介護の求人やお役立ち情報を探すなら「介護ワーク」

高齢者のADLに合わせた福祉用具の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護の現場において福祉用具はなくてはならない役割を果たしています。

利用者の生活をより便利なものにするだけでなく、介護者の身体的負担を軽減するためにも福祉用具は欠かせません。

しかし、用具を正しく選び適切な使い方をしなければ、道具の持つ本来の力を活かすことはできません。

ここでは福祉用具を選び、使うときの注意点について紹介します。また、これからの介護を変える可能性を持つ最新の福祉用具も見ていくことにしましょう。

 

身体に合わせるのはすべての福祉用具利用の基本

福祉用具を利用する上で大切なポイントは、その人のADL(日常生活を送る上で必要な動作)に合った道具を選ぶことと、その人の身体に合わせたサイズのものを選ぶことにあります。

この2点を守れば、福祉用具は利用者の生活レベルを劇的に改善することにつながります。

 

まず、ADLに合わせた道具選びについてです。

歩行が不安定な利用者に対しては、杖や歩行器それに車椅子といったいくつかの選択肢が考えられます。

転倒の危険がある利用者に対しては、安易に車椅子を選びがちですが、そういった人は立ち上がりのリスクも高く、反対に転倒リスクを高めてしまっているケースもあります。

下肢筋力の低下に合わせて杖から歩行器、歩行器から車椅子へと漸進的に移行していくのが望ましいでしょう。

杖にはスタンダードなまっすぐなタイプのものから先が4つに分かれた4点杖、立ち上がり補助機能がついた2段式グリップの杖など、利用者のレベルに合わせてさまざまな種類が用意されています。

その時々の利用者のADLを見極めて、使い分けることが大切です。

 

次に身体に合わせた道具選びについてです。

残念なことに、施設では福祉用具は共用であることが多く、利用者に最適なものを選びたくても選べないという状況があるのが現実です。

しかし、共用のものであってもきちんと調整を行うことで、その人の身体に合わせることは可能です。

車椅子の場合、シートの調節やクッションを使用することで、その人の身体のサイズに合わせることができます。

高さ調節も重要なポイントです。

手こぎをしてもらうのか足こぎをしてもらうのかによって、高さを変えることで、自走のしやすさが格段に変わります。

足こぎをしてもらう場合、座面の高さを床から40cmほどに調節することで、足を使った移動がしやすくなります。

 

介護士の身体的負担を軽減する福祉用具

福祉用具とは高齢者だけが使うものではありません。介護者が介助で利用する道具も福祉用具に含まれます。

介護者の負担を軽減する福祉用具の代表的なものに、移動・移乗用リフトがあります。

 

リフトには実に多様な種類があり、用途に合わせて使い分けが必要です。

施設などで普及しているのが、浴室に設置されたリフト式浴槽でしょう。

リフトのついた椅子もしくは寝台に利用者に乗ってもらうことで、身体的負担が少なく浴槽に入ってもらうことができます。

 

移乗用のリフトも代表的なもののひとつです。

車椅子からベッド、ベッドから車椅子への移動に利用されるもので、利用者を吊り下げる形をとり、安全かつ安楽に移乗をすることが可能となります。

移乗用リフトは移動式ですから、場面を変えて利用することができる点もポイントです。

吊り下げ布を使い分けることで、トイレ移乗で利用することも可能になります。

移乗用リフトは介護者の負担を劇的に改善することができますが、十分に普及しているとはいえません。

理由としては、人が介助するほうが時間をかけずに行えること、利用者自身が恐怖心を感じることが多いこと、リフトを使用するための十分な空間を確保できないことなどが挙げられます。

 

利用者が安楽に、かつ介護者に負担なく移乗するという移乗用リフトの目的を、より簡易的に実現したものがスライディングシート、スライディングボードです。

移乗用リフトに比べると場所を必要とせず、利用者・介護者ともに移乗の負担が軽減されます。

一方で、使いこなすためにはある程度の習熟が欠かせないため、誰でも気軽に使えるものではありません。

 

これからの介護を変える?最新の福祉用具を紹介!

介護者の負担を減らすための福祉用具の開発は、非常に力が入れられている分野です。

技術の進歩はめざましく、最新の福祉用具を使用することで、介護負担が劇的に改善することも珍しくありません。

介護ロボットはその代表的な例でしょう。

 

介護ロボットにはいくつかの種類があります。

パワーアシスト機能を搭載し、介護者の移乗動作を支援するロボットは、普及すれば劇的に介護者の負担を減らすことになるでしょう。

腰痛による離職を防ぐ可能性も秘めています。

見守り支援機器は、現在進行形で普及が進んでいる介護ロボットの一種です。

複数の部屋を同時に見守ることができ、緊急時には異常を即座に検知して通報する仕組みを備えています。

在宅用には家を出る、部屋から出て長時間戻らないといった状況を発見し、家族やホームヘルパー事業所にメールで通知する機能も含まれます。

ほかにもコミュニケーション用介護ロボットや移動支援型ロボットなど、用途に合わせて多くの介護ロボットの開発が進行中です。

これら介護ロボットはすでに一部では利用されているものの、まだまだ一般的とはいえないレベルにとどまっています。

介護ロボットが普及することによって、介護業界の慢性的な人手不足も解消されるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「介護職がつらい」。人によって理由はさまざまですが、勤務時間が長い、休みが少ない、夜勤がある…
  2. 日本は超高齢化社会に突入し、介護が社会的な課題となっています。特に認知症高齢者の介護体制を整…
  3. 「ヒヤリハット」とは、事故にまではならなかったものの、事故に直結してもおかしくない「ちょっと…

最新の投稿:お悩み解消

ページ上部へ戻る