や病院の職員といった、介護以外の職に就いたとしても、資格手当がプラスされる可能性があるのです。

社会福祉士の資格を取ることで、特別な仕事に就けるということはありませんが、資格保有者として、将来を有望視され、キャリアアップしていくことができる可能性もあるのです!

社会福祉士の資格所持者が活躍できる職場

社会福祉士の資格所持者は、以下のような職場で相談・援助者として活躍することができます。身体障害者や知的障害者、低所得者など高齢者だけでなくあらゆる年代の方をサポートできるので、活躍の場も多岐に渡っています。

  • 老人ホーム
  • ケアハウス
  • グループホーム
  • 知的障害者福祉施設
  • 身体障害者福祉施設
  • 児童相談所、母子支援施設
  • 病院などの医療機関
  • 保健所
  • 地域包括支援センター

ただし、上記のような職場の相談援助に関する仕事ができるのは、社会福祉士の資格保有者だけではありません。しかし、最近は「社会福祉士の資格を持っている人を雇用したい」と考えている職場は増えています。

ですから、社会福祉士というワードで求人検索すれば、専門性を求める職場を見つけることが可能です。

介護職のエキスパートともいえる転職サポートに相談するのもおすすめです。

さらに、最近では医療・教育・司法・労働といった介護以外の業界でも社会福祉士の資格保有者は求められています! ですから、これらの職場の求人もしっかりと確認するようにすれば、活躍できる職場を見つけることができるでしょう。

社会福祉士の資格取得条件と難易度について

社会福祉士の資格は、国家資格です。そのため、難易度高めで資格取得条件も厳しい傾向にあります。詳しく確認しておきましょう!

資格取得条件

資格を取得するには、年に1回実施される国家試験に合格しなくてはなりません。加えて、試験を受けるには以下の条件のいずれかを満たしておかなくてはならないのです。

  • 福祉系大学で厚生労働大臣が指定する科目を履修していること
  • 厚生労働省の認可を受けた社会福祉士養成施設で1年以上学び指定の科目を履修していること
  • 児童福祉司や身体障害者福祉司などの実務経験を4年以上積み、短期養成施設で6カ月以上学び指定科目を履修していること

受験資格がある方は、申込期間内に受験手続きを行う必要があります。申込の期限は秋ごろ(9月~10月)で、試験日は2月ごろになるようです。

案外難しい?!取得の難易度

資格取得のための、社会福祉士国家試験は難しい傾向にあります。

18科目から150問の問題が出され、240分で問題を解く必要があります。合格ラインは正答率60%程度で、なおかつ18科目群全てで得点しておかなくてはならないのです。

合格率は27%程度ですので、四人に一人程度しか合格していません。福祉系の大学卒業者の方が、養成施設の卒業者より合格者は多くなっています。

国家試験に向けて300時間程度の勉強時間を確保した方がいいとされているので、合格のためには、毎日一時間は過去問を解くなどして勉強をしておく必要があるといえるでしょう。

もしも、資格取得のための勉強時間を自分では取りにくいならば、通信講座などを受けるようにしましょう。

おわりに:社会福祉士は幅広い職種で評価される資格!

社会福祉士の資格を持っていれば、介護業界だけでなく病院や保健所といった別業界でも活躍することができます。ただし、社会福祉士は国家資格なので、資格取得難易度は高めです。

受験資格も厳しく、3割程度の人しか合格できません。300時間程度の勉強をしなくては合格できないとされているので、試験日の一年前から計画を練って、コツコツと勉強をしていくようにしましょう。