訪問介護事業所とは、利用者の自宅にヘルパーが行って、必要とされる身体介護やサポートをする事業所です。訪問介護事業所への転職を希望している方もいるのではないでしょうか? この記事では、そのような方に向けて、訪問介護事業所で働くメリットやデメリットを徹底解説していきます!

訪問介護事業所とは?

訪問介護事業所とは、訪問介護サービスを行う施設のことです。訪問介護とは、利用者に介護施設に来てもらうのではなく、ヘルパーや介護職員が利用者の自宅に直接訪問します。

介護を必要としている方が、地域との関わりなどを大切にしつつ、住み慣れた自宅で自分らしい毎日を送れるように心身の援助を行うのが仕事です。

業務内容は、食事や入浴などの体に触れる介助を行う身体介護、洗濯や掃除、買い物といった暮らしのお手伝いをする生活援助、利用者に付き添って病院へ行く通院介助などがあります。

訪問介護は、マンツーマンの関係で行われていて、ヘルパーは、利用者一人ひとりと信頼関係を築きながらサポートを行う必要があるのが特徴です。

訪問介護事業所で働くメリット

訪問介護事業所で、訪問型のヘルパーとして活躍するメリットは以下のようなものが存在しています。

利用者と密な関係が築ける

施設系の介護事業所は、介護の対象者が多いので、一人ひとりのことを意識したケアがしにくいです。どうしても画一的なケアになってしまうといえるでしょう。

しかし、訪問介護はマンツーマンでの対応になるので、利用者一人ひとりの個性ややりたいことを意識しながら、密なケアを行うことが可能です。

利用者一人ひとりにしっかり向き合いたい人に向いているというメリットがあるといえるでしょう。

登録型の働き方など、雇用形態が多様

訪問介護の雇用形態は、正社員やパートのほかに「登録ヘルパー」というものが存在しています。正社員やパートならば、訪問介護事業所に直接雇用されることになります。しかし、登録型ならば、自分の好きな曜日や時間を登録して、その時間のみを働くことが可能です。

登録ヘルパーならば、複数の施設を掛け持つこともでき、空いた時間のみ働けるという自由さがあるので、子育てなどと両立しながら働けるメリットがあるのです!

自分がやりたい介護のみできる

訪問介護事業所の利用者の中には、生活援助のみしてほしい、あるいは、身体介護だけしてほしいという人も存在しています。

ですから、そのような利用者の希望と擦り合わせつつ、生活援助のみを仕事とするヘルパーや、身体介護のみをするヘルパーとして活躍することもできます。

やりたい業務や仕事に特化したヘルパーになれるというメリットもあるのです。

人間関係で悩むことが少ない

施設系のヘルパーになった場合、人間関係で悩むこともあります。女性が多い職場なので、派閥ができてしまったり、影口を言われたりしてしまうことも少なくありません。また、業務中も、同僚や先輩から、自分の介護のやり方について口出しされてしまうこともあるのです。

一方、訪問介護事業所のヘルパーならば、主な仕事場は利用者の自宅になります。そのため、同僚や他のスタッフと一緒の時間を過ごすことも少ない傾向にあるのです。ですから、派閥もできにくく、自分のペースで介護をすることができます。

人間関係で悩みにくいメリットがあるのです。

ホームヘルパー(訪問介護員)の仕事内容ではこちらの記事でも確認できます。
あわせて読んでみてください。

訪問介護事業所で働くことの大変さ


訪問介護事業所は、人間関係で悩まされることが少なく、個別ケアによって利用者にしっかりと向き合うことが可能です。しかし、訪問介護事業所だからこその大変さもあります。

たとえば、訪問介護は一人で行動するので、訪問先で起きたトラブルはすべて自分で処理しなくてはならないという大変さがあるのです。特に、介護の技能に不安がある人は大変です。

先輩のヘルパーから技術を教えてもらえるチャンスが少ないので、初心者でも自分で考えて動かなくてはなりません。一人ですべての責任を負う覚悟が必要になるのです。

また、訪問介護事業所で働くヘルパーは、利用者の自宅まで移動しなくてはなりません。悪天候のときでも移動をしなくてはならないので大変だといえるでしょう。

さらに、個人宅の中には、部屋の掃除が行き届いておらず汚い場合もあるので、潔癖症の方は不快感を持ってしまう場合もあるようです。

訪問介護事業所で働くには資格が必要?

訪問介護事業所で働く場合、一人で介護サービスをする必要があります。訪問介護の業務のうち、食事作りや買物代行といった生活援助に関しては資格がなくても行うことはできますが、それだけをさせてくれる訪問介護事業所は滅多にないので、無資格者は働くのが難しいといえるでしょう。

どんなことがあっても一人で判断をし、介護サービスを行うために、最低でも介護職員初任者研修の資格取得が必要になってくるといえます。こちらの記事で研修について詳しく紹介しています。

訪問介護事業所に転職するのは難しい?

介護業界は慢性的な人手不足状態にあります。そして、なかでも訪問介護事業所の仕事は、特に人手が足りていないとされています。ですので、転職自体は簡単ですが、気を付けておきたいことも存在しているのです。

訪問介護事業所に転職したいならば介護職員初任者研修を取得する!

訪問介護事業所は、施設系の介護事業所と違って、資格が必須です。最低でも、介護職員初任者研修は必要です。

介護職員初任者研修は、介護職の中では一番取りやすい資格といえます。130時間の講習を受けて、筆記試験を受ければ取得することが可能です。

取得には、6万円~15万円程度は必要になりますが、訪問介護事業所への転職を目指している場合は費用が無料になることもあります。無資格者は、まずは、介護職員初任者研修を取得しましょう!

転職自体は簡単だが、自分に合った職場を見つけるのは大変!

訪問介護事業所は、どこも人手が不足しています。ですから、希望すれば転職は簡単にできるでしょう。しかし、人手が不足しているからこそ、問題を抱えている訪問介護事業所も存在しています。問題のある場所に転職すると、すぐに辞める必要がでてきます。

以下のようなことに気を付けて、転職先を見つけるようにしてください。

  • 職員数は十分か?
    職員数が少ないと休みにくく忙しいので注意!
  • 利用者宅への移動時間は給与に反映されるか?
    反映されない事業所だと給与が低くなるので注意!
  • 利用者との相性が悪い場合、担当を外してもらえるか?
    問題のある利用者に当たってしまうと仕事がかなり大変になります。ある程度、利用者を選ばせてもらえるのかを確認しておきましょう
  • 訪問エリアが広すぎないか?
    訪問介護の事業所によってはかなり広範囲の地域の人を利用者にしている場合があります。広範囲の場合移動が大変ですので担当エリアの確認は必須です

焦らずに、自分に合った訪問介護事業所を探すのが大切といえるでしょう。

おわりに:訪問介護事業所は事業所を見極めて転職を目指そう!

資格がなければ働けない傾向にある訪問介護事業所は、どこも深刻な人手不足にあります。ですから、転職はかなり簡単にできる傾向にあるのです。

訪問介護事業所は、利用者一人ひとりに向き合える楽しさも存在しています。一方で、訪問介護事業所は、一人ですべての責任を背負わなくてはならない大変さもあるのです。

また、訪問介護事業所によっては人手不足なので職場環境が劣悪な可能性もあります。しっかりと求人を見比べて、良い訪問介護事業所を見つけるようにしましょう。