通所介護施設とは、日中の時間帯に高齢者を預かって、食事や入浴、レクリエーションといったサービスを提供する施設です。

高齢者の多くは自宅に引きこもって、家族以外とはなかなか交流を持たない状態になってしまっています。そんな高齢者を自宅から引き出して、社会になじんでもらったり他の高齢者と交流を持ってもらったりするお手伝いをします。

そんな通所介護施設の特徴や転職の難易度をまとめると以下の通りです。

通所介護施設のポイント

  • 日帰りで、食事や入浴介助、機能訓練などをする施設
  • 利用者の自立した生活を支援できるのがメリット
  • 無資格・未経験でも転職できる施設

通所介護施設は、介護度の低い高齢者が利用する施設で、無資格の人でも転職できるのが特徴です。詳しくポイントや転職のコツを確認しておきましょう。

通所介護施設とは?


通所介護施設とは、日帰りで施設に通って食事や入浴など日常生活上の介護やレクリエーションを通じて機能訓練等を受けることのできる施設のことです。朝、利用者の自宅まで迎えに行き、夕方に自宅まで送り届けるまでが仕事です。

通所介護施設が利用できるのは、要介護1~2の利用者が半数以上を占めていて、基本的なことは自分でできる人の自立や生活を支えることを目的としています。

通所介護施設が担う業務としては以下のようなものが存在します。

  • 送迎・・・自宅と施設間を送迎します
  • 入浴介助・・・洗身や洗髪をします
  • 食事介助・・・バランスの取れた食事を提供し、口腔ケアも実施します
  • 排泄介助・・・自力での排泄を促し、生活機能の向上の手伝いをします
  • レクリエーション・・・クイズ大会などを実施し心身機能の向上や人との交流を目指します

また、通所介護施設の中には、「宿泊サービス」などを実施していることもあります。

基本的には、利用者の自立的な生活をサポートして、楽しい時間を提供するのが通所介護施設の特徴といえるでしょう。

通所介護施設で働くメリット

介護の必要性が低い高齢者の生活を支援する「通所介護施設」。要介護度が低い利用者が多いため、比較的、活発な雰囲気があるという特徴があり、以下のような働くメリットがあります。

プライベートも充実させることが可能!

通所介護施設は、利用者の利用時間などがきちんと決められています。なかには、宿泊サービスを提供している施設もあり、この場合は夜勤や残業もあります。しかし、宿泊サービスがない施設ならば、夜勤もなく土日は休みになることがほとんどです。

そのため、自分の予定を組みやすく、土日に多い学校行事などにも参加できるので、育児といったプライベートも充実させることができます。

規則的な生活を送れますし、正社員だけでなく、派遣やパートといった働き方もあるので、自分の生活リズムにあわせて社会的に活躍していくことも可能です。

体力的な負担が少ない

通所介護施設を利用しているのは、少し手助けをしてあげれば自立した生活を送れる人がほとんどです。介護仕事というと、かなりの力仕事というイメージを持たれがちですが、通所介護施設に限っていうと、ほとんど体力的な負担がありません。

利用者の方は、頭がしっかりとした人が多いので、会話などで盛り上がることも多く、楽しく仕事ができるという特徴があるのです。

家族や利用者からお礼を言われる

通所介護は、高齢者の介護支援だけでなく、その家族の介護負担や精神的不安を減らすことも目的としています。

介護の必要性が低い高齢者とはいえ、やはり家族の人は「一人にしておいてもいいのだろうか?」といった不安を抱えがちです。そのため、高齢者がいる家族の方は、なかなか自分の時間を持つことができません。

