通所リハビリテーションの施設とは、要介護認定を受けた高齢者を、日帰りで預かって日常生活に必要な介助や、その人の身体機能や認知機能を向上させるためのリハビリテーションを行う施設のことです。施設のポイントをまとめると以下の通りです。

  • 日帰りで必要なリハビリを受けられる施設
  • 働きながらスキルアップできる
  • 無資格でも転職できる施設

通所リハビリテーションの施設は、リハビリを通して利用者のケアをできるだけでなく、外部との接触を通して利用者に楽しみを提供することができます。需要が高まりつつある施設なので将来性も抜群です。詳しく確認していきましょう。

通所リハビリテーションの施設とは?

通所リハビリテーションの施設とは、日帰りで理学療法・作業療法・言語聴覚療法といったさまざまなリハビリを受けることができる施設です。

介護以上にリハビリに重点を置いた施設なので、介護職員だけでなく、リハビリの専門職が多く配置されているのが特徴です。常勤の医師は最低でも一人勤務していて、その他にも施設の規模などに応じて、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士といったスタッフが配置されています。医療・リハビリ・介護という3分野のプロによって構成されている施設なのです。

そして、介護の職員は以下のような業務を担当することになります。

  • 利用者の送迎
  • 利用者のバイタルチェックや簡単な体調チェック
  • 食事・入浴・排泄といった日常動作の介助や支援
  • レクリエーションの運営
  • 利用者のカルテ管理などの事務仕事

近年、高齢者が増加傾向にあります。このような高齢化の進行を背景にして、政府はできる限り住み慣れた地域や自宅で、自分らしい生活をする支援をするということを大切にしています。

このような政府の方針もあり、利用者が自宅にいながらも、日中の一定時間をリハビリができる通所リハビリテーションの施設は今後も需要増加が見込まれます。ですので、転職すれば、将来的にも安定して職を続けられるでしょう。

通所リハビリテーションの施設で働くメリット

通所リハビリテーションは、高齢者や家族の支えになれる施設です。そんな通所リハビリテーションで働くメリットとしては以下があります。

働きながらスキルアップもできる


通所リハビリテーションでは、介護職員がリハビリの手伝いをすることもあります。そのような仕事を通じて、専門的なリハビリ知識や応用スキルを自然と覚えていくことも可能です。

さらに、日常の業務でも、医師・看護師といった医療スタッフや作業療法士・言語聴覚士といったリハビリスタッフとも活発な意見交換を行う傾向にあります。

これらの話し合いや日頃の業務などを通して、さまざまな知識が身につき、自然とスキルアップしていくこともできます。そして、身についた知識や経験によって資格を取ることもできるというメリットがあるのです。

利用者との人間関係が比較的楽

通所リハビリテーションは、在宅でも生活できる高齢者を主な対象にしたサービスです。そのため、比較的介護度が低い利用者が多いので、コミュニケーションがとりやすい傾向にあります。

加えて、宿泊施設ではなく通いの施設なので、利用者と程よい距離感で接することが可能です。過度になれ合うことがないので、人付き合いが苦手な人でもうまく働けるメリットがあるのです。

生活リズムを大切にしながら働ける

通所リハビリテーションの施設は、決められた時間に利用者を迎えるので、早出や遅出といったことはありません。加えて、夜勤も一切存在しないので、家庭がある人でも生活リズムを大切にしながら働けるメリットがあるのです。

施設によっては土日も休みになることがありますし、昼間や午前中のみ働ける勤務形態も存在しています。正社員だけでなく、パートや派遣での働きかたもできるので、どんな人でも働きやすい環境が整っているといえるのです。

通所リハビリテーションの施設で働くことの大変さ

通所リハビリテーションの施設は、柔軟に適切な対処をしなくてはならない大変さがあるのです。

通所リハビリテーションの施設は、日々、同じ人が利用することはありません。登録された利用者が、曜日ごとに順番に施設にやってくるのです。

そのため、日によって変わる利用者の名前と顔をしっかりと覚えておかなくてはなりませんし、利用者の体調状態などをしっかりと理解して、小さな変化にも気づいて常に配慮し観察しなくてはならない大変さがあります。

通所リハビリテーションの施設の利用者は、自立度の高い利用者が多いので、名前や状態を間違えるとすぐに気づかれて信頼を失ってしまうといえるのです。

さらに、通所リハビリテーションの施設の業務のうち、レクリエーションは大きなウェイトを占める傾向にあります。ですから、レクリエーションなどもしっかりと企画し、大勢の人を前にしても緊張せずに進行をしなくてはならない大変さもあるのです。

通所リハビリテーションの施設で働くには資格が必要?

通所リハビリテーションの施設で働くには、資格は必須ではありません。コミュニケーション能力が高く、人の顔や名前を覚えるのが得意といったスキルがあるのならば、それを面接でアピールすれば採用される可能性は十分あります。

また、研修が充実している施設で働けば、仕事を通して実地でスキルを学んでいくこともできるのです。

ただし、資格があれば有利になる傾向にはあります。介護の入門資格である介護職員初任者研修普通自動車運転免許があると優遇されるといえるでしょう。

介護職の資格の入門編ともいえる介護職員初任者研修。比較的取得しやすい資格になっているので、未取得の方はぜひ取得に向けてチャレンジしてみてはいかがでしょうか。転職にも役立ちますし、持っていて損はしない資格といえます。
こちらの記事でも詳しく紹介しています。

通所リハビリテーションの施設に転職するのは難しい?

通所リハビリテーションの施設への転職は決して難しくありません。政府の方針などもあり、通所リハビリテーションの施設への期待や需要は高まっていっているので、求人は一定数あります。

特に、資格保有者は転職で優遇される傾向にありますから、まずは、介護職員初任者研修の資格取得の勉強をスタートするといえるでしょう。

ただし、通所リハビリテーションの施設の中には、ブラックな施設があるのも事実です。ですから、求人が多いからと言って闇雲に応募するのではなく、その施設の評判などをしっかりと確認しておくようにしましょう。

施設の評判や雰囲気は、介護職に特化した転職サービスで聞くことも可能です。こちらの記事では、現介護士がおすすめしている転職サービスをまとめていますから、ぜひ参考に選んでみてください。

おわりに:働きながらスキルアップもできる通所リハビリテーションの施設への転職を目指そう!

通所リハビリテーションの施設とは、リハビリが必要な高齢者を、日帰りで介護する施設のことです。医者やリハビリの専門職の方と一緒に仕事をするので、日ごろの業務を通して、さまざまな知識やスキルを身に着けていくことができます。

生活リズムを大切にしながら働けるメリットなどもありますし、無資格・業界未経験でもしっかりと活躍できる職場です。

ただし、資格があると転職がしやすくなりますから、ぜひ取得を検討してみましょう!

こんな条件の求人が注目されています

  • 高時給/高月給
  • 未経験OK
  • 完全週休2日
  • 時短/扶養内