言語聴覚士とは、「話す」「聞く」「食べる」といった言語系分野に障がいや悩みを持つ人をサポートするための資格です。まだまだ資格の認知度は低く、言語聴覚士の数は全国的に不足しているのが現状です。

この記事では、気になる言語聴覚士について、介護転職に役立つのか、どうやったら取得できるのかといったことを確認していきましょう。

言語聴覚士とは?

まずは、言語聴覚士の概要について確認していきましょう。

言語聴覚士とは、コミュニケーションのリハビリの専門家

言語聴覚士とは、リハビリの専門職のひとつです。医療や介護の現場では「ST(Speech-Language-Hearing Therapist)」という略称で呼ばれることもあります。1997年に誕生したばかりの資格です。

話す・聞く・書く・読む・食べるといったことにハンディを抱えている人に対して、訓練をし、日常生活や社会生活を円滑に営めるようにサポートしていきます。仕事内容は大きく2つに分かれています。

コミュニケーション面のサポート

病気や障がいの中には、コミュニケーションがうまく取れなくなるようなものが存在しています。たとえば「失語症」では他人が話していることの意味を理解することが難しくなりますし、「構音障がい」では、言葉の発音が正しくできなくなるので、相手に話している内容が伝わりにくくなります。

このような病気の人が、話す・聞く・書く・読むことができるようにリハビリをおこない、サポートします。

食事のサポート

「言語」と「食事」はあまり関わりがないように誤解されがちです。しかし、「話す機能」と「食べる機能」は両方とも「口」に関わることであり、身体の構造的に密接に関わっています。そのため、言語がうまく操れない人は、食べ物が飲み込みにくいといった悩みを抱えている場合が多いのです。

そのため、言語聴覚士は、医師や介護職員の手を借りつつ、患者が食事をしやすくなるように「噛む」「飲み込む」といったことの訓練も行っているのです。

高齢化によって介護の職場で需要が高まる可能性大!

年齢を重ねると、誰もが耳が遠くなったり食事がうまく摂れなくなったりしてしまいます。そのため、高齢者の増加に伴って、介護施設における言語聴覚士のニーズは高まってきているのです。

以前までは、言語聴覚士の活躍の場は医療現場でのリハビリテーションが中心でしたが、現在では介護業界でも必要とされる資格となっています。ですから、取得しておくことで将来的にも安定して介護の現場で働けるといえるのです。

言語聴覚士を取得するメリット

言語聴覚士は、まだまだ認知度の低い資格です。しかし、実はメリットがかなりある資格でもあります。詳しく確認していきましょう。

国家資格なので手に職を持てる

言語聴覚士は、リハビリの専門職で、さらに国家資格でもあります。認知度が低く、資格取得者は少ないので就職先が見つけやすいです。そのため、女性が出産や育児のために一時的に離職しても再就職しやすいのも魅力になってきます。

また、言語聴覚士は非常勤や夜勤なしの働き方もできます。

女性が多く活躍する仕事で、育児休暇が取得しやすかったり、託児所を併設している職場も多い点も魅力といえそうです。

誰かの役に立っていることが実感できるのでやりがいがある

言語聴覚士の仕事は、成果が目に見えやすいです。

受け持った患者さんの訓練に付き合い、症状改善を目指していきます。言語聴覚士の行うリハビリはすぐに成果が出るような性質のものではありません。

しかしながら、患者さんを励ましながらサポートし、患者さんが社会復帰するのを見るのはうれしいものがあります。患者さん本人や家族から感謝される仕事でもあるので、かなりのやりがいを感じることができるといえるでしょう。誰かの役に立ちたいという気持ちが満たされるメリットがあります。

介護保険法の改定により活躍の場が広まった!

