地域密着型特定施設入居者生活介護の施設とは、住み慣れた地域で生活しながら介護サービスを受けられる施設のことです。

定員が29名以下で、地域にある家庭的な雰囲気の施設なので、地域や家庭との繋がりを大切にしつつ介護を受けたい高齢者に人気です。介護依存度が比較的低い入居者が多いので、初心者でもしっかりと活躍できるメリットがあります。

資格はなくとも働けますが、「初任者研修」の資格があることを応募条件としている施設
多いので、転職したいならばまずは資格の取得を目指すのが大切です。

地域密着型特定施設入居者生活介護とは?

地域密着型とは、高齢者が住み慣れた地域で、家族と近いところで介護を受けつつ生活できるようにするサービス施設のことです。地域密着型特定施設入居者生活介護もそのうちの一つで、比較的介護依存度の低い高齢者を対象にした入所施設を指します。

特定施設とは、有料老人ホームや軽費老人ホーム、養護老人ホーム、そして一部のサービス付き高齢者住宅のうち、厚生労働省が機能回復のためのリハビリテーションを受けられると認定した施設のことです。

地域密着型特定施設入居者生活介護で働く介護スタッフは、ケアマネジャーが作成したケアプランに基づき、食事介助や入浴介助、排泄介助といったサービスを行います。

利用できる対象者は、要介護1以上で、施設のある地域に住んでいる高齢者です。

施設の定員は29名までと決められているので、アットホームな雰囲気のなかで介護サービスを受けることが可能です。

なお、地域密着型サービスには、地域密着型特定施設入居者生活介護以外にも、地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護(地域密着型特別養護老人ホーム)と呼ばれるものがあります。名称は似ていますが、地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護は要介護3以上の方しか利用できない点で異なります。

地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護(地域密着型特別養護老人ホーム)のお仕事内容や求人情報については、こちらの記事で詳しく紹介しています。ぜひご覧ください。

地域密着型特定施設入居者生活介護で働くメリット

地域密着型特定施設入居者生活介護で働くメリットとしては以下のようなものがあります。

初心者でもしっかりと学びながら活躍できる

地域密着型特定施設入居者生活介護の施設は、比較的介護依存度の低い高齢者が入所してきます。能力を引き出す工夫も加えながら、自立支援に向けた介護が業務の中心になってきます。

また、地域密着型特定施設入居者生活介護の施設の定員は最大29名ですから、たくさんの高齢者の介護をしなくてはならないということもありません。

一人で仕事を任されることはありませんから、先輩スタッフの指導を受けつつ、活躍していくことができるのです。力仕事も比較的少なめで、介護のスキルが高くなくともきちんと活躍できます。

比較的元気な高齢者のお世話ができる

地域密着型特定施設入居者生活介護は要介護1から入所できる施設です。そのため、寝たきりの高齢者が入所してくることは少ないです。

排泄や歩行介助といった基本的な業務のほかに、レクリエーション、イベントといった業務もあり、ゲームや運動といったレクリエーションを企画し、お花見や夏祭り、ミニ旅行やお買い物ツアーといったイベントの運営も行います。

このような企画運営が苦手な人は大変でしょうが、地域のお年寄りの話を聞いたり、一緒に何かを楽しんだりするのが好きな人ならば、仕事を楽しめるというメリットがあるのです。

特定施設なので将来も安定している

地域密着型特定施設入居者生活介護の施設は、特定施設の一種です。

特定施設とは、厚生労働省が定めた基準をクリアしなくてはなることができません。特定施設とは、行政のお墨付きともいえる施設です。そのため、入所希望者も多く、自治体からの支援もあるので、将来的にも安定してサービスを提供していくことができます。

