介護士が活躍する舞台は、星の数ほどあります。そして超高齢化社会の到来により、今後もその舞台は拡大していくことでしょう。

しかしながら2020年は新型コロナウイルスの影響で、感染リスクの高い介護業界においては離職率が高くなり、人手不足がますます深刻化しています。いわゆる売り手市場の今だからこそ、慎重に、確実に、転職を成功させたいものです。

そこで今回は、介護士の転職先として人気の特別養護老人ホーム(特養)と介護老人保健施設(老健)をクローズアップ。双方の特徴や働くメリット・デメリットなどを比較してみました。

特別養護老人ホーム(特養)とは?

特別養護老人ホーム(特養)は、社会福祉法人や地方自治体が運営する公的な入居型介護保険施設です。多床室が主流の「従来型」と、個室もしくは準個室の「ユニット型」があり、2002年にユニット型が制度化されて以降、ユニット型がスタンダードになりつつあります。

特別養護老人ホーム(特養)とは、

  • 公的な入居型介護保険施設
  • ユニット型がスタンダード
  • 費用が安い
  • 介護士は利用者様の終末ケアや看取りも行う
  • 月給ではどの施設(形態)よりも高い

施設の特徴

主な入居対象は65歳以上かつ要介護3以上で、在宅での生活が困難な高齢者となっているのが特徴です。終身介護サービスを提供することから、利用者様にとっては終の棲家ともなります。公的施設のため比較的費用が安く、地域によっては入居待ちということもあります。

数人で相部屋を使用する従来型は食堂やリビングなどの共用部分においても大人数で使用する一方、個室のユニット型は共有部分も最大10人のユニットで使用します。ユニット型の方が個人のプライバシーを確保できるとともに、限られたメンバーやスタッフと家族感覚で過ごすことができるのが特徴です。

特別養護老人ホームのイメージ

主な仕事内容

身体介助(歩行・食事・入浴・排泄など)を中心に、生活支援、健康管理、緊急時の対応、レクリエーション・イベントの企画などを行います。もっとも大きな特徴は、利用者様の終末ケアや看取りも行うことです。

従来型とユニット型で異なるのは、従来型が大勢の利用者様を大勢のスタッフでケアすることに対して、ユニット型はユニット内のメンバー(利用者様)を限られたスタッフでケアすることです。そのため後者は一人ひとりの状態把握もしやすく、きめ細かいサポートが可能です。ただし、介護職員1人当たりの負担は前者よりも大きくなります。

平均給与

厚生労働省が発表した「平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果(※)」によると、特養で常勤で働く介護職員の平成30年度平均給与(基本給+手当+一時金)は332,260円。月給ではどの施設(形態)よりも高い金額となっています。この背景には、夜勤手当が大きく関係していると考えられます。

なお、従来型とユニット型で比較すると、従来型の方が手厚い賞与をもらうケースが多く年収は高い傾向にあるようです。

(※)https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000202420_00018.html(資料3 平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果(案)115ページより)

働きやすさと特養ならではの大変さ

働きやすい点のひとつに、日中は看護師が常駐しているため医療面であまり負荷がないことが挙げられます。また、従来型の場合は、複数のスタッフでケアするため分からないことも聞きやすく助け合いながら業務を行うことができるので、未経験者でも安心して働くことができるでしょう。

一方で大変さは、介護度が高い利用者様が多く身体介助がメインとなるため、身体への負担が大きいことです。また、施設の特性上、夜勤が避けられないことも大変さにつながっているようです。

働くために必要な資格やスキル

特養で働くには基本的に資格不要です。しかしながら、特養は介護度の高い利用者が多いので、介護全般の知識や技術が必要とされます。ですので、介護の基礎的なスキルを持っている証拠となる「介護職員初任者研修」や医療的ケアもできる人に与えられる「実務者研修」などの資格があるとよいでしょう。

