介護福祉士とは、社会福祉専門職の介護に関する国家資格のことです。介護の仕事を始めて3年以上になってくると給与や待遇アップを目的に取得を目指す人が増えてくる傾向にあります。

ただし、何も準備をしていない場合、介護福祉士の資格を取得するために具体的に何をやればいいのか分からず、意味の無い事に時間をかけてしまうということもあります。最悪それが原因で試験に落ちてしまうという事も無いわけではありません。

今回はそのようなことが無いように、介護福祉士の資格概要や資格取得条件やメリットをご紹介していきます。

介護福祉士とは?

まずは、介護福祉士の資格概要や転職に役に立つのかを確認していきましょう。

介護福祉士は介護の国家資格

介護福祉士とは、介護の国家資格のことで、さらにこの資格を取得して介護業界で働いている人のことを指します。

介護福祉士の業務内容は、介護を必要とする方がスムーズに日常生活を送れるように介助するのが仕事です。専門知識やスキルを活用して、食事や排せつ、入浴、歩行といった日常生活の手伝いをします。

また、介護福祉士は、高い専門性を活用して、介護現場で働く他のスタッフの指導をしたり、介護をする家族にアドバイスしたりする管理者としての仕事も行います。

現場のリーダー的な存在であるという点で、介護福祉士は他の介護職員とは異なるといえるでしょう。

介護福祉士が利用者様の体調を記録している様子

介護職“唯一”の国家資格だから社会的信頼性抜群

介護福祉系の資格は、ケアマネジャーや介護福祉士実務者研修など多数ありますが、現時点で国家資格であるのは介護福祉士だけです。

国家資格は、合格後に国に登録する必要があるので、国に認められた介護のスペシャリストであると証を立てることが可能です。

国に認められた存在なので、雇用者側も安心して採用ができるメリットがあります。一度取得すれば全国どこでも通用するので、別の都道府県での転職にも有利です。将来的にも安定して職を得られることは間違いないでしょう。

介護福祉士を取得するメリットは?

介護福祉士は、取得するには難しい資格といわれることもあります。しかし、以下のようなメリットもあり、介護業界で働き続けたい人ならば取っておきたいおすすめの資格なのです。

職場はもちろん、利用者からも信頼を得られる

介護福祉士は、社会的信頼性が高い国家資格の一つです。介護についての高度な技術や専門的な知識を有していることを証明するので、職場でも高い期待や信頼を得ることができます。

さらに、利用者側からも、国家資格を持っている人となると、安心して介護を任せられますし、信頼に値する人と認識してもらえるでしょう。さらに、介護福祉士を持っている方は高い技能を持っていますから、質の高いサービスを提供でき、家族や利用者に満足してもらえます。

国家資格は日本全国どこでも通用する資格なので、どこでも即戦力として期待され、人生の転機によって引っ越しをしても有利に転職できます。

管理職へのキャリアアップを目指しやすい

介護職の管理職の仕事であるチームリーダーやサービス提供責任者は介護福祉士の資格を持っていなくてはなれない傾向にあります。介護職でずっと活躍していく予定で、管理者としてキャリアアップしていきたいならば、絶対に取っておかなくてはならない資格だといえるでしょう。

さらに、介護福祉士として実務経験を積めば、介護福祉士よりもさらに上位資格である「認定介護福祉士」になることも可能です。さらなるキャリアアップの役に立つというメリットもあるのです。

「認定」されるとやはり給与も変わってきますし、働き先の幅も広がりますから、介護福祉士の資格を取得したら次はぜひとも認定介護福祉士を目指したいものです。
認定介護福祉士については、こちらの記事でも詳しく紹介しています。

収入が上がる

介護福祉士の資格を取ると、資格手当などによって基本給アップが望めます。さらに、管理職に就けば、さらに給与アップや待遇の向上を見込めるでしょう。

介護福祉士の資格があるのとないのとでは、初任給の段階から、4万円程度の差が給与に発生するとされています。管理職に就くとその差はより開いていくことになるでしょう。

給与や待遇改善を期待できるメリットがあるのです。

介護福祉士の資格所持者が活躍できる職場

介護福祉士の資格を持っていれば、介護業界でプロとして活躍できます。介護の仕事が好きでこの仕事を極めたい人ならば取得すべきですし、キャリアアップや給与アップ・待遇の改善を求める人も取得すべきといえるでしょう。

具体的に活躍できる職場としては、老人ホームやグループホームといった介護施設はもちろんのこと、訪問介護の仕事や、介護福祉養成学校やスクールでの教員や講師の仕事もあります。

多様な職場で活躍できますから、仕事探しには困らないといえるでしょう。転職サイトなどで「介護福祉士」で検索しても良いです。

ただし、介護福祉士だからこそできる仕事をしたいならば、介護福祉士を専門としている転職サイトもあるので活用するようにしましょう!

