健康運動指導士とは、健康を維持したり取り戻したりする手伝いを、運動を通してする仕事のことです。高齢者の中には、運動不足の影響で、生活習慣病になっている人が数多くいます。

健康運動指導員は、運動不足によって誘発される病気の発生を防ぐ仕事をしています。健康運動指導士になるには資格が必要で、資格を取るには養成校に通って勉強しないといけません。

資格取得は大変ですが、健康で長生きをしたいという希望を持つ高齢者が増えている昨今、需要が高まっている資格ですから、取得しておいて損はないでしょう。詳しく確認していきましょう。

健康運動指導士とは?

健康運動指導士とは、病院やスポーツクラブなどにおいて、生涯を通じた健康づくりに寄与するために、安全かつ適切な運動プログラムを提案し、指導する専門家のことです。特徴をまとめると以下の通りです。

  • 体力づくり事業財団が「養成」・「資格の認定」・「登録」の事業を行っている
  • 運動により健康を取り戻すお手伝いをする仕事
  • 生活習慣病やメタボリック症候群などを予防する効果がある

健康運動指導士は、厚生労働省所管の財団法人健康・体力づくり事業財団が養成・資格の認定・登録事業を行っています。この財団は、生涯を通じた国民の健康づくりに寄与することを使命とし、創設された財団です。

現代の日本人は、運動不足などによって、メタボリック症候群や生活習慣病の患者が増えてきています。

このような状況を解決するために、健康運動指導士は、スポーツクラブや病院などにおいて、安全で適切な運動プログラムを提案し、指導を行っています。

健康運動指導士が活躍できる現場

健康運動指導士が活躍している現場について、健康・体力づくり事業財団のホームページに記載されています。

画像出典:公益財団法人 健康・体力づくり事業財団ホームページ・健康運動指導士とは

アスレチッククラブ、フィットネスクラブといったスポーツ施設を中心に、診療所、病院といった医療機関、介護老人保健、福祉施設といった介護の現場、健康組合、会社、保健所、学校など多様な現場で働いているといえるでしょう。さらに、フリーで独立して働いている人もいるようです。

すでに資格をお持ちでお仕事先を探している方は、転職サポートをうまく活用すると転職活動がスムーズに進みます。こちらの記事では介護職に特化した転職サポートをまとめて紹介しています。ぜひあわせてご覧ください。

介護職における健康運動指導士の役目

健康運動指導士は、人々の体力づくりや健康の増進のため、一人ひとりの状態にあった運動プログラムを作成し、運動方法を指導します。健康運動指導士はスポーツ施設などが従来は、活躍の中心だったのですが、最近では介護の現場でも活躍が求められています。

高齢者の多くが、足腰が弱って運動不足に陥っています。運動量が不足すると、糖尿病をはじめ、肥満や動脈硬化、高血圧、心臓病などの病気を誘発してしまいます。

健康運動指導士は、運動不足による病気の発生を防ぐために、介護スタッフや看護師と協力しながら、高齢者の健康維持に貢献する役目を負います。

健康運動指導士の仕事内容

健康運動指導士は、運動を通して、人々の心身の健康を維持して向上させることにあります。そのために、具体的には以下のような業務を行います。

患者との面談

患者の身体状況や生活習慣を面談によって聞き出します。問題のある生活をしていた場合は、生活習慣を改善するように助言をします。

さらに、目標をどのあたりに設定するかも決定していきます。

運動プログラムの作成

面談を通して確認した一人ひとりの身体の状態や日々の生活の様子にあわせて、健康を維持、あるいは、改善するための運動プログラムを作成していきます。

運動指導

作成した運動プログラムに基づいて、運動の指導を行っていきます。随時、計画通りに進んでいるかを確認し、プログラムの変更なども行います。

上記のような業務だけでなく、時には、スポーツ庁などの要請を受けて、国民のスポーツ習慣の普及に貢献したりもします。

健康運動指導士になるには?

健康運動指導士になるためには、「健康運動指導士」の資格が必要になってきます。この資格は、「健康運動指導士認定試験」に合格することで取得することが可能です。

「健康運動指導士認定試験」には、受験資格があり、以下の2つのうちどちらかの条件に該当していなくては受験できません。

健康運動指導士認定試験受験資格

  1. 健康運動指導士養成講習会を受講
  2. 健康運動指導士養成校を修了

さらに、1.健康運動指導士養成講習会を受講するには、以下の受講資格を満たしていなくてはなりません

健康運動指導士養成講習会を受講するための資格

  1. 保健師又は管理栄養士の資格を有している
  2. 4年制体育系大学(教育学部体育系学科を含む)の卒業者(卒業見込者を含む)
  3. 歯科医師、看護師、准看護師、助産師、薬剤師、栄養士、あん摩マッサージ師、はり師、きゅう師、柔道整復師、理学療法士、作業療法士、臨床検査技師いずれかの資格を有していて、なおかつ、大学(修業年数4年以上)卒業者
  4. 健康運動実践指導者の称号を有する者

受講資格のどれに当てはまるかによって、受講コース(必要単位数)も異なってきます。

しかしながら、上記の受講資格を満たしている人はなかなかいないでしょう。その場合は、2.健康運動指導士養成校を卒業する必要があります

健康運動指導士認定試験の難易度

試験は、4択によるマークシート方式で、6割以上正解で合格になります。開催日は、年によって異なるものの、基本的には9月、11月、3月が一般的になってきます。

試験問題自体は難しくはないのですが、出題範囲がかなり広い試験なので事前に幅広い知識を身につけておかなくてはなりません。そのため、合格するのは6割程度で、難易度高めの試験のようです。

健康運動指導士の転職先・求人をチェック

健康運動指導士の求人を確認しておきましょう。健康運動指導士は、リハビリトレーナーなどとして活躍しています。(※2021/1現在の情報です。情報は変わる可能性があります。)

リハビリ型デイサービスでの介護予防運動指導員(インストラクター)としての正社員のお仕事

介護予防運動のインストラクターとして、デイサービスの利用者に、楽しめる運動指導を行います。さらに、送迎業務や簡単な事務作業も行います。月給 200,000円〜240,000円です。

デイサービスでのリハトレーナーとしてのパートのお仕事

リハビリ特化半日型のデイサービスセンターにおいて、リハトレーナーとして、 運動、トレーニングマシン指導、計画書作成などの業務を行います。時給 1,000円〜1,200円です。

最新の関連求人は、下記からご覧ください。

おわりに:介護職において健康運動指導士は、病気予防の役目を果たす

健康運動指導士は、運動を通して、人々の健康を改善・維持する役目を果たします。運動不足によって病気になる高齢者は少なからずいます。

健康運動指導士は、日ごろから高齢者に楽しく運動をするように指導していき、病気を予防させることができます。

資格を取得の難易度は高く、養成学校などにも通わなくてはなりません。しかし、高齢化社会を背景に、病気を予防する役目を果たす健康運動指導士の需要は高まっていくでしょう。運動によって高齢者の健康を支えることに魅力を感じる人は、ぜひ目指してみてください。

こんな条件の求人が注目されています

  • 高時給/高月給
  • 未経験OK
  • 完全週休2日
  • 時短/扶養内