生活支援コーディネーターとは、高齢者が過ごしやすい地域社会を構築していく専門家です。2025年に超高齢社会を迎える日本では、地域社会で高齢者を支える「地域包括ケアシステム」の構築が急がれます

このような時代背景の中で、生活支援コーディネーターは地域包括ケアシステム構築を支える存在として注目されているのです。

生活支援コーディネーターになるために、必要な資格はありません。しかし、生活支援コーディネーターになるには、高齢者ケアの知識が求められます。ですから、社会福祉士やケアワーカーといった資格を取得し、高齢者ケアの方法を学ぶ必要があります。詳しく確認していきましょう。

生活支援コーディネーターとは?

生活支援コーディネーターとは、2015年の介護保険制度改正に伴って、新たに設けられた職種です。特徴は以下の通りです。

  • 地域包括ケアシステムを推進する役割を持つ
  • 高齢者の地域の困りごとを解決するのが仕事
  • マニュアルに沿って行うような仕事ではない
  • 高齢者、一人ひとりと向き合う姿勢が大切

2015年の介護保険制度改正で、「地域包括ケアシステム」を推進するために設けられた新しい職種です。仕事内容を簡単にいうと、地域の困りごとの相談に乗り解決につなげる活動を行うことです。

たとえば、健康に悩む高齢者が地域に大勢いるのならば、健康体操の企画を立てます。また、孤独感を持っている高齢者が大勢いるのならば、地域サロンや喫茶店を立ち上げ、高齢者同士の関わりを密にするのが仕事になります。

マニュアルに従ってどんどん業務をこなすような仕事ではなく、お年寄り一人ひとりの思いに寄り添いながらオーダーメイドでサポートするお仕事です。

人とどんどん関わって行きたい人はやりがいを持って働けるでしょう。

地域の高齢者の悩みを見える化して、既存のサービスに繋げたり、新しいサービスを提案したりするために、高齢者一人ひとりと向き合う姿勢を持っていることが、大切になる仕事です。

介護職における生活支援コーディネーターの役目

介護職において、生活支援コーディネーターは、地域包括ケアシステムの構築に貢献する役目を果たしています

2025年に、日本国民の四人に一人が75歳以上になるとされています。今現在でも介護施設は、人手不足の状態にあります。ですので、現行の制度のままでいくと、2025年には介護施設がパンクしてしまいます。

そのような状態になることを避けるために、日本政府は、高齢者を在宅で介護し、地域全体で高齢者を支えるシステムの構築を目指しています。そして、このシステムのことを、「地域包括ケアシステム」と呼んでいます。

地域包括ケアシステムを構築するためには、高齢者一人ひとりの悩みや希望を聞いて、介護施設に入居せずとも過ごしやすい地域を作っていくということが大切になります。

そのような状況において、地域高齢者やその家族のニーズを把握し、それに応える支援策のマッチングを行う生活支援コーディネーターは重要な役目を果たすでしょう。

生活支援コーディネーターは、高齢者が自宅を離れることなく地域で生活し続けられるようにすることにより、2025年以降も介護施設がパンクせずに機能し続けることを支援する、という役割を果たすのです。

生活支援コーディネーターの仕事内容

生活支援コーディネーターは、高齢者が住みやすい地域をコーディネートするために、以下のような仕事を行っています。

情報収集

高齢者が集まる施設などを訪問し、そこに集まっている高齢者に「何か困っていることはありませんか?」と声をかけて、地域の問題に関する情報を収集します。

さらに、生活支援の窓口を訪れた高齢者の話を聞き、解決策を考えたりもします。

情報提供

高齢者の中には、悩みを抱えつつも、それをどこに相談すればいいのかわからずに苦しんでいる人も少なくありません。そのような方々に既存のサービスを紹介します。

たとえば、「地域のためにボランティアがしたい」といった悩みを持っている方に、地域で活動しているボランティア団体を紹介したり、「人とのふれあいがほしい」という悩みを抱えている方に、気軽に立ち寄れるサロンを紹介したりもします。

地域の支えあいシステムの構築

2025年の超高齢化社会に備えて、地域の支えあいシステム構築を行います。たとえば、高齢者のための座談会をしたり、高齢者とのふれあい大会を開いたりもします。

地域で、高齢者が孤立しないように支援をしていきます。

生活支援コーディネーターになるには?

生活支援コーディネーターになるために、絶対に必要な資格は存在しません。厚生労働省は生活支援コーディネーターになるための資格及び要件を以下のように定めています。

コーディネーターの資格・要件

地域における助け合いや生活支援・介護予防サービスの提供実績のある者、または中間支援を行う団体等であって、地域でコーディネート機能を適切に担うことができる者。

※特定の資格要件は定めないが、市民活動への理解があり、多様な理念をもつ地域のサービス提供主体と連絡調整できる立場の者であって、国や都道府県が実施する研修を修了した者が望ましい。

※コーディネーターが属する組織の活動の枠組みを超えた視点、地域の公益的活動の視点、公平中立な視点を有することが適当。

出典: 生活支援コーディネーター・厚生労働省

このように生活支援コーディネーターになるための資格は特に定められてはいないのです。しかしながら、生活支援コーディネーターの仕事は、生活支援サービスに精通していなくてはこなせません

ですから、「社会福祉士」や「ケアマネジャー」といった高齢者を支援するための資格を保有しておいた方が良いでしょう。

社会福祉士について、詳しくはこちらの記事からご覧いただけます。

ケアマネージャーについて、詳しくはこちらの記事からご覧いただけます。

さらに、地域のあちこちに出向き、情報収集をする職種なのでフットワークが軽く、自動車運転が得意で、どこにでも気楽に出かけていける人であることも大事な資格になるといえます。

どんな転職先・求人があるの?

ここでは、ケアマネージャーの求人情報をみてみましょう。
(※2021/2現在の情報です。情報は変わる可能性があります。)

居宅介護支援事業所のケアマネージャーの求人

正社員のケアマネ求人です。居宅介護支援のケアマネージャー業務全般および要介護者のケアプラン作成が主な業務となります。月給は208,500円~。賞与年2回4か月分と充実した待遇が魅力です。日勤のみなので体力が続くか不安な方でも安心して働くことができます。

最新の関連求人は、下記からご覧ください。

おわりに:生活支援コーディネーターは、地域と高齢者を結ぶ仕事

日本は2025年に高齢化率約30%という「超高齢社会」を迎えます。現行の制度のままでは、高齢者施設がパンクしてしまう恐れがあるのです。

このような社会情勢を受けて、政府は、地域や在宅での介護を推進しています。

生活支援コーディネーターは、高齢者の地域での困りごとの相談に乗り、解決につなげる活動を行うのが仕事です。地域サロンや喫茶店の立ち上げなどにも尽力している仕事ですので、2025年問題を前に需要は高まるといえそうです。

地域と高齢者のために何かをしたいと考えている人にはおすすめできる仕事ですので、転職を目指してみてください。

こんな条件の求人が注目されています

  • 高時給/高月給
  • 未経験OK
  • 完全週休2日
  • 時短/扶養内