介護予防福祉用具貸与とは、福祉用具をレンタルするサービスのことです。使い方などを説明し、定期的なモニタリングも行います。

福祉用具のレンタルを通して、利用者のできることを広げ、苦痛を和らげることも可能な仕事で、利用者の笑顔をみることができるメリットがあります。

介護予防福祉用具貸与を行うには、福祉用具専門相談員の資格が必須ですが、求人自体は多くあるので転職はしやすいです。詳しく確認してみましょう。

介護予防福祉用具貸与とは?

介護予防福祉用具貸与とは、介護が必要な高齢者や障がい者に福祉用具をレンタルするサービスのことです。

主に、介護予防福祉用具貸与事務所でサービスを受けることが可能ですが、他にも福祉用具メーカーや販売所、福祉関連施設でも貸与してもらうことができます。

対象となる福祉用具は、介護の認定の度合いによって異なりますが、以下のような用具をレンタルすることができます。

貸与対象種目
車いす、車いす付属品、特殊ベッド、特殊ベッド付属品、床ずれ防止用具、体位変換器、手すり、スロープ、歩行器、歩行補助杖、認知症老人徘徊感知器、移動用リフト、自動排泄処理装置など

介護予防福祉用具貸与を行うには、福祉用具専門相談員の課程を修了する必要があります。そして、介護予防福祉用具貸与を行う福祉用具貸与事業所では、2名以上の福祉用具専門相談員の配置が義務付けられています

介護予防福祉用具貸与を行う福祉用具専門相談員は、利用者の症状をしっかりと見極めて、利用者の担当のケアマネジャーとも適宜相談しつつ、福祉用具の選定を行います。

貸与を行うだけでなく、福祉用具の使い方を説明し、定期的に利用者宅を訪問して、福祉用具の点検や利用状況の確認をします。モニタリングは年2回行うことが義務付けられています。

介護予防福祉用具貸与で働くメリット

介護予防福祉用具貸与を行う事務所などで働くメリットとしては以下のようなものが存在します。

利用者から感謝される仕事

介護予防福祉用具貸与サービスを行うことによって、利用者や家族の介護負担を軽減することができます。自分の提案によって、今までは歩行が困難だった人が歩行器を使って自由に出歩けるようになったり、床ずれといった痛みから解放されたりする姿をみることが可能です。

利用者やその家族から、「ありがとう」「とても楽になりました」といった感謝の言葉をかけてもらえるので、とてもやりがいがあります。

定期的なモニタリングなどを通して、利用者と長い間、関わっていけるという楽しさもあるのです。

他の専門職とも信頼関係を築ける

介護予防福祉用具貸与サービスは、介護のケアプランを作成するケアマネジャーから話を受けて仕事を進めていくことがしばしばあります。

場合によっては介護の専門職や医療スタッフとの連携も必要になってきます。「福祉用具のプロフェッショナル」としてさまざまな専門職の方と対等に渡り合えますし、頼られる存在になることも可能です。

他分野の専門家との人脈もできるので、働いていてやりがいを感じることができます。

転職に有利

最近、福祉用具の知識を求める業界が増えてきています。

高齢者が住みやすいように住宅改修を行うハウスメーカーやホームセンターやスーパーなどの介護福祉用品売り場、ドラッグストア、福祉用具メーカーなど、高齢者の増加にともない、活躍の場所が広がっています。

ですので、介護予防福祉用具貸与サービスを行う事業所で働いたことのある人は、そのような他分野でも働いていくことができます。転職の幅が広がる経歴を持てるメリットがあるのです。

介護予防福祉用具貸与の大変さ

介護予防福祉用具貸与は、やりがいのある仕事ですが、大変な部分もあります。それは、貸与する用具に対する深い知識が不可欠という点です。

介護予防福祉用具貸与で貸し出す用具は、いずれも使い方を間違えると大事故につながるものばかりです。ですので、きちんと用具に関する知識を身に着け、利用者に説明できるだけのスキルが求められます。

利用者が常に使う用具だからこそ、エキスパートとして責任を持たなくてはならない大変さがあるのです。

介護予防福祉用具貸与で働くには資格が必要?

介護予防福祉用具貸与で働くには資格が必要です。具体的には、各都道府県知事が指定する研修事業者が実施する「福祉用具専門相談員指定講習」を受講し、筆記試験に合格して、福祉用具専門相談員の資格を取得しなくてはなりません。

福祉用具専門相談員指定講習は、50時間を7日間かけて受講します。講習は都道府県知事の指定する研修事業者が実施しており、費用は4万円~6万円です。

基本的に、だれでもきちんと修了できる難易度の低い資格ですが、1週間講座を受講しなくてはならない大変さもあります。

ただし、以下の資格を持っていれば、福祉用具専門相談員指定講習を修了しなくても、介護予防福祉用具貸与で働くことが可能です。

介護予防福祉用具貸与で働くことができる資格
介護福祉士、社会福祉士、保健師、看護師/准看護師、理学療法士、作業療法士、義肢装具士

どの資格取得も簡単ではありませんが、仕事の幅も広がり、給与もアップするので早めに取得しておくといいでしょう。
なかでも比較的取得しやすい資格については、下記で紹介しています。

介護福祉士の資格についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

社会福祉士の資格についてはこちらの記事で紹介しています。

介護予防福祉用具貸与に転職するのは難しい?

介護予防福祉用具貸与を行う事業所の求人は、常に一定数存在しています。加えて、いずれの事業所も福祉用具専門相談員の資格があれば、実務経験がなくとも応募可としています。

福祉用具専門相談員の講座は1週間程度で修了可能ですし、その後に行われる試験も難しいものではありません。

ですので、転職難易度は低いといえるでしょう。まずは、福祉用具専門相談員の資格取得を目指してみましょう。

どんな転職先・求人があるの?

介護福祉士が活かせる福祉用具専門相談員の実際の求人情報をみてみましょう。
(※2020/09現在の情報です。情報は変わる可能性があります。)

介護資格不問の福祉用具専門員の求人

パートの求人です。福祉用具の配達 ・福祉用具のメンテナンスが主なお仕事です。
時給は1,050円。資格取得支援制度もあるので、これから資格をとる方にもおすすめです。

福祉用具専門相談員の正社員求人

正社員の求人です。福祉用具専門相談員、普通運転免許、高卒以上の資格所持が応募の必須条件です。福祉用具貸与、販売の商品の選定、商品の納品や引取り業務が主なお仕事です。
月給は20万円~。住宅手当や資格手当もあって充実しています。

介護福祉士が活かせる最新の求人はこちらからご覧ください。

おわりに:誰かの笑顔を見たいならば介護予防福祉用具貸与サービスへの転職はおすすめ

介護予防福祉用具貸与サービスは、福祉用具の貸与を通して、利用者の生活を楽にしてあげることができます。多くの人に感謝されますし、医師やケアマネジャーといった他業種のプロとの連携を取っていくことも可能です。

介護予防福祉用具貸与になるための資格である「福祉用具専門相談員」はやさしい資格ですし、介護予防福祉用具貸与サービスの求人も多く存在しています。ぜひ、転職を目指してみてください。

こんな条件の求人が注目されています

  • 高時給/高月給
  • 未経験OK
  • 完全週休2日
  • 時短/扶養内