突然ですが、介護士の仕事と言えば、どのようなものが思い浮かびますか?

これまで1度でも介護業界に携わった経験がある方なら当然把握していると思いますが、そうでない方であればテレビドラマなどでしか介護業界を覗き見したことがなく、「高齢者の車椅子を押す仕事」程度の認識しかない方もいるかもしれません。

そこでこの記事では、初めて介護職で働く方や、あまり介護の仕事に対する知識がない方向けに現場で働く介護士のリアルな仕事内容をレクチャーしたいと思います。あんな仕事もしたり、あの仕事はできなかったり…。目から鱗の介護士の仕事に迫ります。

介護士の主な仕事とは?

まず介護士とは、介護職に携わるスタッフ全般の俗称です。正式には「介護職員」「ヘルパー」と呼び、国家資格である介護福祉士やケアプラン等を作成するケアマネージャーとは差別化されます。介護職の中ではもっとも身近で挑戦しやすい職種であり、施設によっては無資格未経験からでも働くことができます。

介護士の仕事内容は働く職場によってさまざまですが、基本的には介護施設や利用者様の自宅において、利用者様に向けて介護サービスを提供することが主な仕事となります。下記で詳しく見ていきましょう。

介護士と利用者さんが散歩をしている様子

介護士の仕事内容4つ

介護士の仕事は、利用者様の「身体介護」「生活サポート」「メンタルケア」「相談・アドバイス」の大きく4つがあります。立場によってできることとできないことがあるのが大きなポイントです。

身体介護

身体介護とは、介護が必要な利用者の身体に触れて行う介護サービスのことを指します。ある程度の専門的な知識やスキルが必要となってきます。

具体的には、入浴・食事・排泄・おむつ交換・着替えのサポートといった日常生活に関するもの。服薬介助やたんの吸引、経管栄養の管理といった医療分野のケアがあります。この他にも、通常の食事ができない方に対して流動食を作ったりするのも身体介護に含まれます。

利用者の状況をしっかりと見極めて、適切なケアを行うことが必要になります。

なお、これらの業務は、介護施設や介護事業所においては無資格でも行えますが、訪問介護においては「介護職員初任者研修」以上の資格がないと行うことはできません。

介護職員初任者研修についてはこちらの記事でご覧いただけます。資格取得の参考にぜひあわせてご覧ください。

生活サポート

生活サポートとは、利用者の代わりに生活に必要な家事などを行うサービスのことです。

部屋の掃除や洗濯、食事の支度など、利用者の身の回りのお世話をします。この際には、介護士の視点を大切にし、怪我につながりかねない障害物を排除する掃除などを行います。

利用者の身体に直接触れることがないので特に資格は必要なく、訪問介護でも行うことができます。なお、介護保険が適用されるサービスのため、利用者本人の生活に直接関係のない「特別料理の提供」や「ペットの散歩」など適用外のサービスは仕事内容に含まれません。

利用者の生活スペースの掃除や薬の受取代行、見守りなどが主な仕事になるといえるでしょう。

メンタルケア

利用者の心のケアの一環として、話し相手になったり集団でレクリエーションを催したりします。例えば、利用者と一緒に工作したりゲームをしたり、施設によってさまざまな取り組みを実施しています。こうしたコミュニケーションを通じて、利用者との距離を縮めることもできます。

また、訪問介護の場合は、引きこもりがちな高齢者の外出支援を行ってリフレッシュしてもらったりもします。高齢者の孤立感やストレスを軽減するために、声をかけたり家族へ助言をしたりします。

相談・アドバイス

利用者本人やそのご家族からの相談を受けたり、アドバイスをしたりします。介護の方針や自宅での介護におけるアドバイスなど、介護分野における知識を元に行います。

訪問介護の場合は、居住スペースに危険な段差などがあれば、それをなくすように指導したり簡単な対処を行ったりします。

介護は利用者だけでなく、家族の方のストレスにもつながります。負担軽減のためにあらゆる対処をしていくのが仕事だといえるでしょう。

介護士が利用者さんとその家族の相談にのっているイメージ

介護士の一日のタイムスケジュール例

介護士の勤務時間は施設によって異なりますが、フルタイムの場合は基本的に実働8時間、休憩1時間というのが多いようです(夜勤除く)。ここでは、通所介護サービス(デイサービス)で働く介護士の一般的な1日の仕事の流れを紹介します。

