作業療法士とは、病気やケガによって日常生活を送ることが難しくなった人に対し、「作業」を通じて、失った能力が回復するよう支援する専門職です。

介護の現場では、老人保健施設や特別養護老人ホームで活躍しています。もちろん、介護の現場だけでなく、身体障がい者療護施設や重症心身障がい児施設などでも活躍可能な資格です。この記事では、作業療法士について、介護転職にどう役立つのか、取得するにはどうすればいいのかといったことを徹底解説していきます!

作業療法士とは?

まずは、作業療法士がどのような資格で介護の転職でどう役立つのかといった概要を確認しておきましょう。

作業療法士とは「作業」を通じて回復支援を行う仕事

作業療法士とは、「理学療法士及び作業療法士法」にもとづく国家資格で、OT(Occupational Therapist)という略号で呼ばれることもあります。

理学療法士の国家資格についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。
あわせて読んでみてください。

加齢やケガによって、心身にハンディができてしまった人に対して、「作業」を通じて、日常復帰できるように支援していきます。なお、「作業」と聞くと、多くの人は細かい手作業や手芸を思い浮かべることでしょう。

しかし、介護における「作業」とは、食事や着替え、家事や仕事といった日常生活に関わるすべての活動のことを意味します。ですので、作業療法士の行う「作業」には、着替えといった日常動作が多く含まれています。

また、作業療法士は、「高次脳機能の向上」といったサポートも行っていて、大勢でのレクリエーションなどを通じて、感情表現発達の補助もしているのです。

作業療法士は、対象となる患者が、日常生活や社会生活をもう一度再建できるように心身機能の回復を促し、自分らしく生き生きとした生活を送ることができるように、サポートしていく大切な仕事といえるでしょう。

介護業界では作業療法士の需要が高いので転職に役立つ!

作業療法士は、日常復帰を目指す心身障がい者がいる現場ならば、どこでも活躍できます。しかしながら、高齢化社会を背景に、介護の現場での需要が加速度的に高まってきている資格でもあるのです。

作業療法の目的は、心身に障がいがある方が日常生活を送るのに必要な能力を回復させることにあります。近年、介護の必要な高齢者の多くが食事やトイレ、外出といった日常的な行為を自分で行えるようになりたいと考えています。

このような背景から、作業療法士がいて作業療法によるリハビリが受けられる老人ホームへの入所希望者が増えつつあるのです。老人ホームの中には、新たに作業療法士を採用して、リハビリサービスの充実を図りたいと考えている施設もありますから、今後、活躍の場が広がることが予想できます。需要が高いので、持っていればかなり転職で有利になるといえるでしょう。

作業療法士を取得するメリット

作業療法士の資格があれば、介護での転職が有利になります。それ以外にも以下のようなメリットが存在しています。

作業療法士は国家資格なので信頼性抜群!

作業療法士は、国家試験に合格して得られる国家資格です。国家資格はどれも専門性を必要とするので、社会的に信頼のおける資格と考えられています。

仮に作業療法士の仕事に就かなかったとしても、「リハビリの専門家」として患者や勤務先のスタッフから信頼できる人と見なされるでしょう。

また、作業療法士の仕事に就いた場合も、作業療法によるリハビリの専門家として、看護師や医師と対等に話し合うことができるといえるのです。

仕事の内容にやりがいがある!

作業療法士は、受け持ちの患者が社会復帰できるように手伝うのが仕事です。日々のリハビリだけでなく、レクリエーションなどによる精神的ケアも行って、患者を支えていきます。

受け持ちの患者が、家庭や職場で活躍していく様子を見ることができるので、やりがいを感じることができます。

さらに、患者との間に信頼感も生まれ、家族や周りの人から感謝されることも多いです。仕事をしていて、楽しいと感じることができるメリットがあります。

介護以外の分野でも活躍できる!