しかし、通所介護施設に高齢者を預かってもらうことで、自分の時間を確保し、介護の相談などにも乗ってもらえます。介護負担がかなり軽くなるのです。

そのため、通所介護で働いていると、利用者や家族から感謝されることが多く「社会的に活躍している」という実感を強く持つことができます。

通所介護施設で働くことの大変さ

通所介護施設は、介護の必要性が低い利用者が多いです。とはいえ、仕事が簡単というわけではありません。通所介護では、利用者を施設に迎えたのちに、入浴や食事、レクリエーションまで様々なことを行っていく必要があるのです。これらのプログラムやなすべきことを限られた時間内でテンポよく行わなくてはならないという大変さもあります。

また、しっかりとした利用者が多く、利用者の方々それぞれに個性があるので、どうしても価値観が合わない高齢者の方もいるでしょう。そのような高齢者の考えや価値観を尊重しつつ、うまくコミュニケーションを取って、支えていかなくてはなりません。

テンポの良さやコミュニケーション力を求められる大変さがあるといえるでしょう。

通所介護施設で働くには資格が必要?

通所介護施設は、働くにあたって絶対に必要な資格はありません

自立度の高い利用者が多いので、介護の経験やスキルが低くともきちんと仕事をこなすことができるのです。コミュニケーション力が高く、他者を思いやり観察することができる力があれば、無資格でも積極的に採用される傾向にあるといえるでしょう。

ただし、有資格者の方が正社員として採用されやすいのは事実です。介護職員初任者研修実務者研修といった資格を取得しておくと良いでしょう。

介護職員初任者研修ならば、介護職の基本ともいえる資格なので取得の難易度も高くありませんから、初めて資格を取得するという方にもおすすめできます。介護職員初任者研修についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

また、介護福祉士実務者研修は初心者研修よりも難易度はあがりますが、次なるステップとして資格取得しておくことをおすすめします。介護福祉士実務者研修についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

通所介護施設に転職するのは難しい?

在宅介護サービスの中で、通所介護施設は最大の市場規模を誇ります。新規施設もどんどん増えていて、求人数は一定数存在しています。

ですから、転職の難易度は低いといえるでしょう。求人の中には、無資格や業界未経験者も歓迎としているものも少なくないのです。

ただし、資格を持っていたほうが転職に有利になるのは事実です。多くの通所介護施設は介護職員初任者研修の資格保有者歓迎としていますから、介護職員初任者研修の資格を取るための勉強をしてみるとよいでしょう。

介護職員初任者研修の資格は、もっとも取得しやすい介護の民間資格です。130時間の講義を受けて、試験に合格すれば取得可能。3か月もあれば取れますので、転職前に取っておくと良いでしょう。

どんな転職先・求人があるの?

通所介護施設で働ける介護職員の求人情報をみてみましょう。
(※2020/10現在の情報です。情報は変わる可能性があります。)

デイサービスの介護職員の求人

正社員の求人です。介護資格不問です。
入浴・食事介助、リハビリ補助、レクリエーションなどが主なお仕事です。
月給は155,000円~180,000円。試用期間中は時給855円になります。

デイサービスの介護職員のパート求人

パートの求人です。無資格でも未経験でも働けます。
デイサービスでの介護業務全般が主な仕事内容です。
時給は1,150円~。介護福祉資格がある場合は資格手当分が追加され時給1,200円~になります。

介護職員の最新の求人はこちらからご覧ください。

おわりに:介護業界で最大の市場規模を誇る通所介護施設への転職を目指そう!

通所介護施設は、介護業界初心者の人でも働きやすい職場です。利用者は、介護依存度が低い人ばかりなので、コミュニケーション能力などがあれば、無資格者でも積極的に採用してもらえます。

家族や利用者に感謝されることも多く、介護業界で最大の市場規模を誇るので転職もしやすいです。また、無資格者でも業務を通して、介護スキルを磨くこともできます。

ただし、有資格者のほうが転職しやすいのは事実です。介護職員初任者研修の資格は、3か月ほどで取得できるので、まずは勉強をスタートしてみても良いでしょう。

こんな条件の求人が注目されています

  • 高時給/高月給
  • 未経験OK
  • 完全週休2日
  • 時短/扶養内