9:00 送迎の準備&利用者様の自宅にお迎え
※施設によっては専属のドライバーがいることもあるが、そうでない場合は介護士が運転することもあり

9:30 施設で利用者様の受け入れ
※健康チェック(血圧・脈拍・体温)、お茶出し

10:30 入浴介助~レクリエーション
※利用者様が入浴する順番を決めて、風呂に誘導。髪の毛や体を洗う。そのほかの時間は各種趣味活動などを実施

12:00 昼食の介助~休養
※食事の介助ほか、食事後には服薬介助や口腔ケアも行う

14:00 体操、レクリエーション
※各種ゲームや歌、散歩などを実施。この時間に介護記録を作成することも

15:00 お茶・おやつ、歓談

16:30 送迎準備&利用者様を自宅までお見送り

17:30 施設の清掃、翌日の受け入れ準備、ミーティングなど

施設(サービス)ごとの仕事紹介

介護士の仕事は、働く施設(提供する介護サービス)の形態ごとに異なることは前述の通りです。とくに代表的なのは「通所サービス」「入所サービス」「訪問サービス」の3つ。それぞれにおける介護士の仕事内容を紹介します。

通所サービスでの仕事内容

普段自宅で生活している高齢者が施設に通い、日帰りで介護・リハビリを受けるサービスです。こうしたサービスを提供する施設のことを、「デイサービス」や「デイケア」とも呼びます。

介護士は、朝のお迎えから夕方の見送りまでの間に、食事や入浴、排泄の介助のほか、機能訓練やレクリエーションなどのサービスを提供します。

通所サービスの利用者は要介護度が低いことがほとんどで、活気に溢れています。そのため、レクリエーションや会話などで周囲を盛り上げることも介護士の仕事のひとつです。

高齢者は日常生活で孤立してしまいがちです。そのような利用者が施設に集まることで、高齢者同士の会話を楽しむことができます。通所サービスの施設とは、利用者に介護サービスを提供するだけでなく、孤独感の解消といったメンタル面でのケアを担う施設でもあるのです。

利用者同士の会話を促進したりしつつ、利用者の性格やその日の気分や体調といったことを見守りつつ、臨機応変に対応していきます。介護能力だけでなく、コミュニケーション能力もある介護職員が求められる現場です。

高齢者と話したり何かをしたりするのが好きな人に向いています。さらに、通所サービスは基本的に夜勤がないため体調管理もしやすいですが、中には利用者がそのまま宿泊できる「お泊りデイサービス」を実施しているところもあり、そうした施設では夜勤が発生します。どうしても夜勤がNGという方は、事前にしっかりと確認しておくようにしましょう。

入所サービスでの仕事内容

入所サービスを実施しているのは、所謂老人ホームと呼ばれている施設です。「特別養護老人ホーム」「介護老人保健施設」「有料老人ホーム」「グループホーム」などの種類があり、利用者は施設に入居して介護サービスを受けるため、施設は24時間365日オープンしています。そのため、シフトによっては夜勤も担当します。

仕事内容は、食事や入浴、排泄介助といった身体的な介護やレクリエーションなどを通した精神面のケアを行います。

老人ホームにおいては手厚いサポートを要する利用者が大半で、介護士の仕事内容は身体介護が中心となります。ただし、民間企業が運営している「有料老人ホーム」は要介護レベルでなくても入居できるため心身共に元気な高齢者が多く身体介助も少ないのが特徴です。そうした施設では、介護というよりもサービスの向上に注力することになります。

特別養護老人ホーム(特養)と介護老人保健施設(老健)の働き方については「特養と老健どちらが働きやすい?介護医療院はどう?失敗しない介護の転職先とメリット・デメリットを解説」にて詳しくご紹介しています。

訪問サービスでの仕事内容

訪問サービスにおける介護士の仕事は、利用者の自宅を訪ねて介護サービスを提供することです。こうしたスタイルで働く介護士を、ホームヘルパーとも呼びます。基本的にはひとりで訪問して介護サービスを提供するため、「介護職員初任者研修」以上の資格を保有していなければ身体介助を行うことはできません。

仕事内容は、食事や入浴の介助を通した生活の援助。たんの吸引といった医療的なケアも行います。糖尿病食といった特別な食事の調理などを行うこともあるので、専門的スキルや資格が必要です。

