介護予防訪問リハビリテーションとは、要支援1・2の利用者が要介護状態になることを予防するためのリハビリサービスです。サービスの特徴やポイントをまとめると以下の通りです。

  • 要介護にならないように機能回復させるためのリハビリを行うサービスのこと
  • サービスを行うには、リハビリに関する国家資格が不可欠
  • 国家資格が必要なので無資格からの転職は大変

介護予防訪問リハビリテーションサービスを行いたいならば、まずはリハビリに関する国家資格取得の養成校に通わなくてはなりません。詳しくサービスや求人について確認していきましょう。

介護予防訪問リハビリテーションとは?

介護予防訪問リハビリテーションとは、介護への依存度が低い「要支援1・2」の方を対象にしたリハビリテーションサービスです。

要支援1・2の方は、ちょっとした手助けがあれば日常生活や社会活動が行える人がほとんどです。そのような状態を極力維持して、要介護状態になることを防ぐためのリハビリを在宅で行うのが介護予防訪問リハビリテーションです。

リハビリと聞くと、「病気やケガから回復するための作業」というイメージが持たれがちですが、介護予防訪問リハビリテーションで行われるのは、今できることを維持しつつ、加齢とともに衰えてくる機能を回復させるための訓練です。

介護予防訪問リハビリテーションのサービスは、「訪問リハビリテーション」あるいは「訪問リハビリステーション」と呼ばれる施設で提供されています。これらの施設では、「訪問リハビリテーション」と呼ばれるサービスも行われていますが、こちらのサービスは要介護1以上の高齢者が対象で、より高度なリハビリが必要という点で異なります。

訪問リハビリテーションのサービスについては、こちらで紹介しています。

介護予防訪問リハビリテーションで働くメリット

介護予防訪問リハビリテーションのサービスを仕事として行うやりがいやメリットとしては以下のようなものがあげられます。

バックアップ体制がある

介護予防訪問リハビリテーションのサービスを受けられるのは、介護依存度の低い高齢者が中心です。とはいっても、高齢者の方は容体が一変しやすく、サービス提供中に思いがけない異変があるかもしれません。

しかし、介護予防訪問リハビリテーションのサービスは、リハビリスタッフだけでなく、医師や看護師といった他の職種の方々と連携を図りつつ、行われます。ですから、いざというときでも、施設に連絡すれば、医療の専門職のスタッフから指示を仰ぐことができるメリットがあります。

休日や勤務時間が決まっている

病院や介護施設では24時間365日、シフトを組んで出勤しなくてはなりません。そのため、休日や生活リズムが不規則になりがちです。

一方、介護予防訪問リハビリテーションのサービスは、利用者の自宅を、平日の日中に訪問して行います

ですので、早朝出勤や夜勤が存在しない仕事です。土日は固定の休みになる職場が多いので、しっかりと休むことができます。休日や勤務時間が決まっているので、生活のリズムが乱れないメリットがあるのです。

インセンティブ制でやりがいがある

介護予防訪問リハビリテーションのサービスの仕事では、インセンティブ制
が導入されている場合が多い
です。一日に何件訪問したかによって、給与が変わっていきます。

自分の頑張りがしっかりと給与に反映されるので、サービスを提供することにやりがいを感じられるメリットがあります。

介護予防訪問リハビリテーションの主な仕事内容

介護予防訪問リハビリテーションのサービスの仕事内容は主に以下の5つがあります。

  1. 健康管理・・・血圧や脈拍、体温測定の確認、管理など
  2. 身体機能向上および維持のための訓練・・・筋力トレーニングなど
  3. 日常生活の動作訓練・・・歩行訓練や発声訓練など
  4. 生活環境整備や福祉用具選定の助言・・・段差の解消や適切な福祉用具選びなどの助言を実施
  5. 利用者や家族からの相談対応・・・介助方法の指導や助言を実施

これらの仕事を訪問一件あたり40~60分で行い、一日に4~6件程度の訪問を行います。

どんな転職先・求人があるの?

介護予防訪問リハビリテーションを行う施設である「訪問リハビリテーション施設」の求人を確認しておきましょう。(※2020/10現在の情報です。情報は変わる可能性があります。)

訪問リハでの機能訓練指導員としての正社員のお仕事

訪問リハビリテーション施設で、高齢者の方や身体障害の方などを対象に、機能訓練・向上 ・動作機能の維持のためのリハビリを行います。理学療法士 ・作業療法士のうちどちらかの資格が必須で、月給 300,000円〜です。

訪問リハでの機能訓練指導員としての契約社員のお仕事

健康状態の観察やリハビリテーション業務を行います。普通自動車免許(AT限定可)必須で、理学療法士 ・作業療法士のどちらかの資格が必要。月給 197,200円~280,000円です。

最新の求人はこちらからご覧ください。

介護予防訪問リハビリテーションで働くことの大変さ

介護予防訪問リハビリテーションのサービスは、利用者の自宅で行います。そのため、病院や通所リハビリ施設と違って、医療機器やリハビリ設備や道具が十分ではありません。

このような環境下で、利用者に適切なリハビリを提供しなくてはならないという大変さがあるのです。また、介護予防訪問リハビリテーションサービスは、一日に複数の利用者の自宅をまわって行います。

時間がずれ込むと、他の利用者に迷惑がかかります。ですので、決められた時間内でテンポよくリハビリを行わなくてはならない大変さがあるのです。

介護予防訪問リハビリテーションで働くには資格が必要?

介護予防訪問リハビリテーションのサービスを行うには、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の資格が必須です。

これら3つの国家資格のいずれかを取得しなくてはなりません。
各資格の詳しい情報はこちらの記事にまとめています。

■理学療法士


■作業療法士

■言語聴覚士

介護予防訪問リハビリテーションに転職するのは難しい?

介護予防訪問リハビリテーションのサービスを提供する「訪問リハビリテーションの施設」は、近年需要が拡大しています。施設の新設も相次いでいますから、転職先は多くあるといえそうです。

ただし、介護予防訪問リハビリテーションのサービスを行うには、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の資格を持っていなくてはなりません。

これらの資格はすべて国家資格で、取得には理学療法士と作業療法士の場合で養成校に三年以上、言語聴覚士の場合は養成校に二年以上、それぞれ通って国家資格にも合格しなくてはなりません

すでに国家資格があれば転職は簡単ですが、無資格ならば資格取得から始めなくてはならないので、大変といえるでしょう。

おわりに:介護予防訪問リハビリテーションは、利用者の生活に寄り添えるサービス

介護予防訪問リハビリテーションは、利用者が要支援から要介護にならないように支えることができるサービスです。介護予防訪問リハビリテーションのサービスを行う施設での仕事は、休日や勤務時間が決まっているので、メリハリを大切にして働きたい人におすすめできます。

ただし、介護予防訪問リハビリテーションのサービスを提供するには、リハビリに関する国家資格が不可欠です。介護予防訪問リハビリテーションを行いたいなら、まずは国家資格取得のための養成校へ入学しましょう。

こんな条件の求人が注目されています

  • 高時給/高月給
  • 未経験OK
  • 完全週休2日
  • 時短/扶養内