高齢化が進むにつれて、認知症の患者も増えてきています。認知症対応型通所介護の施設とは、認知症の方のみを対象とした少人数制の通所介護施設です。認知症に特化したケアを行うので、認知症の進行を遅くしたりして、家族や利用者の支えになってくれます。

認知症対応型通所介護の施設のポイントをまとめると以下の通りです。

  • さまざまな認知症の症状に合ったケアをする施設
  • 少人数制の施設なので利用者一人ひとりに寄り添える
  • 資格なしでも転職できるが、介護職員初任者研修の資格があると有利

近年、認知症患者は増え続けており、認知症を専門的に理解した上で適切なケアができる「認知症対応型通所介護施設」は需要が高まることが予測できます。

注目度が高まっている認知症対応型通所介護施設について詳しく確認していきましょう!

認知症対応型通所介護の施設とは?

認知症対応型通所介護とは、認知症の方を専門とした通所施設のことです。そのため、一般の人は利用できず、認知症の診断を受けた人か、自治体によって認知症に準ずる病気であると判断された人のみが利用できます。

通所型の施設なので、利用者は施設に住むことはありません。基本的には自宅で過ごし、定期的に、施設に通って食事や認知症のケアを受けます

認知症には、「アルツハイマー病」「脳血管性認知症」「レビー小体型認知症」など様々な種類があり、症状も全く異なります。それにも関わらず、通常の施設では認知症とひとまとめにされて、一人ひとりの特性を理解した上でのケアがされません。

しかし、認知症対応型通所介護施設では、「都道府県で実施している認知症対応型サービス事業管理者研修を修了していること」が管理者には義務付けられていて、そのため、高度で専門的なケアを受けることができます。

施設内では、認知症の進行を遅らせ、自宅内で自立して生活できるように、認知症の方に適した運動やレクリエーションを受けることが可能です。また、認知症の方は、引きこもって孤独を抱えがちですが、施設に通所し、他の利用者や職員と交流を持つことで孤独感を軽減してもらえる効果も期待できます。

認知症の患者は大勢の人と関わりを持つことを苦痛とする傾向にあるので、認知症対応型通所介護の施設は、利用者定員が12名以下となっています。少人数で、介護が手厚い環境で、穏やかに過ごすことができる施設であるという特徴があるのです。

認知症対応型通所介護の施設で働くメリット

認知症の方を専門とした通所施設である認知症対応型通所介護の施設には、以下のようなやりがいや働くメリットが存在します。

利用者のできることを増やせる


認知症対応型通所介護の施設では、利用者のやる気を引き出しながら、さまざまなリハビリを行います。

本人の力でできそうなことは、利用者本人にやってもらうようにしている施設です。ですので、介護のスタッフの努力によって、これまではできなかったことができるようになる利用者も多数います。

配膳や調理、皿洗いなどの日常動作を、利用者ができるようになり、家族の方や利用者の笑顔を見ることが可能です。

多くの喜びや笑顔を見ることができ、誰かを支えているという実感を持てるメリットがあります。

利用者と深い人間関係が築ける

認知症対応型通所介護の施設は、12人以上の利用者を受け入れてはならないと決められています。どの施設でも少人数の利用者しかいないので、深い人間関係を築けます。

利用者の身の回りのお世話を通して、さまざまなコミュニケーションが取れますし、自然と相手の性格や好みを知ることも可能です。

表面的ではない信頼関係を築くことができ、必要とされている喜びを感じられるメリットがあります。

また、認知症対応型通所介護の施設は家族の負担をかなり軽減できる施設でもあるのです。ですから、家族の方の笑顔や感謝に出会うこともできるメリットもあります。

家庭やプライベートと仕事を両立でき、自己実現も可能!

