介護は医療ケアも必要になってくる仕事ですが、介護職員は医療行為を行うことができません。しかし、最近の超高齢化社会の進行を背景にして、高齢者が必要とすることの多い医療ケアである「たん吸引」や「経管栄養」に限っては、「所定の研修を修了して認定を受ければ介護職員でも行える」というふうに変わってきました。

この法律で定められた研修を、「喀痰吸引等研修」といいます。この記事では、「喀痰吸引等研修」を受けて、「たん吸引」や「経管栄養」を行える資格を得ることにはどのようなメリットがあるのかを確認していきます。

喀痰吸引等研修とは?

喀痰吸引等研修についてまずは概要を確認しておきましょう。

介護職員が医療ケア資格を得るための研修

喀痰吸引等研修とは、「たんの吸引」や「経管栄養」といった医療行為を、介護職員が実施する資格を得るための研修です。研修で学べる内容は、以下の5つの行為です。

  1. 口腔内のたんの吸引
  2. 鼻腔内のたんの吸引
  3. 気管カニューレ内部のたんの吸引
  4. 胃ろう又は腸ろうの経管栄養
  5. 経鼻経管の経管栄養

そして、研修には第1号研修から第3号研修まで3つの研修が存在していて、誰にどの医療行為を行えるかが変わってきます。3つの研修のポイントをまとめると以下の通りです。

種類 対象者 内容
第1号研修 不特定多数の利用者 5つの医療行為のすべてを行うことができるようになる
第2号研修 対象となる5つの医療行為のうち、最大4つまで選択して医療行為を行えるようになる
第3号研修 特定の利用者 5つの医療行為のうち特定の人に対する必要な行為のみ行えるようになる

施設内のすべての利用者に5つの医療行為全部をやってあげたいならば、1号研修を受けなくてはなりません。自分がどの程度の技能を身に着けたいのかを確認しておき、適切な研修を選びましょう。

医療行為のできる職員は介護の転職に有利!

喀痰吸引等研修を受講し、医療行為ができる資格を得れば、かなり転職で有利になります。

喀痰吸引は、医療行為ですから誰もが気軽に行える行為ではありません。しかしながら、介護施設にも自分で食事をするのが難しい人やたんや唾液を吐きだせない人は多くいるのが現状です。

喀痰吸引等研修を受講し、これらのスキルを身につければ、多くの高齢者の助けになることができるといえるでしょう。そんな介護職員は多くの現場から求められる存在になるはずです。介護の転職もかなり有利になってくるといえるのです。

喀痰吸引等研修を取得するメリット

喀痰吸引等研修を取得すれば、介護の転職に有利になります。それ以外にも以下のようなメリットがあるのです!

今の職場での待遇が良くなる!

喀痰吸引等研修を取得すればできることが増えるので、介護の転職に有利になります。さらに、今現在の職場が資格手当などをつけているならば、転職しなくても、収入がこれまでよりも多くなる可能性があるのです。

できることが増えたことで、昇進などもできる可能性があり、待遇がかなりよくなることもあるといえるでしょう。

とはいえ、自分だけで待遇がよくなる施設を探すのも大変ですから、転職サポートに相談しておけば取得後すぐに希望の施設で働ける可能性が高くなります。
こちらの記事では、おすすめの転職サポートをまとめていますのでぜひお役立てください。

仕事にやりがいや自信を持つことができるようになる!

喀痰吸引等研修で取得できる医療行為は、いずれも命を助けられる行為です。たとえば、たんの吸引の場合、高齢になると今までは自然にできていた防御反応が起こりにくくなります。そのため、本人が気づかないうちに、たんが気道内に詰まって、呼吸ができずに死亡してしまうこともあるのです。

しかし、介護職員がたんを吸引してあげれば、そのような死亡事故を防ぐことができます。また、呼吸自体が楽になるのです。

そのため、たんを吸引してあげると利用者や家族からお礼を言われることも増えるでしょう。「命を支えている」という実感をもつことができ、仕事にやりがいや自信を持つことができます!

