訪問リハビリテーションとは、利用者の自宅に訪問して、リハビリサービスを提供する施設のことです。通所リハビリテーションに比べて利用者一人ひとりに寄り添えるメリットがあります。

訪問リハビリテーション施設のポイントをまとめると以下の通りです。

  • 自立した日常生活を送れるようにケアする施設
  • その人らしさを応援できるメリットがある
  • 転職するにはリハビリの専門資格が必要

在宅介護への期待が高まっている昨今、訪問リハビリテーションの施設は注目されていて、需要もかなり増加しているといえるのです。

そのため、求人も多く、転職はかなりしやすいといえるでしょう。ただし、働くには資格が必須なので、資格を取得するまでは大変な仕事でもあります。詳しくポイントを確認していきましょう。

訪問リハビリテーションの施設とは?

訪問リハビリテーションの施設は、利用者の自宅に直接訪して、利用者が社会復帰できるように必要なリハビリを提供する施設のことです。利用者の実際の生活の場をみることで、的確な自立支援ができる特徴があります。

在宅でも生活できている方を支援する施設なので、利用者の介護依存度は比較的低いといえるでしょう。そして、主に以下のような日常生活のリハビリサービスを提供していきます。

  • 食事やトイレといった日常生活の動作を行うリハビリ
  • 自宅や周辺での歩行リハビリ
  • 家事が行えるようにするリハビリ
  • 利用者家族への介助方法などの指導や助言

病状の観察や一緒に生活している家族の方への助言もしてくれるので、不安になりがちな在宅介護の問題をしっかりと解決してくれる施設だといえるでしょう。

ただし、訪問リハビリテーションでは、通所型のリハビリテーション施設と違って、大型のリハビリ道具などを利用できません。そのため、限られた環境で、どのようにリハビリをしていくかといった課題もあり、訪問リハビリテーション施設で働いている人も少ない状態にあります。

しかし、まだまだ未開の分野だからこそ、開拓していく楽しみなども存在しているのです。今でこそ、あまり一般的ではない訪問リハビリテーション施設ですが、今後は訪問介護や訪問看護と同じように一般的になっていくことが予想されます。

訪問リハビリテーションの施設で働くメリット

訪問リハビリテーションの施設は、以下のようなメリットがあります。

チームプレイならではの安心感がある

訪問リハビリテーションは、担当している利用者の自宅へ一人で訪問することになります。

しかしながら、リハビリテーションという分野は、医師や看護師といった他の職種の方々と連携を図りつつ、支援していくチームプレイの医療ケア分野です。

ですから、利用者の自宅で思いがけない事故や容体の急変があったとしても、施設に連絡すれば、医師といった他の専門職のスタッフから指示を仰ぐことができます。さらに、他の事業所や病院などとの連携もしっかりしているので、問題を皆で共有し早期解決することも可能です。

心強いバックアップ体制が整っているというメリットがあるといえるでしょう。

その人らしさを支えられる仕事なので感謝される

訪問リハビリテーションの施設とは、利用者本人の自宅へ訪問し、その人らしい生活ができるようにリハビリしていきます。

病気やケガのケアだけでなく、家事や日常生活の動作といった、その人が本当にやりたいことを支援するので、業務を通して感謝されることが多くあります。

「こちらの施設を利用したおかげで、お料理がまたできるようになりました!」「孫と散歩ができるようになりました」といったようにお礼を言われることが多く、喜びを共有していくことができます。

利用者と上辺だけでなく、しっかりとした関係を結べる楽しさがある施設なのです。

自分がしたい方法でリハビリテーションを行える

訪問リハビリテーション施設は、利用者の自宅で一対一のスタイルでリハビリを行います。施設で行うリハビリの場合は、他のスタッフと足取りを合わせないといけないので、時には自分の信念とは異なる方法のリハビリを行わないとならないこともあります。

しかし、訪問リハビリテーションの施設ならば利用者と一対一で行うことになるので、自分の信念ややり方とピッタリ一致するリハビリテーションをしていくことができるのです。

訪問リハビリテーションの施設で働くことの大変さ

訪問リハビリテーションの施設は、利用者の自宅でのリハビリになります。そのため、病院と比べると医療機器やリハビリ設備が十分ではないので、設備の不足をカバーできる技術やスキルが必要という大変さがあるのです。

また、利用者の自宅を決められた時間内で回っていかないとならないので、テンポよくリハビリを行わなくてはなりません。

車の運転が不慣れならば、駐車などで苦労することもあります。悪天候の日でもきちんと訪問をしなくてはならないので、体力勝負の面もあって大変というデメリットも抱えているのです。

訪問リハビリテーションの施設で働くには資格が必要?