認知症対応型通所介護の施設は通所施設です。ですので、宿泊施設と違って、利用者が滞在する時間は毎週月曜~土曜の9時~17時の間である場合がほとんどといえます。

残業や夜勤もほとんどありませんので、定められた時間で帰宅することが可能ですし、時間を決めて一日に数時間だけ働くこともできます。

土日や平日でもシフトを組んで休むことができるので、家庭やプライベートもきちんと大切にして働くことが可能です。

また、施設での仕事を通して認知症に関する知識を身に着けることもできます。認知症は高齢になれば、だれでもかかる可能性が高い病気です。ですから、自分の家族といった身近な人が認知症になったときにきちんと支えることもできます。

さらに、身につけた認知症の知識を活用して、認知症対応型通所介護施設の管理職にスキルアップできるのも魅力といえるでしょう!

管理職を目指したい方は、管理職になるとどんな仕事をするのかなど基本をチェックしておきましょう。働いてから「想像以上に大変だった…。もうやめたい。」となってしまっては、せっかくのスキルアップも無駄になってしまいます。管理職についてはこちらの記事で紹介しています。

認知症対応型通所介護の施設で働くことの大変さ

認知症対応型通所介護の施設はメリットも多くありますが、認知症に特化した施設だからこその大変さもあるのです。

認知症は、ひとくくりにされてしまいがちですが、多くの種類がありますし、どのような症状がでるのかが個人によって異なります。ですので、利用者一人ひとりの状態をきちんと見極めて、対処していかなくてはならない大変さがあります。

たとえば、「入浴を拒む」という行動をとる認知症の方は多くいるのですが、記憶に障害が出ている認知症の方は、もう既に入浴したと思っているので拒んでいるという背景もありますし、脳血管性認知症の方は感情の起伏が激しくなっているので拒んでいるという背景もあるのです。

そして、その背景をきちんと理解し、対処をしていかなくてはなりません。認知症の知識がなく、脳血管性認知症の方に、記憶障害がある認知症の方に接するような対応をすると、問題がこじれる可能性があるのです。

日々、勉強をして、利用者の症状を見極めて対応しなくてはならない大変さがあるといえるでしょう。

認知症対応型通所介護の施設で働くには資格が必要?

認知症対応型通所介護の施設で働くには、資格は必要ありません! 無資格・未経験者歓迎としている施設も多く存在しているのです。

しかしながら、無資格の場合は、パートやアルバイトとしての採用になることが多いといえます。ですから、介護の入門資格である介護職員初任者研修の資格を取っておくと良いでしょう。
介護職員初任者研修は、介護職をはじめるときの基本の資格です。こちらの記事でも詳しく紹介しています。

また、施設によっては、施設負担で資格を取らせてくれる場合もあるようです。ですから、まずはパートやアルバイトとして転職して、実務経験を積みながら資格を取るのも良いでしょう。

認知症対応型通所介護の施設に転職するのは難しい?

認知症対応型通所介護の施設は、高齢化に伴い需要が高まっています。しかし、法律によって12人以上の利用者を預かってはいけないことになっているので、なかなか供給が追い付いていない状態にあるようです。

施設の新設も相次いでいますから、求人は一定数あります。転職は決して難しくありません。

転職成功の可能性をより高めていきたいならば、介護の資格を取るのがおすすめです。特に、介護職員初任者研修は数か月でとれるので介護の勉強を兼ねて取得を目指すと良いでしょう。

また、認知症介助士や認知症ライフパートナーといった認知症の初級資格を有していると、より好待遇での転職が期待できます。いずれも数千円で取れる資格なので挑戦してみると良いでしょう。

おわりに:認知症対応型通所介護施設は無資格でも転職できてやりがいのある施設

認知症に特化した施設である「認知症対応型通所介護施設」は、社会や家庭で孤立しがちな認知症患者を支えて、居場所を作ってあげることができる点に特徴があります。

高齢化に伴い今後も需要が高まることが予測されますし、施設での勤務を通して家族や利用者から感謝されるというやりがいもあります。

資格がなくとも就職や転職できる施設ですが、しっかりと利用者に寄り添って活躍していきたいならば、介護職員初任者研修や認知症資格を取るのがおすすめです。ぜひ、転職を検討してみてください。

こんな条件の求人が注目されています

  • 高時給/高月給
  • 未経験OK
  • 完全週休2日
  • 時短/扶養内