活躍の場が広がる

喀痰吸引研修を受講してスキルを身に着ければ、介護職員としての活躍の場が広がります。たとえば、訪問介護施設は喀痰吸引や経管栄養を行える職員を多く求めています。

ですから、これまでは通常の介護施設でしか働けなかったのに、スキルを取ったことで訪問介護の現場で活躍できるようになったりもするのです。介護職員としてより必要とされる人材に成長することができるメリットがあるといえるでしょう。

喀痰吸引等研修の資格所持者が活躍できる職場

喀痰吸引等研修の資格は、介護職員としてできることを増やしたい人や誰かの命の支えになりたい人におすすめです。具体的な活躍の場を確認しておきましょう!

介護職員の仕事内容についてもあらためて確認しておきましょう。
こちらの記事で詳しく解説しています。

活躍できるのはこんな職場

喀痰吸引等研修の資格を取れば、以下のような職場で活躍できます。

  • 介護関係施設
    老人ホームやグループホーム、短期入所施設など
  • 障害者支援施設等
    生活介護、特別支援学校など
  • 在宅サービス施設
    訪問介護施設など

医師や看護師との連携を図りながら活躍することができるといえるでしょう。

実際に働くにはどうしたらいい?資格を活かした転職のコツ

喀痰吸引等研修の資格を取得すれば、さまざまな職場で活躍できることを確認しました。しかし、転職の際に気を付けておきたいのが登録喀痰吸引等事業者でなくては介護職員が医療ケアができないということです。

資格を活用したいならば、まずは転職予定の職場が登録喀痰吸引等事業者かを確認しましょう。

また、求人の探し方としては「喀痰吸引資格優遇」といったワードで求人検索すれば、資格を活かせる職場を多く見つけられます。

喀痰吸引等研修の資格取得条件と難易度について

喀痰吸引等研修の資格取得のためには、〈講義による基本研修〉→〈筆記試験〉→〈演習を中心とした基本研修〉→〈実地研修〉→〈修了〉といった過程を経なくてはなりません。研修の号によって条件が少し異なってきます。詳しく確認していきましょう。

第1・2号研修の取得条件

第1・2号研修では、まず50時間の講義による基本研修を受けなくてはなりません。その後、筆記試験に合格したら、シミュレーターによる実地研修を中心とした基本研修を受けます。

この演習は、一人で喀痰吸引の医療行為ができると判断されるまで、繰り返し行われます。そして、最後に実地研修を行って研修修了となります。なお、研修終了までには3か月程度の期間が必要な場合が多いようです。

第3号研修の取得条件

第3号研修は、基本的には1・2号と取得条件が変わりません。しかしながら、講義を受ける時間数などが異なります。
第3号研修では、まず8時間の講義による基本研修を受けます。その後、筆記試験を受け、合格したら、シミュレーターによる実地研修を1時間ほど行うことになります。

基本研修が終わったら、実地研修で特定の人に必要な行為を学び、研修は修了になります。

案外難しい?!取得の難易度

喀痰吸引等研修は取得が難しい資格ではありません。受講を申請したら、試験が不合格だったとしても、合格するまで再チャレンジすることが可能です。加えて、試験に出る内容などもすべて講義内で習うことですので、しっかりと予習復習をしておけば、基本的には合格することができるといえるでしょう。

おわりに:転職に有利になる喀痰吸引等研修の受講をぜひ検討しよう!

喀痰吸引等研修を受ければ、医師や看護師がいなくても「たん吸引」といった医療ケアを行えます。このことは、介護職員になる上で大きな強みになるといえるでしょう。

近年、「たんの吸引」や「経管栄養」を必要とする高齢者は増加傾向にあり、介護施設でもこれらの医療ケアができる職員を求める動きが出てきています。

今後、さらに需要が高くなる可能性もありますし、命を支える医療ケアができることは自分の自信にもつながるはずです。ぜひ、研修の受講を検討してみてください。