簡単60秒 無料求人状況問い合わせ
ベテランのエージェントが
あなたの転職をサポートします。

まずはお気軽にご相談ください。

保有資格必須

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 保有資格があれば選択してください。

    スキップ

横浜市の介護職求人

横浜市の介護職求人

1 ~ 10件(全1706件)
POINT
週三日からの就業が可能です!
正社員への登用もあるのでキャリアアップも◎
形態 グループホーム
地域

神奈川県横浜市鶴見区駒岡3丁目6-12

給与

時給1015円~

賞与年2回、年度による

POINT
駅徒歩1分!大人気の駅近求人です♪
夜勤帯は20:00~7:00と短めです!
ブランクある方も歓迎★ご応募お待ちしております!
形態 グループホーム
地域

神奈川県横浜市鶴見区生麦5-12-10

給与

月給:227,270円~

賞与年3回1.75か月分実績あり

POINT
大船駅、戸塚駅、藤沢駅からの通勤が可能♪
福利厚生・手当も充実★
資格をお持ちの方!ご応募お待ちしております!
形態 特別養護老人ホーム
地域

神奈川県横浜市戸塚区東俣野町1705

給与

月給:164,400円~

賞与年2回4か月分実績あり

POINT
駅から徒歩10分の好立地!
夜勤専従・週3日からご就業いただけます◎
形態 グループホーム
地域

神奈川県横浜市磯子区中原三丁目3番11号

給与

時給:1179円~

・処遇改善手当込み

・介護福祉士は1220円

介護の求人を詳細条件で探す

横浜市介護職の体験談

40代 女性

デイサービスと介護訪問、両方経験してどちらも転職だった

デイサービスと訪問介護両方経験していますが、デイサービスは比較的気楽でした。訪問介護は、私の場合は結構気兼ねが多く、精神的にしんどいなと思うことも多かったです。訪問介護は人材不足みたいでしたが、どうしてかみんな嫌がることが多くて転職のチャンスはあると思うんです。私自身も、転職の機会が訪問介護のヘルパーでした。
ただ、忙しいすぎるのは体調が崩れやすいので気をつけたい点です。訪問介護はみんなは避ける分野みたいですが私は抵抗がありませんでした。私はよく祖父母の家を訪ねたりしていたので、高齢者の住まいには慣れていましたので、平気でした。これはもう慣れだと思いますが、最近の若い子はきれい好きすぎて、苦労するかもしれません。

40代 男性

意外と地元出身者は少なく、話をすると意外な共通点があり面白かった

育ちはここではないのですが、私は、訪問介護の方で、ヘルパーとして一軒家を訪問することが多かったです。地域性はあるといえばあるし、ないといえばないかなと思います。私の場合は大学で民俗学を専攻していたので、昔から田舎の方にホームステイの経験がありました。地域別にそれなりの特性はあるだろう…。とは覚悟していました。比較的新しい住宅街が多く、綺麗なおたくが多かった印象です。人柄も、実は昔からここに住んでいるわけではなくて、関西地方の出身者で、東京に働きに出てきて、住まいは横浜ですという方が多かったり、いろいろな方がおられました。そう言うことを聞くとまた違う印象で働けたり、気持ち的にもかなり、落ち着くことができました。

20代 男性

横浜市の介護付き老人ホームで毎回新しい発見をしながら常に新鮮な気持ちを持って楽しく働けています

横浜市の有料老人ホームには、いざと言う時に力を貸してくれる、頼もしいスタッフがいっぱい働いています。

自分はケアマネとして勤務しているのですが、ヘルパーさんと密に連絡を交わしながら、業務を無理なく行えている為、いつも助けられながら、任された仕事を順調に熟せています。

介護保険制度が、介護を必要とするレベルに則る形で、支給金額の最高限度額が変わって来る仕組みとなっています。

もし介護プランを活用するのなら、この使用限度金額までだと契約者は低率負担で済みます。

但し限度額以上のプログラムを利用する事で、その超過分が全て自己負担になってしまいます。

そのような複雑な制度である為、ケアマネ側は対象のお年寄りに対し、範囲限度額をチェックしながら、月々でのサービス料の総負担金額を求めて行き、給付を間違える事なく、正確に担当しなくてはいけません。

やり方を一度マスターする事で、普通に計算出来るようになる為、現在では戸惑う事なく、与えられた仕事を完璧に処理出来ています。

40代 女性

何事も相談しやすい事業所で、リスク回避して勤務できた

ホームヘルパーになってから性別差と力の差で悩んだ経験がありますが、全て自分なりに解決、克服しました。それもこれも、一概に事業所の考え方が常識的だったからではないかと、今では考えられます。具体的にいうと、性別の差は今まで考えが甘かったと思います。自分は女性で、相手が男性の場合の体力差、そしてもしも相手からセクハラを受けた時のことなど現実問題一度も、考えていませんでした。でも、セクハラは軽いものは受けたことがありますが、流せる程度のこととでしたので、事業所に伝えてから対応しました。入浴介助は経験がありませんが、おそらく女性の要介護様でも私の体の大きさ、体力では無理であろうと思います。このように、事業所がきちんと機能していたおかげでリスク回避ができたと思います。

送信中です。
ページが切り替わるまで、そのままでお待ちください。