さらに、国家資格の「介護福祉士」の資格を持っていると、介護業務だけでなく現場のチームリーダーとして活躍可能です。

また、特養はケアする利用者の数が多く、夜勤もあるので体力スキルが必要になることをおさえておきましょう。

特養に向いている人

看取りの対応もあることから、何事にも動じない強さと優しさを持った方が望ましいです。また、介護技術を磨きたい方、安定した収入を望む方、体力に自信がある方も特養向きと言えます。

特養で働くメリットとデメリット

メリット

公的施設のため倒産のリスクが低く、安心・安定して働ける点は大きなメリットです。また、要介護度が高い利用者様が多いので、おのずと介護技術が向上します。その結果キャリアアップにもつながるし、転職の際にも特養での就業経験は一目置かれることでしょう。

デメリット

一方でデメリットは、看取りまで行うため、介護経験が浅い方は精神的な負担を強いられるかもしれないことです。また、大規模な施設になるとどうしてもケアが機械的・画一的になってしまい、人によっては向上心がダウンしてしまうこともデメリットのひとつかもしれません。

特養への転職のコツ

特養は、要介護度3以上の高齢者が入所している施設です。看取りを行うこともある施設ですので、いずれの特養も介護技術が高い人を求めています

この点をしっかりとおさえて、自分の介護スキルや実務経験をアピールしていくことが転職のコツとなるでしょう。

福祉施設での実務経験があるならば、自分がどのような業務に携わってきていて、職場にどの程度貢献をしたかなど、履歴書や面接でアピールするようにしましょう。

さらに、資格を保有していたり福祉の専門学校を卒業しているなら、そのことは必ず伝えるようにして、専門的知識を持っていることをアピールするのが大切です

特養の転職のしやすさ

介護業界は、人手不足が深刻な業界です。比較的就職しやすい業界とされていますが、特養は転職難易度が高めです・

特養の利用者の大半は、要介護度3以上です。介護スキルの高い人でなくては、特養のスタッフはつとまりません

面接官の質問内容が理解できず、とんちんかんな返答をしてしまうと、「スキル不足」とみなされて落ちてしまうケースも多いようです。ある程度、スキルがなくては転職が難しい職場だといえるでしょう。

介護老人保健施設(老健)とは?

介護老人保健施設(老健)は、医療法人もしくは社会福祉法人が運営する入居型の介護施設です。病院と自宅の中間的な施設として機能し、リハビリ等を通じて利用者様が在宅復帰することを目的としています。特養同様、「従来型」と「ユニット型」があります。

介護老人保健施設(老健)とは、

  • 入居型の介護施設
  • 在宅復帰を目指す施設
  • 医療的ケアとリハビリがメイン
  • 元気な利用者様も多め
  • 介護士は身体的負担はかからない傾向

老健へ転職するためのコツ

老健の利用者が抱える病気や症状はさまざまです。しかし、その病気は回復が絶望的なものではありません。特養とは違って、看取りを行わずに在宅復帰を目指す施設です。

このような施設ですから、病を抱える高齢者を支えつつ、介護を学びたい姿勢をアピールするとスムーズに転職ができます。高齢者の介護を行いつつ、多くの介護ケアを学びたい、という姿勢を前面に出すようにしましょう。

さらに、老健は在宅復帰を目指す施設ですから、「在宅復帰を支える存在になりたい」という希望を伝えることも大切です

逆に、「在宅復帰を支援することなく、長期間施設内で利用者と関わりたい」といったフレーズを言葉にすると、老健を理解していないと思われて不採用になる可能性もあるので注意しましょう。

老健の転職のしやすさ

老健は、在宅復帰を目指す利用者が入居する施設ですから、比較的元気な利用者も多くいます。寝たきりの利用者も少ないので、介護業界未経験でも活躍できます。転職の難易度自体は高いですが、ある意味転職しやすい施設といえるでしょう。