訪問リハビリテーションの施設で働くためには、資格が必須となります。リハビリテーションができる介護の資格を取得していなくては働くことができません。

具体的には、以下の3つの専門職の資格が必要です。

理学療法士

ストレッチや筋肉トレーニング、マッサージなどを組み合わせて、日常生活の基本的な動作ができるようにリハビリテーションを施すための資格です。

PTと呼ばれる国家資理学療法士は国家資格になります。国家資格を保有しているだけで資格手当もつきますから、ぜひ取得しておきたい資格です。理学療法士の資格については、こちらの記事でも紹介しています。

作業療法士

理学療法によるリハビリで機能が回復した部位に対し、具体的な動作ができるようにトレーニングするための資格です。また、精神分野にハンディを持つ方にリハビリテーションを実施する「心のリハビリテーション」も行います。

作業療法士は、OT(Occupational Therapist)とも呼ばれる国家資格です。介護の業界では非常に需要が高い資格になるので、転職にも役立ちます。作業療法士の資格については。こちらの記事でも紹介しています。

言語聴覚士

「聞く」「話す」といったコミュニケーション能力を回復させるための資格です。さらに、嚥下障害がある人が、安心して食事ができるようにサポートも行います。

通称「ST(Speech-Language-Hearing Therapist)」と呼ばれる言語聴覚士の資格は国家資格です。認知度はまだまだ低い資格ですが、さまざまな場面で役立つ資格なので、取得しておくと便利です。言語聴覚士の資格については、こちらの記事で紹介しています。

これらの資格を取得することで、訪問リハビリテーション施設で働けるようになります。

訪問リハビリテーションの施設に転職するのは難しい?

訪問リハビリテーションの施設は、慢性的な人材不足状態にあります。訪問リハビリの需要増加に伴い、施設の新設も相次いでいますから、求人は全国どこでも豊富にあります。ですので、転職しやすい分野であり、転職難易度自体は低めです。

ただし、応募するにはリハビリテーションに関する資格を持っていなくてはなりません。訪問リハビリテーション施設は、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の資格を持っていることを応募の必須条件としていますが、これらの資格はすべて国家資格です。

取得するには、理学療法士と作業療法士の場合で養成校に三年以上、言語聴覚士の場合は養成校に二年以上、それぞれ通わなくてはなりません。その上で、国家試験に合格しなくてはならないのです。

もしも、これらの国家資格をすでに持っていれば転職は簡単にできます。しかし、まったくの無資格から転職しようとすると、求人応募までの道のりは困難がつきまとうといえるでしょう。

おわりに:利用者との絆を深めて、支援をしたい人には訪問リハビリテーション施設はおすすめ

訪問リハビリテーション施設とは、利用者の自宅でリハビリテーションを行い、その人らしい生活ができるように支援する施設のことです。

利用者と一対一で向き合い、深い絆を築いていけるメリットがあります。大変やりがいのある仕事ですが、体力勝負の面もあるという大変さも存在しているのです。

まだまだ開拓余地のある分野ですが、在宅介護が進むにつれて、必要性が増していくといえるでしょう。リハビリテーションを行うための資格を取得するのは大変ですが、求人は豊富にあるので、離職後の復職などもしやすいです。

一生物の仕事に出会いたい方は、資格を取得して、訪問リハビリテーション施設への転職を目指してみてください。

こんな条件の求人が注目されています

  • 高時給/高月給
  • 未経験OK
  • 完全週休2日
  • 時短/扶養内