作業療法士は、介護施設や病院でリハビリを行う以外にも、さまざまな職場で活躍できます。特別支援学校や普通の小中学校の障がい児クラスなど、幅広い分野でもケアができます。

近年は、多様性が重視されるようになっていて、心身に障がいを持っていてもその人らしく生活できるように社会全体で支えていくことが課題となってきています。そのため、作業療法士の働く場所は以前より広がり、多くの人たちから必要とされてきているといえるでしょう。

作業療法士の資格所持者が活躍できる職場

作業療法士は、誰かの支援をしたい!と考えていたり、介護業界で長く働いていて高齢者が自分でいろんなことができるように支援したい!と考えている人におすすめです。作業療法士が活躍できる職場や資格を活用した転職のコツなどを確認しておきましょう。

作業療法士が活躍できる職場

作業療法士が活躍できる職場は多岐にわたり、4分野に大きくわけることが可能です。

  • 身体障がい領域
    総合病院、大学病院、リハビリテーションセンター、保健所、保健センターなど
  • 精神障がい領域
    精神科病院、メンタルクリニック、精神障碍者支援センターなど
  • 老年期障がい領域
    リハビリテーションセンター、老人保護施設、在宅介護支援センター、訪問看護ステーション、訪問リハビリテーションなど
  • 発達障がい領域
    小児病院、発達障碍児支援センター、幼稚園、保育所、児童デイサービスなど

これらの中でも圧倒的に作業療法士の数が多いのが、「身体障がい領域」を扱う総合病院などです。また、高齢化社会の進行に伴って、「老年期障がい領域」を扱う老人保護施設などの求人も増えていっています。

資格を活かした転職のコツ

作業療法士を求める職場は増えてきています。ですから、転職の際に、「資格を活かせる求人がない!」と不満を持つことはないでしょう。

ただし、作業療法士はさまざまな分野で活躍できる資格です。ですから、「どのようなことをする作業療法士になりたいのか」ということをきちんと考えておかないと、たくさんの求人の前で途方に暮れてしまう可能性もあります。

自分ひとりで求人を探したり、決めたりするのはなかなか苦労するものなので、介護職に特化した転職サービスに相談するのが一番効率もよいです。
決められない、どうしよう…!と頭を抱えてしまう前に、相談してみてはいかがでしょうか?

こちらの記事では、現役介護士がおすすめの転職サービスを紹介しています。
ぜひお役立てください。

作業療法士の分野や領域に注目し、「自分はどんな患者さんのためにどんな支援をしたいのか」を事前に考えておくのが、転職成功のコツです。

作業療法士の資格取得条件と難易度について

作業療法士は、作業療法士国家試験に合格しなくてはなりません。難易度などを確認しておきましょう。

受験資格取得条件

作業療法士国家試験を受験するには、受験資格を満たしておかなくてはなりません

条件は、国または都道府県の指定する養成校で3年以上学び、所定の単位を取得することです。

養成校には夜間部なども存在しているので、社会人でも働きながら受験資格を得ることが可能といえます。

作業療法士試験は、マークシート形式で、基礎知識を問う「一般問題」160問と、より実践的な知識を問う「実地問題」40問の2種類で構成されています。試験時間は、午前と午後にそれぞれ2時間40分ずつで、丸一日かけて行われます。集中力の持続なども大切になってくるといえるでしょう。

案外難しい?!取得の難易度

作業療法士試験の合格率は、70%~80%前後というかなり高い水準で推移しています。ですから、取得の難易度はそれほど高くはないといえるでしょう。

3年間、養成校での授業をしっかりと受けて、予習復習をしておけば合格を勝ち取ることが可能です。

ただし、養成校の中には、合格者数実績を維持するために、成績の悪い学生は受験させないということもあるようです。ですから、養成校選びはきちんとするようにし、評判の悪い学校は避けましょう!

おわりに:作業療法士は介護転職に有利でやりがいも抜群!

作業療法士は、「作業」を通して患者が日常生活に復帰するのを支援することができます。

作業療法士になるには、作業療法士の養成校を卒業しなくてはならないので取得までは大変です。

しかし、資格を取得できれば、社会的な信頼性を得ることができますし、日々の業務にやりがいを感じることもできるでしょう。資格を取得するまでは、大変かもしれませんが、養成校の勉強をきちんとし、予習復習をコツコツすることが大切です。