言語聴覚士の介護分野での需要は近年高まっています。2005年には、介護保険法の改定によって、これまではできなかった言語聴覚士の訪問リハビリテーションも開始されました。

さらに、歯科分野での訪問診療と組み合わせたサービスも期待されていて、言語聴覚士は、今後もさらなる活躍が期待されています。

活躍の場がかなり広まっているので、資格を取得しておけば、高待遇で働けるというメリットが生じているのです。

言語聴覚士の資格所持者が活躍できる職場

言語聴覚士の資格は、一生涯の国家資格を取得して、誰かの助けになれることを仕事にしたい!と考えている人におすすめです。具体的に活躍できる職場を確認しておきましょう。

言語聴覚士の資格を保有者が活躍できるのはこんな職場

言語聴覚士は、幅広い業種で活躍できます。代表的な職場としては以下があります。

病院

言語聴覚士は、食事やコミュニケーションを行う専門職として、チーム医療の一員として重要な役割を担っています。

介護施設

病気の後遺症や加齢によって、食事やコミュニケーションが困難になった人へのアドバイスやリハビリを行っています。最近は、栄養管理を最重要視する介護施設が増加しているので介護施設での需要は増加傾向にあるようです。

障がい児施設

小児医療センターやリハビリセンターといった障がい児施設で、言葉の発達に遅れのある児童に対して、コミュニケーションの訓練支援などを実施しています。

教育機関

言語聴覚士としてキャリアを積んだ人の中には、言語聴覚士の養成校で講師として活躍している人もいます。

実際に働くにはどうしたらいい?資格を活かした転職のコツ

言語聴覚士の活躍できる分野はかなり広がりつつあります。ですので、資格を活用して転職をしたい場合、求人検索サイトなどで「言語聴覚士」という言葉で検索すればかなりの数の求人がヒットするといえるでしょう。

ただし、求人が多すぎて、どこに応募をしたらいいのか悩んでしまう可能性があります。ですから、事前に自分がどんな人をサポートしたいのかということを明確にしておくのが大切です。

現職で働きながら新しい職場を探したり、自分の希望をまとめたりというのは思っているよりも苦労するもの。
今まさに求人探しをしているという方、これから探すつもりだという方は、介護職転職のプロに頼ってみるのもおすすめですよ。

転職のプロの視点からさまざまなサポートやアドバイス、ぴったりの求人提案が受けられるので使わない手はないです。
こちらの記事では現役介護士が実際に使ってみてよかった転職サポートをまとめていますので、ぜひ御活用ください。

自分がしたいことをハッキリさせておくことで価値ある転職ができますし、転職時の面接でもきちんと志望動機などを述べられるようになるでしょう。

言語聴覚士の資格取得条件と難易度について

言語聴覚士になるには、試験に合格しなくてはなりません。難易度などを確認しておきましょう。

受験資格取得条件

言語聴覚士の国家試験には受験資格が存在します。文部科学大臣が指定する学校(3~4年制の大学・短大)または言語聴覚士養成所(3~4年制の専修学校)を卒業していなくてはなりません。さらに、一般的な4年制大学を卒業しているのならば、夜間過程のある2年制養成校を修了することで受験資格を得ることもできます。

しかしながら、資格取得のための受験資格を得るだけでも最低2年はかかってしまいます。

案外難しい?!取得の難易度

言語聴覚士の国家試験は、毎年2月中旬の土曜日に実施されます。マークシート式筆記試験で、午前中100問、午後100問の計200問が出題され、120点以上を獲得した者が合格になります。

合格率は60~70%程度ですので、難易度はどちらかというと低いです。受験資格を得るためには養成校などに通う必要がありますが、養成校では受験対策もしっかりとしてくれるので、その授業をしっかりと受けておけば、高確率で合格できます。

おわりに:人の役に立ちたくてコミュニケーションが好きなら言語聴覚士の資格取得を目指そう!

話すことや食べることを支援するエキスパートである言語聴覚士。これからの超高齢社会においては、介護業界での需要がかなり高まることが期待できます。

言語聴覚士の仕事は、誰かの役に立てるものであり、やりがいを感じることができるものです。さらに、国家資格なので手に職をつけることもできます。

誰かの役に立ちたい人やコミュニケーションをとりたい人にはお勧めできる資格なので、ぜひ取得を検討してみてくださいね。