介護予防特定施設入居者生活介護とは、要支援1・2の高齢者が要介護状態になることを予防する介護サービスのことです。ポイントをまとめると以下の通りです。

  • 厚生労働省の指定を受けた施設しか提供できないサービス
  • 厚生労働省の指定を受けた施設なので好待遇で働ける
  • 求人数は介護業界の中では少なめで、やや就職・転職が難しい

これらのポイントを中心に、求人内容や仕事内容を確認していきましょう。

介護予防特定施設入居者生活介護とは?

介護予防特定施設入居者生活介護とは、比較的介護依存度の低い要支援1・2の高齢者を対象にした介護サービスです。

要支援1・2の高齢者は見守りや手助けがあれば、日常的な動作を自分でこなすことができます。介護予防特定施設入居者生活介護は、そのような状態を長引かせて、要介護状態になることを防ぐことを目的としたサービスで、高齢者の有する能力を見極めながら、食事やリハビリといった支援を行います

サービスを提供できるのは、介護付有料老人ホーム、養護老人ホーム、軽費老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅などの施設のうち、「特定施設」と呼ばれる厚生労働省の定めた基準をクリアした施設のみです。

似たサービスに特定施設入居者生活介護がありますが、こちらはサービスを提供する施設は共通していますが、サービスを受けられる対象者が要介護1以上で療養を目的としている点で異なります

特定施設入居者生活介護のサービスについては、こちらで紹介しています。

介護予防特定施設入居者生活介護で働くメリット

介護予防特定施設入居者生活介護を提供する施設で働くメリットとしては以下のようなものがあります。

職員配置が手厚い

介護予防特定施設入居者生活介護を提供できる施設は、厚生労働省の定めた基準をクリアした施設のみです。職員数が基準を満たされていなくては、サービス提供ができなくなってしまうので、介護職員の人数も多めです。

そのため、ホワイトな職場環境である可能性が高く、しっかり体を休めつつ、介護の仕事をすることができます。

自分がしたい介護ができる

介護予防特定施設入居者生活介護を提供する施設は、職員配置が手厚いので余裕をもって利用者に接することができます。

「こんな介護をしてあげたい」「優しく高齢者に接したい」という望みをかなえていくことも可能です。

軽度の利用者が多い施設を選べば介護初心者でも安心

介護予防特定施設入居者生活介護を提供する施設の中には、比較的元気な方のみを受け入れている施設もあります。そのような施設を選べば、介護業界未経験でも安心して働けます。仕事を通して介護の勉強をして、自己実現をすることも可能です。

ただし、介護予防特定施設入居者生活介護を提供する施設の中には、特定施設入居者生活介護のサービスも行っている施設もあります。このような施設では、寝たきりの高齢者のお世話もする必要が出てくるので、仕事を通して介護の勉強をするのは困難でしょう。

介護予防特定施設入居者生活介護の主な仕事内容

介護予防特定施設入居者生活介護が行う主なサービスとしては以下のようなものがあります。

  • 食事、入浴、排せつの介助
  • 機能訓練
  • 療養上のお世話
  • 介護サービス計画書(ケアプラン)の作成

要支援1・2とは、力が弱って掃除機が使いにくくなった・歩行すると不安定さを感じる時があるといった高齢者が認定されます。そのような高齢者の部分的な介助を行い、見守ったり支えたりするのが、介護予防特定施設入居者生活介護の主な仕事です。

どんな転職先・求人があるの?

介護予防特定施設入居者生活介護の具体的な求人を見ていきましょう。(※2020/10現在の情報です。情報は変わる可能性があります。)

介護予防特定施設入居者生活介護のサービスは、介護付有料老人ホーム、養護老人ホーム、軽費老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅といった施設で提供されているのでこれらの施設に転職することになります。

特定施設のケアハウスでの介護業務の正社員求人

ケアハウスで、入居者の生活を支える支援や外出行事、レクリエーション等への付き添いを行う仕事です。応募するには介護初任者研修といった介護の資格が必要で、月給は、20.3万円~です。

有料老人ホームでのパートの求人

ホーム内の見回り、夜間呼び出しコールの対応、排泄介助、就寝、起床介助する仕事です。資格は、初任者研修以上が必要で、時給900円〜です。

最新の求人はこちらからご覧ください。

介護予防特定施設入居者生活介護で働くことの大変さ

介護予防特定施設入居者生活介護のサービスを中心に行っている施設に就職すれば、生活支援などが主な業務になります。そのため、身体的な負担が少なくて済むという長所もあります。

しかしながら、生活支援ばかりでは介護のスキルが磨けませんし、このような施設では介護福祉士の受験資格である実務経験の対象にならないこともあるのです。キャリアアップできないという大変さがあるといえるでしょう。

介護予防特定施設入居者生活介護で働くには資格が必要?

介護予防特定施設入居者生活介護のサービスは、日常の支援や介助が中心になります。そのため、介護予防特定施設入居者生活介護のサービスのみを行う介護職員になるには介護の資格の有無はそれほど重要ではありません

しかし、介護予防特定施設入居者生活介護のサービスのみを行う施設はほとんど存在しません。特定施設入居者生活介護のサービスも併せて行う施設が多いので特定施設入居者生活介護で働く場合と同様に、介護福祉士の資格必須の場合が多いといえるでしょう。

介護予防特定施設入居者生活介護に転職するのは難しい?

介護予防特定施設入居者生活介護に転職するのは難しいといえるでしょう。

介護予防特定施設入居者生活介護のサービスを行う施設では、特定施設入居者生活介護のサービスも行っている場合がほとんどです。そのため、求人の応募条件に介護福祉士の資格保有者であることという記載がある場合が多いです。

介護福祉士の資格は介護の大学などを卒業しないと取れない資格ですから取得には時間がかかります。

スキルや技能が高い人でなくては応募できないので、転職難易度は高いといえるでしょう。

こちらの記事では介護職に特化した転職サイトをまとめています。介護予防特定施設入居者介護を行う施設へ転職を考えている方は、ぜひご活用ください。

おわりに:介護予防特定施設入居者生活介護は介護予防に貢献できるサービス

「介護予防特定施設入居者生活介護」は、要支援者が要介護者になるのを防ぐためのサービスです。介助が基本的なサービスですので、介護職員の肉体的な負担は少ないといえるでしょう。

ただし、介護予防特定施設入居者生活介護のサービスのみを提供している施設はほとんどありません。要介護者を対象にした「特定施設入居者生活介護」のサービスを行いながら、「介護予防特定施設入居者生活介護」も提供しているという施設がほとんどです。

「介護予防特定施設入居者生活介護」サービスは、高い介護スキルを必要とするサービスなので、転職の難易度は高くなります。

働きたいならば、まずは介護福祉士の資格取得を目指しましょう。

こんな条件の求人が注目されています

  • 高時給/高月給
  • 未経験OK
  • 完全週休2日
  • 時短/扶養内