介護福祉士の資格取得条件と難易度について

介護福祉士の資格取得条件は複雑です。しっかりと確認しておきましょう。

資格取得条件

介護福祉士の資格を取ろうと思った時、意外と大事なのは「受験資格要項の確認」です。福祉関係の資格の受験資格は非常に変わりやすく、介護福祉士の資格ができた当初は無資格でも3年間働けば受験することができていたのですが、28年度の試験からは「実務者研修の修了」も必要になりました。

実務者研修修了までの必要な授業時間は450時間(初任者研修を修了している場合は320時間)です。条件を満たしていないからと慌てて実務者研修を申し込んでも、その年の試験には間に合わない可能性があります。

今後福祉関係の受験資格はどんどん厳しくなっていく傾向があります。もし介護福祉士を取得した後、ケアマネージャーの資格取得なども考えている場合も早い段階から受験資格の確認をしておきましょう。

30年度の試験からは介護福祉士などの国家資格保有者しか受験できなくなるなど、こちらも受験資格の変更が著しい資格です。(資格無しはもちろん、介護職員初任者研修修了者なども受験できなくなります)

ちなみに実務経験や経験年数は申し込み時点ではなく、その年度の3月31日までの計算です。受験資格を満たしていないと思っても、計算し直したら意外に受験資格を満たしていると言うことも少なくありません。これからどんどん受験資格が厳しくなる前に、早めに介護福祉士の資格取得を目指しましょう。

案外難しい?!取得の難易度

すでに介護業界で働いていると、わざわざ参考書を読まなくてもわかるような部分が数多くあることに気付くと思います。医学的な事やコミニケーション技術などは日常的に仕事をしながら学んでいるので、参考書で軽く確認する位で案外試験では解けてしまうものです。

介護福祉士の合格率は、60%~70%の範囲で推移しています。半数以上の方が合格していますから、試験自体は易しいといえるでしょう。国家資格の中では比較的簡単だという評判も存在します。

合格率が高いと言えど、介護福祉士の資格取得のためにやっておかなければいけないことは、何よりも勉強です。しかし、がむしゃらに勉強したところで勉強効率は上がりません。実際に、3割程度の方は不合格になっていますし、試験は年に一度しかありません。一度落ちると来年までチャンスがありませんので、対策はしっかりと行いたいところです。ちなみに合格者は、3か月~半年程度勉強しているようです。

独学でも合格可能ですが、自分のペースで勉強をするのが難しい方は、スクールや通信講座などを利用すると良いでしょう。具体的にするべき勉強は以下の2つです。

資格の勉強をしているイメージ

概論・制度・法律

介護福祉士の試験のためには、普段仕事をする中でなかなか学ぶことができない部分を勉強する必要があります。その、学ぶことができない部分と言うのは「概論・制度・法律」です。

介護施設は様々な制度や法律にのっとって運営されています。また施設形態によってはそれを取り巻く法律等も変わってくるため、あなたが働いている施設形態以外の施設のことも知る必要があります。他にも、介護という仕事の成り立ちや思想などにあたる概論の部分も、日常的に働いているだけでは身に付くものではありません。このように難しい部分は他のみんなも引っかかりやすいポイントです。早くから集中的に勉強して対策を立てておけば、一歩リードして試験に臨むことができます。

基本技術

実技試験の対策も早い段階から行っておくと本番で困る事はありません。そうは言っても「普段から施設でやっている事をやればいいだけだから、対策は必要ない」と、早い段階から対策を取ることの必要性を感じない人もいる事でしょう。

介護福祉士の受験資格を得られる実務経験3年という期間は、仕事に慣れて介護技術にも自信が出てくる時期です。しかし、だからこそ早い時期から対策が必要になってくるのです。

施設で行われている介護技術のほとんどは、その利用者に合わせて考えだされた応用技術。しかし技術試験で問われるのは基本的な技術や対応方法です。声掛けや表情、反応のチェックなど普段の“慣れ”が出てしまって、ついつい見落としがちなポイントは少なくありません。それらも介護においては確認すべき基本的な部分であり、試験においては減点箇所になります。

仮に試験前にみっちり技術試験対策をやったとしても、試験本番では数人の試験官に見られながら試験を行うことになります。本番になるとそのような慣れない雰囲気の中、頭が真っ白になって試験前に必死で覚えた事を思い出せず、パニックで普段できることもできなくなってしまうということも決して珍しい事ではありません。

そのようなことを未然に防ぐためには、早い段階から日々の仕事の中でも基本となるポイントを押さえながら介護にあたる事です。それが当たり前にできる様になれば、それこそ普段やっている事をやればいいだけなので難なく実技試験をこなせるでしょう。

しっかりと勉強をして介護福祉士の資格を取ろう

介護福祉士の資格を取れば、資格手当で給与がアップしますし管理者として働ける可能性も出てきます。介護福祉士の資格取得のためにやらなければいけない事は沢山ありますが、メリットは多くあるので、介護業界で活躍していきたいならば取得して損はないでしょう。

福祉関係の受験資格は日々厳しくなっていく傾向があります。それだけでなく試験内容もどんどん難しくなっていき、合格率も年々低くなっていますので、片手間で取れるような資格ではありません。

長く働いていて自信がある場合でも、それが逆に油断につながり失敗の元にもなります。しっかり勉強時間を確保して、ぜひ、資格取得を目指してみましょう!