短期入所療養介護とは、短期間の間、介護施設に宿泊して介護や療養を受けるサービスのことです。介護者が仕事や病気などの都合で、介護ができなくなったときに活用されます。

短期とあるように、長期間宿泊することはできないサービスです。この施設のポイントをまとめると以下の通りです。

  • 介護だけでなく医療ケアも必要な人が利用する
  • 医療スタッフもいる施設なので、安心して介護に専念できる
  • 転職のために必須の資格はなく、転職難易度も低め
  • 高齢化社会の進行につれ、医療的なケアを必要とする高齢者は増えていくことが予想されます。そのため、介護だけでなく医療ケアもできる短期入所療養介護施設は、今後も需要が高まってくるといえるでしょう。転職や施設概要について確認していきましょう。

    短期入所療養介護の施設とは?

    短期入所療養介護の施設とは、ショートステイサービスを提供する施設のことです。ショートステイとは、普段は自宅で介護を受けている利用者が、理由があって短期間だけ施設に宿泊して介護サービスを受けることを指します。

    入所の理由は、いつも介護をしている家族が休息を取りたいというケースや他の施設の入居待ちをしている間に少し預かってほしいというケースまでさまざまです。

    そして、短期入所療養介護とは、介護のほかに医療的な管理も必要な利用者を対象にしているショートステイサービスです。インスリンの注射や喀痰吸引、さらには、リハビリテーションなど、医療的ケアの側面が強いショートステイとなっています。

    短期入所療養介護の施設は、介護士だけでなく、必ず医師が配置されているという特徴があります。医療的ケアを行うために、医師の他にも大勢の看護師や理学療法士・作業療法士・言語聴覚士といったリハビリテーションを専門とするスタッフも配置されています。

    そのため、短期入所療養介護の施設は、介護老人保健施設や看護小規模多機能型居宅介護といった医療施設に併設されることも多いようです。

    短期入所療養介護の施設で働くメリット

    短期入所療養介護の介護施設で働くメリットは以下のようなものが存在します。

    医療の専門スタッフがいるので、安心して働ける

    短期入所療養介護の施設には、医師や看護師が常駐しています。

    高齢者は、転倒といった事故に遭う可能性もありますし、病状が急変することもあるのです。このような医療的処置が必要な出来事があったときも、通常の入所施設は、介護職員が最低限のケアをすることになります。

    介護職員ができること、やるべき仕事内容は事前に確認しておきましょう。こちらの記事で詳しく紹介しています。

    しかし、短期入所療養介護の施設には医師や看護師が常駐しているので、いざというときに頼ることが可能です。事故や急変の多い高齢者を安心して介護できるメリットがあるのです。

    短期間で入居者が入れ替わるので、人間関係が楽

    短期入所療養介護の施設は、最大で30日しか宿泊することができない特徴があります。そのため、入所している人が短期間でひっきりなしに変わっていきます。長期間の入居施設の場合、利用者との関係が密になりがちです。親密になれるからこその良さもあるのですが、人間関係にはドライでありたい人は、そのような環境に苦痛を感じてしまいがち。

    さらに、利用者の高齢者の中には、どうしても気が合わない人もいます。短期間ならば「あと数日介護したら開放される」と前向きに考えることができますが、長期間や無期限入所施設ではそのような希望を持つこともできないので大変です。

    利用者との人間関係が30日ごとにリセットされるので、精神的負担がそれほどないというメリットがあるのです。

    家族から感謝されやりがいがある

    短期入所療養介護の施設は、家族から感謝されることの多い施設です。短期入所療養介護施設は、在宅介護からしばらく解放されたい家族が利用することもあります。

    旅行や冠婚葬祭、子供の行事などで数日間だけ利用するということも多くあるのです。そのため、利用の最終日に家族の方から「おかげでリフレッシュできました!」「また明日から介護を頑張れそうです!」とお礼を言われることが多いのです。

    在宅介護の原動力になっているという実感をもつことができ、やりがいがあるというメリットがあります。

    短期入所療養介護の施設で働くことの大変さ


    短期入所療養介護の施設の大変さは短期間で利用者の特徴をつかまなくてはならない点にあるといえるでしょう。短期入所療養介護の施設を利用するのは、病気の療養も必要な、やや介護依存度の高い人が多い傾向にあります。

    そのような利用者の病状などを短期間で見極めて、心地よい宿泊生活を送ってもらえるように介護をしなくてはなりません。

    利用者の中には、宿泊に不安を感じて、混乱してしまう人もいます。やっと施設に落ち着いてもらったころに帰宅ということも多くあり、混乱している利用者をなだめて送り出すということを日々繰り返さなくてはならない大変さもあるのです。

    また、部屋の利用者がめまぐるしく変わるので、日々、掃除を繰り返さなくてはならない大変さも存在しています。

    短期入所療養介護の施設で働くには資格が必要?

    短期入所療養介護の施設は、介護の資格が必要な施設ではありません!無資格や介護業界未経験でも働くことが可能です。

    先輩の介護職員から研修中にスキルを学んで、実地で介護のスキルを身に着けていくこともできるでしょう。

    ただし、短期入所療養介護を利用するのは、医療ケアも必要な人が多いので、ある程度の介護スキルを持っていた方が転職に有利で、歓迎される傾向にはあります。介護職員初任者研修や実務者研修といった介護の資格を持っていると有利になります。

    特に、実務者研修の資格があれば、たん吸引や経管栄養を行うことができるようになります
    短期入所療養介護の施設の利用者は、これらの医療ケアが必要な方が多いので、実務者研修の資格があれば、かなり転職で有利になり、好条件での活躍も可能になるでしょう。介護福祉士実務者研修については、こちらの記事でも詳しく紹介しています。

    短期入所療養介護の施設に転職するのは難しい?

    短期入所療養介護の施設は、高齢化に伴い、常に一定の需要があります。短期宿泊を希望している高齢者や家族は大勢おり、順番待ちをしている利用者も多数いるのが現状です。

    短期入所療養介護の施設の求人は常に一定数存在しているので、転職の難易度は低めといえるでしょう。

    特に、介護の資格保有者歓迎としている求人が多いので、何らかの資格の勉強をしておくと有利といえます。まずは、数か月で取得できる初任者研修の資格を取得して、転職活動をスタートすると良いでしょう。

    そして、その後、職場でスキルアップしたいならば、実務者研修の資格を働きながら取得してみると良いですね。

    おわりに:在宅介護を支えられる短期入所療養介護の施設への転職を目指そう!

    短期入所療養介護の施設は、介護と医療ケアが必要な高齢者を短期間預かる施設です。短期間で利用者が入れ替わるめまぐるしさも存在していますが、在宅介護で苦労している家族を支えて、医療スタッフと連携して介護ができるやりがいもあります。

    短期入所療養介護施設は、順番待ちをしている利用者も多く、需要の高い施設です。転職の難易度も低いといえ、無資格・業界未経験でも転職可能という特徴があります。

    しかし、何らかの資格があると有利になるので、初任者研修の資格を取得して転職を目指すとよいでしょう。

    こんな条件の求人が注目されています

    • 高時給/高月給
    • 未経験OK
    • 完全週休2日
    • 時短/扶養内