実は、最近、介護施設の新設が相次ぐ一方で、介護施設の倒産も相次いでいて、2019年上半期には過去最多の倒産件数を記録しました。

しかし、行政もかかわっている特定施設ならば、倒産の可能性も低く、将来的にも同じ施設でずっと働けるというメリットがあるのです。

地域密着型特定施設入居者生活介護の大変さ

地域密着型特定施設入居者生活介護の施設の大変さとしては、行政の指定を受けている施設なので、高いサービスを求められる点にあります。特定施設入居者生活介護の運営基準を満たせる介護サービスを提供していくことを求められるので、スタッフもある程度の緊張感を持って働かなくてはならないのです。

地域密着型特定施設入居者生活介護は、要介護1から入所することができる施設です。ただし、施設の中には、医療やリハビリに力を入れている施設があり、そのような施設ならば力仕事も多く大変というデメリットもあるのです。

その一方で、介護度の低いホテルのような「おもてなし」や「心地よさ」を重視した施設も存在していて、そのような施設では、介護職員として入ったのに、掃除や洗濯ばかりやらされて介護のスキルを磨けないという大変さもあるのです。

地域密着型特定施設入居者生活介護の施設には、さまざまなタイプのものがあるので、自身がどのような施設で働きたいのかを考えて、就職活動をするのが大切といえるでしょう。

地域密着型特定施設入居者生活介護で働くには資格が必要?

地域密着型特定施設入居者生活介護で働くには、資格は必要ありません。介護依存度の低い高齢者が多い施設では、未経験者歓迎・研修充実と募集要項に記載されていることもあります。

しかし、介護依存度が低い高齢者が多いといっても、ある程度の知識は必要です。具体的には以下のような資格を取得していると転職の難易度が下がります。

  • 初任者研修
  • 実務者研修
  • 介護福祉士

「介護職員初任者研修」について詳しくはこちらの記事をご覧ください。


「実務者研修」について詳しくはこちらの記事をご覧ください。

「介護福祉士」について詳しくはこちらの記事をご覧ください。

施設によっては有資格者の給与を高くしていることもあるので、積極的に取得をしておきましょう。

地域密着型特定施設入居者生活介護に転職するのは難しい?

地域密着型特定施設入居者生活介護は、転職が難しい施設ではありません

地域との関わりを大切にしながら介護を受けたいと考える高齢者が増加していることもあり、施設の新設も進んでいます。そのため、求人も常に一定数存在しています。

地域密着型特定施設入居者生活介護で働く上で、必要な資格は存在しませんが、資格があるほうが転職に有利です。転職をしたいならば、初任者研修などの資格を取得してみてください。

どんな転職先・求人があるの?

地域密着型特定施設入居者生活介護の介護職員の実際の求人情報をみてみましょう。
(※2020/09現在の情報です。情報は変わる可能性があります。)

有料老人ホームの介護職員・ホームヘルパー求人

派遣社員の求人です。有料老人ホームでの利用者さまの日常生活全般のお手伝いをしていただきます。お手伝いの内容は、移動介助や排せつ介助など、日常生活のサポートがメインです。徐々にできることを増やしていきましょう。
時給は1,100円~1,250円。有給休暇や社会保険も完備していて働きやすい環境です。

最新の求人はこちらからご覧ください。

おわりに:地域のお年寄りをサポートしたい人は地域密着型特定施設入居者生活介護へ転職しよう

地域密着型特定施設入居者生活介護は、介護依存度が比較的低い「要介護1」の人から入所できる施設です。お花見や旅行といった行事の企画が多い施設もあり、そのような企画やイベントも好きな人には向いている職場です。

ただし、地域密着型特定施設入居者生活介護の中には、医療やリハビリに力を入れている施設も存在していて、そのような施設では、高い介護スキルや知識を求められます。一方、介護依存度の低い人ばかりが入所している施設では、介護の仕事を任されず、掃除や洗濯ばかりすることになる可能性もあります。

地域密着型特定施設入居者生活介護へ転職するならば、その施設が、どのような高齢者を受け入れている施設なのかもしっかりと調べておくようにしましょう。

こんな条件の求人が注目されています

  • 高時給/高月給
  • 未経験OK
  • 完全週休2日
  • 時短/扶養内