介護補助・介護助手とは、介護士をサポートするスタッフのことです。

部屋の掃除や高齢者の話し相手は、介護の資格がなくとも行うことができます。そのような仕事を行うのが介護補助・介護助手の役割です。

介護補助・介護助手は無資格・未経験でもできる仕事ですので、資格はないけれど、介護の仕事に興味がある人におすすめできます。

この記事では、介護助手・介護補助の仕事内容や転職情報などをご紹介します。

介護補助・介護助手とは?

介護補助・介護助手は、介護士といった介護のエキスパートをサポートする仕事です。

2025年に、日本は超高齢化社会に突入します。高齢者の数に対して、介護士の数はまだまだ足りない状態にあります。厚生労働省の試算によると、2025年には約37万人の人手不足が発生するとされています。

このような状況を踏まえて誕生したのが、介護補助・介護助手です。

介護の業務は多岐にわたります。有資格者の介護職員は、排せつや入浴、食事などの介助といった専門的なことから、部屋の掃除や高齢者の話し相手といった専門外の業務までを行っています。

しかし、高齢者の話し相手や掃除、食事の配膳などは無資格でも行うことが可能です。このような無資格でもできる業務を介護補助・介護助手が行うことで、有資格者の介護職員は専門的な業務に集中できるようになり、負担が軽減されます

有資格者が包括的に行っていた作業の中で、専門知識・資格を必要としないものを一手に引き受けるのが、介護補助・介護助手なのです。

  • 介護のエキスパートをサポートする仕事
  • 有資格者が包括的に行っていた作業の中で、専門知識・資格を必要としないものを一手に引き受ける存在
  • 介護職員の負担を軽減させる存在

介護補助・介護助手の役割

介護補助・介護助手の役割とは、介護現場をスムーズに動かし、人手不足を解消させるということにあります。

現在、介護職は離職率も高く、慢性的な人手不足に陥っています。

対策をせずにいると、団塊の世代が75歳以上となる2025年には、多くの施設が人手不足でパンクをする可能性があるのです。

介護職員が長続きしない理由は、業務のハードさにあります。ですので、介護補助と介護助手が、文字通り、介護専門職の補助的な業務をし、助手とし活躍することで、国家資格を持つ介護福祉士などが、より専門的に介護業務に専念することもできるようになるわけです。

介護福祉士の資格については、こちらの記事で詳しくご覧いただけます。

介護助手・介護補助は、介護業界の未来を担い、人手不足による施設のパンクを防ぐ役目を担うのです。

  • 介護現場をスムーズに動かし、人手不足を解消させるのが役割
  • 介護専門職の補助的な業務をし、助手とし活躍する
  • 介護助手・介護補助は、介護業界の未来を担う存在

介護補助・介護助手の仕事内容

介護補助・介護助手の仕事は、介護職員のサポートです。具体的な業務としては以下のようなものがあります。

  • 利用者の部屋やリハビリルームなどの掃除
  • ベッドメイキングやリネン交換
  • 物品の管理、整理整頓
  • 食事の配膳
  • 患者さんの話し相手、趣味のサポート
  • イベントやレクリエーションの準備

これらの業務を行いながら、高齢者が不測の事態に陥らないようしっかり見守ります。

そして、プロの介護職員の仕事を間近で見ることで、介護の基本的な仕事を学べます。

介護補助・介護助手のやりがい

介護補助・介護助手のやりがいとしては、無資格で介護の施設に飛び込んで、知識を取得できるという点にあるでしょう。介護業界の仕事のほとんどは専門職であり、資格を取らなくては、就くことができません。しかし、介護助手・介護補助なら、無資格でもすぐに始められるのです。

まず、無資格の介護補助・介護助手からスタートし、プロの業務を間近で見て、どんどんステップアップすることも可能なのです。

施設によっては、無料の研修が用意されているケースもあり、介護の基礎を効率よく学ぶことができます。

さらに、介護補助・介護助手は、高齢化の進行に従って今後のニーズも高まっていくことが期待できます。給与面や休日面での主張もしやすく、「午前だけ」や「午後だけ」といった短時間勤務が可能です。

勤務時間の相談などは転職エージェントに相談すると、施設との交渉も行ってくれますので非常にスムーズです。こちらの記事で現役介護士がおすすめする転職サービスをまとめて紹介しています。あわせてご覧ください。

子育て世代の主婦などでも働くことができるので、自分の人生を大切にしつつ、社会的に活躍できるやりがいもあるといえるでしょう。

介護補助・介護助手が活躍できる施設とは?

介護助手・介護補助の施設は多岐にわたります。例としては、以下のような施設があります。

  • デイサービス
  • 小規模多機能型居宅介護
  • 認知症型グループホーム
  • 有料老人ホーム
  • 特別養護老人ホーム
  • 老人保健施設

利用者・入居者の多い規模の大きな介護施設では、介護助手・介護補助を大勢募集しているケースが多いです。その一方で、訪問介護の施設は、資格必須の施設なので、資格のない介護補助・介護助手は活躍しにくい面があるでしょう。

介護補助・介護助手が活躍できる転職先・求人情報

介護補助・介護助手が活躍できる実際の求人情報をみてみましょう。(※2021/03現在の情報です。情報は変わる可能性があります。)

療養型病院での正社員の求人

在宅・介護まで包括して提供している療養型病院での正社員の求人です。資格は一切不問で、施設内での利用者のお世話や看護師のサポートなどが主なお仕事になります。

月給制:200,000円~。賞与年2回で2か月分です。

病院でのケアスタッフとしての求人

病院で、業務のサポートや補助を行う正社員の求人です。資格は不問です。

入浴・食事介助はなく、利用者のお世話や看護師のサポートなどを行います。

月給制:155,500円~。賞与年2回で3.4か月分です。

介護補助・介護助手の最新の求人はこちらからご覧ください。

介護補助・介護助手になる方法

介護補助・介護助手になるには、一切、資格が必要ありません。幅広い年代の方が働くことができ、無資格・介護業界未経験でもすぐに始められます。

もしも、高齢者のサポートに不安があるのならば、自治体や施設が開催している無料講座を受講したり、ボランティアからスタートしたりしてみましょう。

なお、介護助手・介護補助は、福祉人材センターやシルバー人材センター、ボランティアセンターなどで募集していることが多いので、最寄りのこれらの施設に相談をしてみてくださいね。

おわりに:介護助手・介護補助は、介護業界への転職を目指している人におすすめ

介護助手・介護補助は、有資格者が包括的に行っていた作業の中で、専門知識・資格を必要としないものを一手に引き受ける存在です。

業務内容は、高齢者とのおしゃべりやイベント準備、清掃や配膳などの専門的知識を必要としないものが該当します。

介護助手・介護補助は、介護業界の人手不足を解消する存在として期待されていますし、働きながら介護の知識を身に着けることができるという点でやりがいがあります。

介護助手・介護補助からスタートして、知識を身に着けて、プロの介護士になることも可能です。ぜひ、介護助手・介護補助への転職を検討してみてくださいね。

こんな条件の求人が注目されています

  • 高時給/高月給
  • 未経験OK
  • 完全週休2日
  • 時短/扶養内