しかし、利用者の入れ替わりも多いです。一人の利用者にとことん向き合いたい人には不向きな部分もあります。

リハビリや機能回復、チームケアが大切な業務になるので、これらの業務に興味がない人には向きません。

老健で活躍するには向き不向きがあるので、「協調性に欠けている」「在宅復帰に理解がない」といった点がある人は、なかなか採用されない傾向にあるようです。

施設の特徴

在宅復帰を目指す施設のため、医療的ケアとリハビリがメインのサービス内容となっており、それ用の人員体制や設備が整っているのが最大の特徴です。老健では、利用者様1人につき週2回以上のリハビリを行うことが定められています。

長期に渡り居住させることを目的としていないことから、利用者様の入所期間にも原則3カ月の制限があります。そのため、特養の入居待ちのような事態はほとんどありません。65歳以上であれば要介護度1から入所でき、元気な利用者様も多めです。

介護老人保健施設のイメージ

主な仕事内容

利用者様のリハビリに重点を置いた介護を中心に、身体介助や生活援助などを利用者様本人の容態に合わせて行います。要介護度が低い利用者様が多いことから、特養よりも身体的負担はかからない傾向にあります。なお、リハビリが主体のため、レクリエーションやイベントなどは必要最低限となっています。

平均給与

前述の「平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果(※)」によると、常勤で働く老健の介護職員の平成30年度平均給与(基本給+手当+一時金)は317,350円となっています。

働くために必要な資格やスキル

老健も働くために必須の資格はありません。しかし、特養と同様に「介護職員初任者研修」「実務者研修」「介護福祉士」の資格があると、介護職員としての仕事の幅が広がります。

さらに、介護サービスを計画する「ケアマネージャー」や関係者との連絡や調整を行う「社会福祉士」の資格があると、支援相談員やケアマネージャー、管理者へのキャリアアップも目指すことができるようになりますので、取得を目指しましょう。

また、老健の入所者は、原則3~6ヶ月程度の一定期間で退去することが前提なっているので、さまざまな人の特徴をつかんで対応する、臨機応変のスキルが必要になるといえそうです。

働きやすさと老健ならではの大変さ

医師や看護師など医療従事者の人員配置が手厚いため、安心して介護業務に取り組むことができ、緊急時もスムーズに対応できます。また、利用者様の回復が前提の施設で看取りがないことから、精神的な負担も少なくて済みます。

大変さには、入所期間に制限があるため人の入れ替わりが激しく、書類の更新や状態把握に手間がかかってしまうことが挙げられます。特養同様、シフトによっては夜勤が発生することもあるので不慣れな方にとっては大変に感じるでしょう。

老健に向いている人

リハビリや機能回復、チームケアについて学びたい方にとっては、成長できる絶好の職場です。給与、福利厚生が充実しているので、安定して高収入を得たい人にも○。

老健で働くメリットとデメリット

メリット

施設内には医師や看護師のほかリハビリや栄養学のプロがいるため、医療知識をはじめ、さまざまな知識が身につきます。また、多くの症例に携われることもメリットのひとつです。利用者様が在宅復帰を実現した際には、大きな励みになることでしょう。

デメリット

デメリットは、介護よりも医療の要素が強い現場であることです。環境に慣れないうちは戸惑いを感じてしまうかもしれません。

特養と老健の転職先・求人情報

介護職員・ホームヘルパーの求人情報をみてみましょう。
(※2020/11現在の情報です。情報は変わる可能性があります。)

デイサービスのケアスタッフの求人

正社員の求人です。資格所持は不問です。デイサービスでの介護職員・ホームヘルパー業務全般が主なお仕事内容です。雇用保険なども完備しています。月給は25万円~。資格手当は5,000円~15,000円がつきます。

有料老人ホームのケアスタッフ求人

正社員の求人です。無資格から働けます。利用者さまの身体介助や身の回りのお世話が主なお仕事です。月給は16.3万円~。健康保険や雇用保険等も完備しています。また、資格手当は3,000円~7,000円がつきます。

