介護の求人やお役立ち情報を探すなら「介護ワーク」

介護職の天敵!腰痛と戦うための介護技術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護の仕事をする人にとって、腰痛は避けては通れない問題です。腰痛といかにうまく付き合っていけるかが、介護職として長く続けていくために欠かせない条件ともいえるでしょう。腰痛を避けるためには正しい介護技術を身につけているだけでなく、日頃から腰痛予防を意識することが大切です。また、適切な福祉用具の利用も腰痛予防のためには欠かせません。介護職の天敵、腰痛とうまく付き合っていくための介護技術について紹介します。

 

力任せの介護をしない

介護の現場では、腰痛の原因となる動作がいたるところに存在します。利用者を抱えての移乗介助や、ベッド上でのオムツ交換などはその一例にすぎません。トイレでの排泄介助や口腔ケア、それに車椅子のフットレストを上げるといったちょっとした動作にも、腰痛につながる要因が含まれています。

介護職が腰痛になる理由を大別すると、重いものを持つことと無理な姿勢での介助の2点に分けられます。

前者を解決するためにはボディメカニクスが有効です。介護では高齢者を抱え上げることは日常茶飯事であり、日に何度も移乗介助を行います。移乗介助を力任せに行うのではなく、ボディメカニクスに基づいて効果的に行えるかどうかは、一人前の介護職であるかどうかの分水嶺といえるでしょう。

移乗介助にはボディメカニクスの原則すべてを有効に活用することが求められます。まず、支持基底面積を広く取り、重心を低くすることで介護者自身の身体を安定させます。そして利用者を持ち上げるのではなく、重心移動によって水平にスライドさせるように移乗させることが重要です。対象者との重心を近づける、相手の身体を小さくまとめるといった点も気をつけたいポイントになります。

これらは介護の基本中の基本の技術になりますが、慣れてくるとおざなりにされがちな点でもあります。介護をしていてちょっと腰が痛いと思ったら、これらの基本を今一度見直してみるとよいでしょう。

 

腰痛を防ぐコツは腰ではなく膝を曲げること

介護職が腰痛になる理由は、重いものを持つことだけではありません。無理な姿勢での介助も原因のひとつでしょう。

先に挙げた例はすべて屈み込む動作が必要となる場面です。この屈み込む動作は1日のうち何十回と行うものであり、この動作にどのように対処するかが、腰痛を防ぐ上で重要となります。

腰痛予防という観点で見た場合、ボディメカニクスの中でもとりわけ重要になるのが重心の位置になります。介護をするときには常に重心を落とすことを意識することで、姿勢が安定し介助が容易になるだけでなく、屈み込む回数を減らすことができます。重心を落とす、つまり腰ではなく膝を曲げて高さを調節することで、腰痛を防ぐことが可能です。

これは作業面の高さという観点からも有効です。キッチンで作業をしやすい高さは「身長÷2+5cm」といわれています。これはキッチン作業に適した高さですが、介助動作にも応用することが可能です。身長が170cmの人であれば、90cm前後がもっとも作業しやすい高さといえます。

この数字を見ても分かる通り、背が高い人の場合オムツ交換時にベッドの高さを上限まで上げたとしても、適正な高さに達することは難しいでしょう。力のある大柄な男性職員が腰痛になり、明らかに力の劣る小柄な女性のほうが腰痛になっていないケースはどこの施設でも見かけるのではないでしょうか。これは作業面の高さ調節がうまくいっていないことが原因です。背の高い人の場合、ベッドの高さの上限との差を自分の膝を使って調節することで、適切な高さで作業することが可能になり、ひいては腰痛を予防することにつながるのです。

 

福祉用具を適切に使うことも介護技術のひとつ

介護技術と聞くとボディメカニクスを使った身体介助を第一に思い浮かべる人が多いでしょう。しかし、福祉用具を適切に使うことも、介護技術のうちに含まれます。

腰痛予防に適した介護用具は数多く存在します。移乗用のリフトやスライディングボードなどはその代表的な例でしょう。移乗用リフトは費用や使用する空間の問題から、すぐに導入することは難しいかもしれません。しかし、スライディングボードは安価でかつ基本的な介護技術の応用で使うことができるので、腰痛防止に即効性のある福祉用具といえます。

また、介護ロボットの活用も介護職の腰痛防止に一役買う可能性があります。装着型の移乗補助スーツは多くの企業が開発しており、注目を集めている介護ロボットの一種です。これは動作に必要な筋力を機械によってサポートするもので、介護者の負担を大きく軽減することができます。使用するためには一定の訓練が必要になるものの、移乗介助動作が変わるわけではないため、介護職としてもなじみやすく比較的普及しやすい介護ロボットといえそうです。

介護職の腰痛予防は、介護者個人だけで解決できる問題ではありません。介護の現場に腰痛の原因となる要素が含まれている限り、個人の努力だけでは限界があります。介護職不足が続いている今、腰痛予防に積極的に取り組むことも介護職の離職を防ぎ、採用を助ける大きな要素となるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「介護職がつらい」。人によって理由はさまざまですが、勤務時間が長い、休みが少ない、夜勤がある…
  2. 日本は超高齢化社会に突入し、介護が社会的な課題となっています。特に認知症高齢者の介護体制を整…
  3. 「ヒヤリハット」とは、事故にまではならなかったものの、事故に直結してもおかしくない「ちょっと…

最新の投稿:お悩み解消

ページ上部へ戻る