無資格の場合は料理や部屋の掃除、通院の付き添いといった「生活サポート」の仕事がメインとなります。

「通い」「宿泊」「訪問」の3つのサービスでサポートする小規模多機能型居宅介護(ショウタキ)

それぞれご紹介した3つのサービスを、ご利用者様のご要望に応じて対応する、小規模な介護施設「小規模多機能型居宅介護」があります。
小規模なので、利用者様の人数制限等が設けられています。詳しくは「小規模多機能型居宅介護の仕事内容とは?介護士がショウタキで働くメリットをご紹介」をご覧ください。

【番外編】病院での仕事内容

あまり知られていないかもしれませんが、介護士が活躍する現場のひとつとして、病院もあります。病院内で介護士が行うのは、主に看護師の補助、入院患者様の身の回りのお世話になります。仕事内容は、身体介助と入院中の生活サポートに加え、カルテ整理や医療器具の管理など多岐にわたります。

医療の現場が職場となるため、介護に加え医療の知識も身につけたい方にはぴったりです。施設によっては無資格未経験の方も受け入れているので、これから介護や医療を学びたいという方には特におすすめです。

介護職を経験してみませんか?

かつて介護職は3K(「きつい」「汚い」「危険」)の代名詞的な職業とされ、あまり関わりたくない仕事、とされていた時代がありました。また、「誰でもできる仕事」「AIの導入により介護士は必要がなくなる」なんて誤解も…。

そのため、介護の仕事をしたくないと考えている方も多いでしょう。確かに、介護の現場に問題があった時代もありました。しかしながら、今では労働環境も改善を見せるとともに、まだまだ人間にしか対応できない仕事がたくさんあるのが現状です。

先入観に惑わされずに、介護の現場に飛び込めば「全然問題のない仕事じゃないか!」と驚く可能性も高いです。まずはお試しと考えて飛び込んでみるのが大切。

さらに、介護は仕事を通して得られるものが多い仕事でもあるのです。介護職を否定的にみる方の中には、「高齢の方とずっと過ごすのはつまらなさそう」と思っている方が多いようです。

しかし、高齢者は心の余裕がある方が多く、人生経験も豊富なのでさまざまなことを知っています。

そんな高齢者の方と接することで、若い世代と過ごすばかりでは得られない「生活の知恵」や「人生哲学」を得ることもできるでしょう。実際、介護職の多くの方が「高齢者と接するのは楽しい」と語っています。

介護職は、無資格未経験、しかも性別や年齢、経歴を問わず挑戦でき、今後さらに深刻さを増す超高齢化社会においても必要不可欠な存在です。しかもパートや派遣の求人も多く、多様な働き方を選択することも大きな特徴です。

誰しも何かしらの形で対峙する介護の世界。もしもこの仕事に興味があるのなら、まずは飛び込んでみてはいかがでしょうか。そのファーストステップとして、無資格未経験からでも挑戦できる職場はおすすめです。近年の介護求人には、「職場見学OK」「お試し勤務OK」なんて案件もスタンダードになってきました。まずは気楽な気持ちで挑戦してみても問題はありません! あなたのそのステップが、介護とご自身の世界を変えるかもしれませんよ。

介護士の転職先・求人情報

介護職員の求人情報をみてみましょう。
(※2020/11現在の情報です。情報は変わる可能性があります。)

有料老人ホームの介護職員の求人

パートの求人です。週3日から勤務OKの有料老人ホームのケアスタッフを募集しています。主なお仕事は、介護職員・ホームヘルパー業務全般です。働きながらスキルも身につく環境です。雇用保険や健康保険などもしっかり加入できます。
時給は930円~。

有料老人ホームでのケアスタッフ求人

正社員の求人です。残業少なめの職場でオンオフしっかりわけて働けます。応募資格は、介護福祉士、実務者研修、初任者研修、介護職員基礎研修、ヘルパー1級、ヘルパー2級です。主なお仕事内容は、介護職員・ホームヘルパー業務全般です。月給は209,000円~で、賞与は年2回あります。各種手当ても手厚いのでおすすめの職場です。

介護職員の最新の求人はこちらからご覧ください。

無資格未経験からでもOKな介護士の仕事は良いことずくめ

介護士と利用者さんが微笑んでいる様子

介護士の仕事は、確かにきつい側面も存在しますが、それ以上にやりがいがあり社会に貢献できる仕事であることを理解していただけたのではないでしょうか。これから介護職を志す方はぜひ本記事を参考にして検討してみてくださいね。