介護職員の最新の求人はこちらからご覧ください。

【番外編】介護医療院

リハビリを目的とした老健に特養の生活機能を追加し、2018年に新設されたのが「介護医療院」です。2023年度末で廃止が決定している「介護療養型医療施設」に代わる施設として発足しました。これにより利用者様は、医療的なケア+生活全般の介護サービスを享受しながら無期限に、最期まで生活できるようになり、選択肢が増えました。

ここで介護士が担当するのは、食事や入浴、排泄、レクリエーションなど、日常生活全般の介助となります。終末ケアや看取りにも対応します。

介護医療院は創設からまだ日が浅いので世間的な認知度も低く、施設数も限られているのが現状です。しかしながら、その開設は確実に増加傾向にあります。今後、介護医療院の需要はますます高くなると見込まれているため、興味のある方はまだ施設数が少ない今のうちからチェックしてみてはいかがでしょうか。そうした現場で経験を積み、介護の知識&スキルと医療やリハビリの知識を身につけることはキャリアアップにもつながります。

結局、特養と老健働くならどっちがいいんだろう…?

特養と老健についてご紹介してきました。2つは似たような介護の施設です。しかしながら、業務や役割が異なりますし、働く個人の性格による向き不向きもあるので、簡単にどっちがいいかは比較できないのです。大切なのは、自分がしたいことを知ることです。

特養は、身体介護が主になるので、体力に自信がある人に向いています。また、入所者と長期間向き合うことになるので、利用者とじっくり向き合いたい性格の人はやりがいを感じられるでしょう。

一方、老健は利用者の入れ替わりが激しいので、すぐに誰とでも親しくなれるコミュニケーション能力のある人に向いています。また、医学や看護やリハビリの知識や技術を学ぶことができるので、いろいろな知識を得たい人はやりがいを感じるはずです。

まずは、自分の性格や伸ばしたいスキルなどを考えてみましょう。もしも、自分の性格がわからないなら、エージェントに相談するのもおすすめです。

介護の転職サポートサイトやエージェントはこちらで詳しく解説していますので、確認してみてください。

介護士の転職で失敗しないための秘訣

介護士の転職で失敗しないためには、数多ある施設(サービス)の特徴や違いを把握し、自分に適した施設(サービス)を見極めることが重要です。労働環境や処遇がだいぶ改善されてきたとは言え、介護職は元祖「3K(きつい、汚い、危険)」の職種です。一歩間違えるとブラックだった…なんてことも人事ではありません。

施設(サービス)を見極める手段としては、介護専門の転職エージェントを利用することがもっとも確実で効率的です。なぜなら、介護専門の転職エージェントは業界だけではなく、各職場の内部情報にも精通しているからです。非公開求人も多く保有しているし、しっかりとカウンセリングして希望を聞いてくれた上でぴったりの案件を無料で紹介してくれるので、転職活動にかける時間や労力も大幅に軽減できます。また、転職後のミスマッチも防ぐことができますよ。

「自力で転職先を探したい」という方なら、できる限りの情報収集を怠らないようにしましょう。お目当ての求人が見つかったら、最低でもインターネットの口コミを調べる、待遇やメリット・デメリットの比較はマストです。パートや派遣からの就業や職場見学がOKという施設もあるので、上手に利用するようにしてください。

介護士転職成功の第一歩は、「役割を知る」ことから

介護士と利用者さんがストレッチをしている様子

今回の記事では、介護士の転職先として特にメジャーである「特養」と「老健」をピックアップしてお届けしました。何かと混同されやすいこの2つの施設ですが、役割や特徴の違いが明確になれば自ずと自分が進むべき道が見えてくるはずです。

今後ますます高齢化社会が進行することから、介護士には転職先を選ぶ権利が十分にあります。どうぞ妥協せず、納得がいく転職を実現させてくださいね。